SUV

レーストラック流の味付けで90年代モデルの魅力をブラッシュアップ

1998 CHEVROLET TAHOE、1999 CHEVROLET TAHOE

AMERICAN TRUCK CUSTOM LABO
アメリカントラック・カスタム研究室

20年以上経過したモデルも
アンチエイジング効果で見違えらせることに成功

1998&1999 CHEVROLET TAHOE 2&4

「いつまでも健康で若々しくいたい」「見た目も内面もいつまでも美しく健やかでいたい」と思い、人はアンチエイジングを行なう。それと同様の処置を施すことでクルマもまた輝きを取り戻す。その好例がこの2台のタホだ。

1998 CHEVROLET TAHOE、1999 CHEVROLET TAHOE

レーストラック流の味付けで90年代モデルの魅力をブラッシュアップ

「90年代のアメ車はやっぱりオモシロイね」と語るレーストラックの高橋さん。ハイエンドモデルやハイパフォーマンスチューンドカーを数多く手掛けながらも、そう言わしめる90年代のアメ車の魅力は一体どこにあるのか…。

カスタムにしろメンテナンスにしろ、パーツはまだまだ十分にあるからイジり甲斐があって整備もしやすい。さらに古すぎず新しすぎないため維持が楽。そして何より「アメ車らしさ」を堪能するには最適。これが支持する理由。

今回撮影した2ドアの98年型と4ドアの99年型タホ。今でこそ見違えるように綺麗なフォルムだが、手を掛ける前は結構なヤレ具合で、2ドアはそれこそ解体屋行きでもおかしくないレベルだった。そんな両車をレーストラックがリフレッシュして甦えらせているのだが、高橋さん曰く「これはアンチエイジング」と。「いつまでも健康で若々しくいたい」「 見た目も内面もいつまでも美しく健やかでいたい」という思いでアンチエイジングする人は多い。クルマもこれと同様と考え、まずはボディペイントのヤレを修復するところから始めて、レンズのくすみを除去し、インテリアのフロアを張り替え、シートは張り替えもしくは交換するなどしてヤレ具合を一掃。もちろん機関系も交換するべきところは交換してリフレッシュされていることは言うに及ばず。

ベースをしっかりと整えたところでさらなる味付けがなされているところがポイントで、4ドアモデルのフードには巨大なエアスクープがビス留めされているだけでなく、吸排気はラムエアにロングチューブヘダース+ワンオフマフラーへと換装され、さらにGMパフォーマンスのLT4ホットカムが組み込まれて、SUVとは思えないホットなサウンドを響かせる。さらにシフトはB&Mのフロアシフターへとコンバーとして、レーシングマシンさながらの機械的な操作で走る楽しさを盛り上げる仕掛けを施す。「アメ車で商売しているからには、その楽しさや面白さを色々な側面から伝えていかなきゃダメ、この2台も実にウチらしいでしょ」と笑って話す高橋さん。まさに〝らしさ〟が溢れている。

1998 CHEVROLET TAHOE、1999 CHEVROLET TAHOE

1999 CHEVROLET TAHOE

1999 CHEVROLET TAHOE

 

K&Nのラムエアにロングチューブヘダース+ワンオフマフラーという組み合わせの吸排気チューンは必須メニューとなっているが、そこにGMパフォーマンスのLT4ホットカムを組み込むというならではのブレンドも。

 

70年代テイストをモチーフに、フードには巨大なエアスクープを装着。しっかりとビス留めしているところもらしさを高めている。ホイールはKMC XDシリーズのロックスターを装着。そして制動力の強化を図るため、2ピストンタイプのSSBCハイパフォーマンスブレーキシステムをインストール。

フードには巨大なエアスクープを装着

ホイールはKMC XDシリーズのロックスターを装着。、2ピストンタイプのSSBCハイパフォーマンスブレーキシステムをインストール

 

ビレットスペシャリティーズのステアリングや、オートメーターのタコメーター&ボルトメーターを装着してレーシーなテイストとなっているが、一番はB&Mのフロアシフター。マッスルカーを彷彿とさせる。

ビレットスペシャリティーズのステアリング

オートメーターのタコメーター&ボルトメーターを装着

B&Mのフロアシフター

1998 CHEVROLET TAHOE

1998 CHEVROLET TAHOE

 

まずはしっかりと走れるようにすることが肝心ということで、まずは点火系や燃料系などの消耗パーツがすべて交換されている。プラスαのチューニングは施していないが、レスポンス良く軽快な走りを見せる。

 

フロントフェイスにはファントムグリルを装着して当時流行ったスタイルを再現しつつも、ホイールには20インチのXTREME-J XJ04を装着して現代的なスタイルを取り入れて、新旧をブレンドしてみせた。

フロントフェイスにはファントムグリルを装着

ホイールには20インチのXTREME-J XJ04を装着

 

ヤレていたインテリアはフロアを引き直してシートを交換し、ステアリングも巻きなおしてリフレッシュ。ビレットパネルやシフトノブをあしらったのはエクステリア同様、当時流行ったスタイルの再現。

■1997 CHEVROLET TAHOE OWNER:木村正人

Presented by JAPAN RACETRUCK TRENDS
TEL / 03-5661-3836
URL / www.racetruck-trends.co.jp

■Photo&Text:編集部

アメ車マガジン 2019年 1月号掲載


関連記事

  1. 名車68マスタングと69カマロ 名車68マスタングと69カマロのレストア&カスタムプロジェクト開…
  2. 2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS 初代をオマージュした、ボディカラーがイカす!2019 CHEVR…
  3. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  4. 0S7A9376 実は絶滅危惧種のサードIROC-Z【1990 Chevy Cam…
  5. _N6I4045 アメ車が繋いだ深い親子の絆、親子と言うよりむしろ共通の趣味人
  6. 150507_0101_ コルベット・スティングレイがさらにパフォーマンスをアップさせたの…
  7. 2019y ダッジ デュランゴ R/T AWD、2019y DODGE DURANGO R/T AWD SRTと同じフェイスを持つデュランゴR/Tは狙い目だ!
  8. 1988y FORD BRONCO XLT 新型ブロンコの登場によって歴代モデルの人気が高まりそうな予感!?…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×