クーペ

チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ

2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8

2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT82011y DODGE CHALLENGER SRT8

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

パーツ選択にこだわり抜いて走りも楽しくなる王道スタイル

幅広いラインナップを誇るKRZエアサスはオススメ!

H2を所有していた立花さんが走りに不満を感じるようになり、一念発起してチャレンジャーSRT8を購入。走りと見た目にもこだわるべく、埼玉のオールインポートにカスタムを依頼。オーナー目線のこだわりのパーツを扱う同ショップの導き出した答えがコレだ!

138

OWNER/立花甲太さん(写真中)&オールインポート・メカニック

エアサスでもガンガン走れる仕様へ

H2でカスタムを楽しみ長年所有していた立花さんだが「H2なので走りよりも見た目や音に特化したカスタムで、正直普段乗りでは騒がしい仕様でした」と、走りに関してはストレスを感じていた。そこで思い切ってH2を手放し、走りにストレスを感じないチャレンジャーSRT8を購入。だが、ノーマルで乗るのは物足りない。そこで訪れたのが、埼玉のオールインポートだ。

「要望は『エアサスを入れてもガンガン走れる仕様にしたい』とのことでした。どちらも両立させるためには、信頼ある品質の高いパーツを使う必要があると伝えました」と、オールインポートの藤岡氏は言う。とくにこだわったのがエアサスキットだ。高馬力を持つSRTだけに、車高を落とす性能だけではなく、走りに対応する耐久性は重要で、細かいパーツのメンテナンス性にも優れたKRZデジタルエアサスキットが選ばれた。ホイールはワーク・グノーシスGR203・20インチ、タイヤもニットー・NT555 G2と走行性能重視でチョイス。K&Nエアインテーク・ブラックホーク、マフラーはボーラ・アタックで吸排気チューン。APRパフォーマンス・カーボンスプリッター、オリジナルデカールで走りの意欲を掻き立てている。

走ることが本当に楽しくなったと言う立花さんの言葉が、その仕上がりの満足度に表れている。

2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8

オールインポートが国内代理店として扱うAPRパフォーマンスのカーボンスプリッターを装着し、オリジナルレッドデカールをセット。

ワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニ ッシュ)

ワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニ ッシュ)

走りにこだわりつつ、車高を落とした際のホイールのオフセットもこだわり、ミリ単位でのセッティング。ホイールはワーク・グノーシスGR203(リムバフフィニッシュ)F/20×10J・R/20×11J。NRGアルミの鍛造ナット。タイヤはNITTO・NT555G2 F/245/40R20・R/275/35R20。タイヤの引っ張りもこだわりだ。

新作のK&Nエアインテーク・ブラックホーク、ボーラ・アタックマフラーで吸排気チューン。ちょっとだけ爆音仕様は、H2の名残りを忘れられない立花さんの要望だったとか。スプリントブースターも装着し、アクセルレスポンスを向上させている。

ここに注目!! ”HOT ” CUSTOM
高品質でアフタフォロー抜群、KRZデジタルエアサスキット

KRZデジタルエアサスキット

低価格モデルからハイエンドモデルまで幅広いラインナップを誇り、ユーザーの予算や使用目的で選ぶことができるKRZデジタルエアサスキット。エアバッグの耐久性も高く、細かい部品を交換するためのパーツ供給が速いのも、メンテナンスでは大きなメリット。品質の高さとアフタフォローの良さで、オールインポートがオススメするエアサスキットだ。

カスタム専門ショップと思われがちなオールインポートだが、高品質な様々な車両を、乗り出し価格を明記して販売しているので、車両購入でも頼りになる存在だ。

■Produce:ALLIMPORT
■TEL:048-959-9419
■URL:https://www.allimport.jp/

■Photo:FUMIO KOGA
■Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. DSC_4977 アメ車大好き家族が協力して仕上げた力作のマスタング【RUSTY …
  2. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  3. ダッジチャージャー チャージャーを選択した時点で、出会うべくして出会った二人
  4. DSC_9594 丸目四灯モデルとして生産された最終型の1962年式ボンネビル。
  5. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  6. ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデ…
  7. 3M7A0367-1 空前のヒット作であるマスタング、最終型の1966年型は熟成の極み…
  8. クライスラー300LTD、ダッジチャージャーSXT、カーズスパーク カーズスパークはアメ車の品ぞろえが豊富なカーショップ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×