クーペ

C7を、サーキット走行をターゲットにした仕様にHPPがチューニング

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

2017y CHEVROLET CORVETTE

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

車両本来のバランスを崩さず、能力を引き上げるチューニング

走りが楽しいと思えるチューニングを施す!

アメリカンスポーツの伝統モデルであるコルベット。その現行モデルC7をチューニングするとなれば、それ相応の技術と経験が必要となる。むやみに手を加えればデチューンしかねない繊細なC7を、サーキット走行をターゲットにした仕様にHPPがチューニングを施した。

チューナーも興奮するC7のチューニング

チャレンジャーやエコブーストマスタングなどのチューニングで、こだわりのモデルを数々と製作してきた埼玉のHPPが、アメリカンスポーツの王道であるコルベットC7のチューニングを行なった。

車重が1.5トンと軽量で6.2ℓV8のエンジンを持つC7に対し、HPP代表の長池氏が出した答えが「素の状態でも能力が高いので、バランスを考慮したチューニングにすること」だ。車両はあくまでもサーキット走行を見据えており、GTウイング、フロントカナードを装着。ブラックのストライプも、走りのモデルを誇示するためには必需品の部分。

ポイントであるチューニングメニューは、AFEインテークキット、KATECH 103mmスロットル、MSDインテークマニホールド&プラグワイヤー、ブリスクレーシングプラグ、ディアブロスポーツi3プラチナム+現車セッティングが行なわれている。

足回りも合わせて強化するのがチューニングの基本となるが、テスト走行した結果、現状はAFEスウェーバー追加のみでバランスを取った。今後テスト走行を重ね、ホイールの交換、オリジナルサスペンションの追加も検討しているようだ。

車両の状態をじっくり見て、手を加える部分を吟味する。それこそが、本当のチューナーの腕の見せ所なのだ。

2017y CHEVROLET CORVETTE、C7、2017y シボレーコルベット

ショップデモカーがチャレンジャーで、エコブーストマスタングのチューニングが大きく紹介されたことで、HPPのイメージでGM系は薄かったのだが、このC7によってショップにGMブームがやってくるかも? 代表の長池氏は「改めてC7の凄さに惚れました。つくづく車重の軽さは走りに重要だと思いましたね」と語る。

 

今回のC7とは関係無いのだが 、HPPデモカーであるチャレンジャーに、HPPオリジナルワイドフェンダーが登場。純正ホイールアーチのラインを崩さずワイド化し、走行性能を犠牲にしないた仕様となっている。まさにチューニングショップが作り上げたワイドフェンダーだ。

エンジン系はAFEインテークキット、KATECH 103mmスロットル、MSD インテークマニホールド&プラグワイヤー、ブリスク レーシングプ ラグ、ディアブ ロスポーツi3プラチナム+現車セッティングによりチュー ニングが施されている。

ホイールは現在は純正のまま。今後テスト走行を重ねてホイール変更も検討していく。

 

純正ブランドから発売されているフロントカナードを装着。リップなどもキットパーツだ。

 

国産メーカーのサード・GTウイングを追加。サーキット走行仕様ならではのパーツである。

ここに注目!! ”HOT” CUSTOM
むやみなチューニングはせず、バランスをしっかり考える

様々なチューニングパーツを加えていくことで必ず性能が向上するワケではなく、正しいセッティングとパーツの組み合わせが重要となる。今回のC7の場合、足回りのチューニングはAFEスウェイバー (写真オレンジの部分)の追加のみでとどめた。現状の車両の走行性能のバランスを見た上での結論だ。テスト走行を重ねていけば今後変更していく可能性もあるが、むやみにチューニングしないということも、HPPのこだわりでもある。

■Produce:HPP
■TEL:048-577-7341
■URL:https://www.hpp-jpn.com/

■Photo:FUMIO KOGA
■Text:KAZUTAKE SOMA

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. 1967年 フォード・マスタング エノレア 映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア…
  2. 2013y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2010y Ford Mustang 4.6GT ELEANOR Ver、2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver 恐らく日本で一番多くのエレノアマスタングが並ぶのは広島のカーボッ…
  3. 3M7A0541-1 マスタングのファストバック。クーペにはないセクシーなリアスタイル…
  4. DSC_4365 驚異のポテンシャルを秘めた ハースト・チャレンジャー【キャンディ…
  5. 2015y Ford Mustang 50years EDITION、2015年フォードマスタング50周年記念モデル 仕上げられた2台のマスタングは、ライオンハート流カスタム
  6. ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデ…
  7. 2018 Chevrolet Silverado 1500 High Country、2018 シボレーシルバラード 1500 ハイカントリー 女子ウケもバツグンのシルバラードにズームアップ!!
  8. DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー ワイルドスピード8に登場した、あのマシンが遂に日本に上陸!アイス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×