SUV

グランドチェロキートラックホークのEDGE CUSTOMSが始動!

JEEP GRAND CHEROKEE TRACK HAWK、ジープグランドチェロキートラックホーク

JEEP GRAND CHEROKEE TRACK HAWK、ジープグランドチェロキートラックホーク

JEEP GRAND CHEROKEE TRACK HAWK

EXCITING CUSTOM
“ 個性”と“ こだわり”がCUSTOM をENJOY させる

ヘルキャットと同じ血を分かつ最速の鷹をモディファイする

チャレンジャーのカスタムで、その名は世界中に轟くラグジ。チャレンジャーのみならず、マッスルカーのオリジナルパーツブランド「EDGE CUSTOMS」を展開するが、新たにグランドチェロキーが加わった。

世界最速のJEEPをラグジ流にアレンジ!

今回ラグジがターゲットとしたのは、グランドチェロキー・トラックホーク。近年のSUVブームを受けてラグジも路線変更か…と考えるのは、やや早計。オフロードのイメージが強いグランドチェロキーだが、このトラックホークはヘルキャットと同じ、スーパーチャージドのV8 6.2ℓを搭載。2.5トンを超える巨体にも関わらず、0→100km加速は3.5秒。紛れもなくヘルキャットの兄弟と言えよう。そんなハイパフォーマンスSUVの魅力をさらに引き出すフロントスポイラーが、まもなく発売開始となる。

素材にはFRPを採用し、表面はブラックゲルコート仕上げ。トラックホークは専用のフロントバンパーを採用しており、しかもSRT8よりも片側で20mmワイドとなる。専用設計されたノーマルバンパーのデザインを損なわず、それでいてダウンフォースの空力性能も考慮。後付け感のない自然な形状は、マッスルカーのスプリッターと比べると大人しく見えるかも知れないが、言い換えればジェントルな佇まいとも言える。もちろん、SRT8専用のフロントスポイラーも鋭意開発中なので、オーナー諸君はご安心を。

このトラックホークは、更なるモディファイが施され、19年の東京オートサロンでTOYOタイヤブースに展示される予定。是非、自分の目でそのクオリティの高さを確認して欲しい!

ノーマルバンパーの末広がりなダクトデザインを崩さずに、そこに追加するラグジのフロントスポイラー。いわゆるリップタイプのスポイラーに属するが、複雑な形状を実現。スポーティさを強調するのはもちろん、エアロパーツの本質と言うべき整流効果も追求する。敢えて前方に突き出さない事で運転のしやすさも重視。

 

フロントグリルやバンパーコーナー部は、オリジナルではマットブラックの仕上げ。少々色気に欠けると判断し、ラグジではブラッククローム仕上げにアレンジ。わずかな違いだが、これだけで印象がガラリと変わる。

2017年のニューヨークモーターショーでデビューした、グランドチェロキー・トラックホーク。チャレンジャー・ヘルキャットと同じパワーユニットを搭載し、その出力はSRT8を遥かに凌ぐ707hpを発揮。日本にも20台限定で導入されたが、もちろん即完売! 北米でも非常に高い人気を誇るが、ラグジではカスタマイズだけでなく、車両本体の販売も展開中。高い運動性能を実現しつつ、道を選ばないマルチパーパス性は、その存在自体が個性と言えよう。SRTの倍近いプライスだが、自在に駆け抜ける鷹の走りは全くの別次元だ。

■Produce:LUXZ
■TEL:058-259-3922
■URL:https://luxz.jp/

■Photo&Text:TAKEO ASAI

アメ車マガジン 2019年 2月号掲載


関連記事

  1. アメマガガール、JEEP COMPASS LIMITED ジープコンパスは、フォーマルからカジュアルまで、どんなシーンにも…
  2. 青の三連星、1973y ダッジチャレンジャー、2015ダッジチャレンジャーSRT392 2015y ジープグランドチェロキー 青い三連星ともいえる愛車の新旧チャレンジャーとグランドチェロキー…
  3. ジープラングラー、JKラングラー どんな場面にも映えるスタイリッシュなラングラー!
  4. フォード E-150 OUTDOOR PKG 「こう使いたい」に全力で応えるハンズカーズ・スタイル /フォード…
  5. ジープレネゲードトレイルホーク、JEEP RENEGADE TRAILHAWK アメマガガール:MIZUKI コンパスと迷ったけれど決め手はフロントマスク ジープレネゲード …
  6. _N6I9620 四角いカタチをしたいわゆる四駆が好き ジープラングラーアンリミテ…
  7. DSC_2721 オフロードシーンに重点を置く、ワイルド&タフなカスタム…
  8. _N6I1770 アメ車で アソぼう!アメ車と行くアウトドアフィールド

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×