シボレー

ピットインアクツは、オーナーの要望に答えてワンオフパーツを次々と製作する!

1996y CHEVROLET ASTRO、1996y シボレーアストロ

1996y CHEVROLET ASTRO、1996y シボレーアストロ1996y CHEVROLET ASTRO
OWNER/プーさんに似てるよさん

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

無いパーツは自分が作り上げる、これぞ職人のワンオフパーツ!

どんなオーダーでも無理とは言わない職人魂!

カスタムをしたいが装着できるパーツがない。そんな理由でカスタムを諦めるオーナーも多いのでは? そんなときはズバリ、ワンオフ! 鈑金塗装のプロであるピットインアクツは、オーナーの要望に答えてワンオフパーツを次々と製作する!

鈑金技術を駆使してワンオフパーツ製作

ピットインアクツのお店を訪れると、いつも何かしらのパーツ製作や加工が行なわれている。「別車種のパーツを装着したい」「こんなパーツを作って欲しい」など、無理難題と思えるオーナーの要望に「無理」とは答えず、まずはトライしているのだ。創業24年の経験と最新の材料も駆使し、何より「作ること」に喜びを覚える職人魂でもある。

新たに作り上げたワンオフ製作のアストロは、フロントダウンサス、リアヘルパースプリングでリフトしたホットロッド仕様。注目はフロント9J、リア10Jのホイール装着を可能にしたワイドフェンダー。フロントはフェンダー叩き出し加工で広げ、リアは鉄板の骨組みと最新のパテの組み合わせで6cmワイドさせ、それに合わせスライドドアヒンジも延長させるなど、まさに鈑金職人ならではのワンオフフェンダーなのだ。

他にもワンオフ加工は満載で、ボンネットダクト、CK用フロントバンパー&ファイヤーグリル、リアホースメント加工、サイド出しマフラー(コルベット用カバー付)、バイク用ブレーキランプなどなど、既存のアストロ用パーツはほぼ使用せずに、別車種パーツ加工やワンオフパーツによって仕上げられている。

リアを大きくリフトしているように見えるが、リアはヘルパースプリングとタイヤのみで上がっており、フロントがダウンサスで3インチダウンしていることが、このスタイルを生み出している。サイド出しマフラーはダミーではなく、コルベット用マフラーカバーも備わる。

 

ボンネットダクト加工、CK用ファイヤーグリル、CK用ポジーバンパー、CK用リップスポイラー、フェンダーダクト加工、フューエルドア丸型加工、リアバンパーノーマルホースメント加工、ナンバーポケットスムージング、バイク用ブレーキランプなどワンオフ加工された部分が目白押しだ。

 

リアフェンダーが純正より6cm拡張されたため、純正のスライドドアヒンジのままでは干渉してしまうのでヒンジも延長加工。細かい部分にもしっかり仕事を行なうのも職人の技。

 

ホイールはセンターライン。ワイドフェンダーにより、フロント15×9J、リア15×10Jという肉厚なサイズの装着を可能にした。

ここに注目!! ”HOT” CUSTOM
完全ハンドメイドで製作したオリジナルオーバーフェンダー

フロントフェンダーは叩き出し加工で広げ、リアは純正フェンダー外側を切り取り、鉄板の骨組みと超硬化する最新のパテを使い拡張し、最後に切り取った純正フェンダーを組み付けて6㎝ワイドとなる。ハンドメイドだけに一番の問題は左右対称に作ることだが、それも職人ならではの技術と計算により、妥協せずに対称に作り上げているのもこだわりだ。

カスタムしたいがパーツがないとお悩みなら、ピットインアクツの職人が、オンリーワンのパーツを作ってくれるかもしれない。

■Produce:PIT IN AKUTSU
■TEL:048-421-1787
■URL:http://www.pitin-akutsu.com/

■Photo&Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. 1995 CHEVROLET CHEVY VAN G20 サーフィンの足として愛用しているシェビーバンに愛着が湧いてフルレ…
  2. 2009 CHEVROLET TAHOE オトコ勝りなカスタムでメイクされたタホが相棒
  3. 1998 Chevrolet Tahoe 昔からの夢だったリフトアップの2ドアタホは起業のご褒美!
  4. _N6I9096 ファッションのような気分でクルマをチョイス クライスラー300C…
  5. 2019 CHEVROLET BLAZER RS、2019 シボレーブレイザーRS カマロ譲りのディテールで、スポーティ感が際立つブレイザー
  6. 名称未設定 1 のコピー 愛知まで見に行って、その場で決めた極上車 / エンジンブローで乗…
  7. コルベットC4、CORVETTE C4 コルベットヒストリー④【1984~1996 コルベットC4】
  8. 1978 ダッジ D100 ユーティーライン ラムの先祖であるDシリーズ、70’sなカラースキムも…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×