イベントレポート

JLラングラーカスタム① in SEMA SHOW 2018

_N6I0002

_N6I6245

LATEST JEEP JL WRANGLER CUSTOMS in SEMA SHOW 2018

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA OCT 30 – NOV 2,2018

非常に高品質なカーボン製パーツを新たにリリース

_N6I0012

4WDやトラックのホイールを手掛けるVENOMREXでは、新たな試みとしてJL用ボディパーツの展開を開始。カーボン製のボンネット、フェンダー、バンパーコーナー、ドアのロックガードなどを一挙リリース。

ワイルドなバンパーだがマッチカラーで都会的に

_N6I0301

テキサスに本拠を置くAMERICAN TRUXX。シャープなデザインのホイールが非常に特徴的で、JLにはAT-1903Boomというモデルを装着。前後バンパーやサイドステップは、FabFoursの製品を装着。タイヤは37インチ。

スチールバンパーを塗り分けファッション性も重視

_N6I0978

DELINTEタイヤブースでは、FSRのルーフテントを装着したアウトドアスタイルのJLを展示。BDSのサスペンションキットでリフトアップし、前後バンパーをスチール製に交換。バンパーにLEDランプを埋め込み、すっきりとしたスタイル。

比較的ライトなカスタムに見えるがそれでも37を装着

_N6I1104

NITTOタイヤブースに展示されていたサハラは、オフロードEVOLUTIONのバンパーやサイドシルを装着。比較的シンプルに見えるが、37インチRIDGEグラップラーを装着。ショックはKINGで、アーム類も交換済みだ。

フロント以外のガラスをレスにしオープンエアーを満喫

_N6I0686

VELOCITY WHEELのブースには、かなりスパルタンなJLを展示。トップをレスにし、フラットフェンダーやパイプドアに変更。それらをパウダーコートペイントに仕上げることで、ワイルドさをより一層強調する。ボンネットやピラーには、もはや定番アイテムと言えるLEDライトバーをセット。

フロントマスクを往年のグラディエイター風にアレンジ

_N6I1185

AMPタイヤブースには、JEEPグラディエイター風に変更したJLを展示。単純にグリルを交換するのでなく、フェンダーの延長やボンネットの形状そのものを変更。ホイールはGO RHINOをチョイス。パイプドアに交換するが、ホワイトのボディということもあり、ブラックのドアが一際映える。

サスペンションと吸排気系チューンでポテンシャルUP

_N6I1338

ミッキートンプソンブースのJLには、新製品のSidebiter Lockホイール&BAJA BOSSという名の37インチタイヤをセット。FABTECHの3インチロングアームサスペンションにダートロジックのショックを組む。

オールチッピングペイントが流行の兆しを見せる

_N6I1447

ラギッドリッジのブースには、ファストバックを装着し、全身にチッピング塗装を施したデモカーを展示。ピラーに大型のランプを追加した程度で、実は意外とシンプル。ルビコンがベースなので、あっさりと37インチを履きこなす。

ライトなカスタムながららしさを煽るスタイル

_N6I1464

同じく、ラギッドリッジブースのJL。ルーフをレスにし、パイプドアに変更。エクステリアはグリルガードやパイプドアの追加程度だが、FOXのショックに交換し、KM3の39インチを難なく装着して見せる。

ルーフ全体をカバーする大型ラックで積載性を向上させる

_N6I1487

様々な車種のルーフラックなどを展開するSURCOに展示されていたJL。肝心のルーフラックよりもWESTINのグリルや、DV8のバンパー&フェンダーの方が目立っていたような…。真っ白なアイテムに赤の差し色を施しており、ワイルドなパーツを組み合わせつつも都会的な雰囲気も強調。

フェンダーやバンパーをキャンディレッドで強調

_N6I1693

ARI ESのブースに展示されていたJLは、星条旗をイメージさせるラッピングが施されるが、実は退役軍人の雇用支援を提供するNS2プログラムによって製作されたもの。単なるカスタムだけでなく、深い話が盛り込まれていたりする。

ヘビーデューティな造りでハイリフトジャッキも対応

_N6I1662

日本でも知名度が高まりつつある、WARRIOR PRODUCTS。前後バンパーだけでなく、パイプ形状のフェンダーもリリース。ヘビーなアイテムだけでなくテールゲートの内側には、小物入れと格納式のテーブルをセット。

ワイルドなスタイルだがアウトドアユースも重視

_N6I1813

スミッティビルトブースに展示されていた、アルパインとコラボしたJL。電動でルーフが広報にスライドし、テールゲートは上に跳ね上がる。ウーハーBOXにセットされたシートが後方に倒れ、アウトドアでサウンドを楽しめる仕様だ。

前後バンパーにフェンダーさらにパイプドアが定番

_N6I3356

パラマウントオートモーティブのJLは、非常に薄くコンパクトなフェンダーが特徴的。ダートロジックのサスペンションを装着し、ホイールはFUELをチョイス。オープンカントリーM/Tの37インチを組み合わせる。

見た目だけでなく実用性も重視したアイテムを投入

_N6I1903

非常にコンパクトなフェンダーやヘビーデューティーなバンパーに加え、独創的なスタイルの背面タイヤキャリアを提案するGO RHINOのJL 。37インチタイヤを装着していても、これなら簡単にスペアタイヤ交換ができそうだ。

ノーマルフェンダーでも驚異的なストロークを実現

_N6I1975

圧倒的なストローク量を見せつける、スカイジャッカーのJL。敢えてノーマルフェンダーのままでここまでできる! ということを強くアピール。ボンネット上には、RIGIDの最新型のLEDライトバーを装着する。

豪州の土漠を連想させる大胆なラッピングを施すJL

_N6I2073

日本でも多くのユーザーが愛用する、オーストラリアのブランドTJM。ランクルだけでなく、JEEPの新製品も積極的に展開中だ。サスペンションはもちろん、オリジナルのバンパー、ラック、フェンダーなどをPRしていた。

基本的にはグリル専門店そんなメーカーもJLを展示

_N6I2110

セブンスロットグリルがJEEPのアイデンティティではあるが、そこを敢えてモディファイ。ノーマル風のグリルやメッシュタイプをリリースするABLAZE GRILLIESは、赤と黒で統一されたJLのルビコンを展示していた。

自分のJEEPで理想の走りを実現してくれるアイテム

_N6I1794

ロックセクションなどを走るための、本格的なアクスルやギアだけを専門に取り扱う、G2。超マニアの人しか分からないブランドだと思うが、ルビコンエクスプレスのデモカーを使用して、自社製品をアピール。バンパー類は同じグループのスミッティビルトのXRCをチョイスする。

PHOTO◆TAKEO ASAI
TEXT◆RYO SORANO

アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


関連記事

  1. 0S7A0746 1200台がエントリーした“ストカー”日本のアメ車シーンはここに…
  2. ナミキモータービルド ナオキモータビルドとスターキーズのBBQツーリング
  3. シェビーストリーム全国ミーティング 2019年で結成23周年のシェビーストリーム、会長も4代目から5…
  4. LUXZ 15周年感謝祭ツーリング&BBQ in OrkPark LUXZ(ラグジ)の歴史15年を彩る 感謝の太っ腹BBQツーリン…
  5. 2020 CHEVROLET COPO CAMARO JOHN FORCE CONCEPT C8コルベットがSEMAに降臨!スポーツ&SUVのイメージを強調…
  6. NATURE MEETING、ファイブスター東都 ファイブスター東都がプロデュースする、オシャレJeeperのため…
  7. リバティウォーク& ゆかいなアメ車オーナーツーリング リバティウォーク&ゆかいなアメ車オーナーツーリング in りんく…
  8. _HMP7893 初夏を満喫するツーリング、海沿いBBQで和気あいあい。ガレージト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×