イベントレポート

2018のSEMAはJLラングラー一色、JLに対する期待度の高さを実感した


LATEST JEEP JL WRANGLER CUSTOMS in SEMA SHOW 2018

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA OCT 30 – NOV 2,2018

最新「JL」ラングラーカスタム

全米はもとより、世界各地から最新のカスタムトレンドが集結するSEMAショー。日本で良く見られる様なカスタムカーのイベントではなく、各社とも最新アイテムをアピールし、取引を始めてもらうための、本気のビジネスショーだ。SEMAを見れば今後のスタイルが見えるとよく言われるが、2018年の主役となったのは、2017年の12月にデビューしたJLラングラー。実はレポーターはLAオートショーを取材しており、現地でJL見た瞬間「2018年のSEMAはJL一色になる!」と直感。結果はまさにその通りで、160台以上のJEEPが展示された。国内仕様も登場し、JK以上の盛り上がりを予想される、JLラングラーの最新カスタムを一気に紹介しよう!

MOPAR Booth

JLラングラーがベースのカスタムカーを早くも展示

フィアットクライスラーが自ら展開するチューニングブランド「MOPAR」。国産メーカーで言うところのTRDやNISMOだが、JLの様々なカスタマイズパーツに加え、個性的な3種類のJLラングラーを展示。JLの可能性の高さをアピールしていた。

バハマシンに着想を得て創り上げたバギースタイル

_N6I0459

サンドストームと名付けられたこのJL。一見するとショートのように見えるが、実はアンリミテッドの後席ドアを埋めたもの。ノーマルよりも25mm拡張したワイドフェンダーというが、フラットフェンダーに近い形状で取り付け位置もUPする。エンジンは392のHEMIに載せ換え、ショックはKINGのバイパスタイプを採用。敢えてタイヤはATとなる。

ルーフをカットしてまでも往年の名車にその姿を似せる

_N6I0514

1966年型のジープスターをオマージュしたコンセプトカー。シルエットを似せるために2インチ屋根を低く、フロントスクリーンを2.5度傾斜させるこだわりぶり。赤と白のカラーリングもジープスターを意識しており、無骨さよりも可愛らしさがにじみ出ている。

ナチョスの色にちなんだニックネームがアメリカらしい遊び心

_N6I0553

上の2台に対して比較的現実的と言えるのがこのイエローのJL。それもそのはず、動くモパーカタログがコンセプトで、ユーザーが購入可能なMOPAR製品でカスタムを実施。ベースはルビコンでリフトアップ量は2インチだが、37インチタイヤを装着する。背面タイヤも補強ブラケットを使用し、同サイズとなる。

PHOTO◆TAKEO ASAI
TEXT◆RYO SORANO

アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


関連記事

  1. _MG_7044 【アメ車ちょこっとミーティング in 浜名湖】皆んな元気でやって…
  2. ビンテージカー愛好家による新春クルーズ
  3. キャデラックエスカレードオンリーミーティング 全国からエスカレードオーナーが集結、天気も良くて最高に楽しいひと…
  4. トラックマスターズ2018 トラックマスターズ2018年で最後となるお台場開催に700台のト…
  5. サマーコースト2019 2019年の夏を締めくっくたサマーコースト、オールジャンルのUS…
  6. FLY_9685___opt SEMA SHOW 2017 at ラスベガス コンベンションセ…
  7. _DSC2296_opt 義理人情の広島魂 ジェットシティ15周年記念大決算SALE!! …
  8. _HMP7491 恒例のWAC初夏ツーリング。田植え体験、BBQの大満足イベント!…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×