イベントレポート

JLラングラーカスタム③ in SEMA SHOW 2018

_N6I4025

_N6I4025

LATEST JEEP JL WRANGLER CUSTOMS in SEMA SHOW 2018

LAS VEGAS CONVENTION CENTER
LAS VEGAS,NEVADA OCT 30 – NOV 2,2018

JK用に引き続きJL用のオリジナルパーツを展開

_N6I3402

30年以上の歴史を持つ、IR ON CR OSS AUTOMOTIVEはJL用のバンパーやフェンダーをリリース。なかでも独創的なのがサイドステップ。斬新なデザインで人気を博しそうなデザインとなっている。

アウトドア用品メーカーもJLを使って商品をアピール

_N6I3443

フロントタイヤを外してまでブレーキやサスペンションをアピールしていると思いきや、実はクルマに被せるテントを販売しているNAPIER Outdoorsという会社のブース。アウトドア用品メーカーもJLに注目しているのだ。

オフロードで死角を減らす画期的なハーフドアが登場

_N6I3614

日本でも圧倒的な知名度を誇るBESTOP。ハードなバンパーや特徴的なボンネットに目が行くが、特に気になったのはハーフドア。J Kに装着されている方は、中央のパネルを外せば死角を減らすことが可能となっているのだ。

定番のオーバーフェンダーに加え様々な製品を提案

_N6I3618

本誌の読者なら、知らない人はいないであろうブッシュワーカー。当然、JL用のオーバーフェンダーをリリースするが、前後バンパーやAピラーのカバー、ハイリフトジャッキホルダーも新製品としてラインアップする。

LEDは当たり前のアイテムでこれからはシンプルに装着

_N6I3455

セブンスロットグリルをメッシュに変更し、しかもライトバーを埋め込んだWESTINのJL。前後バンパーやステップも同社の製品。前後ともバンパーコーナーにはコンパクトなLEDが埋め込まれており、四隅を照らしてくれる。暗闇でのオフロード走行時に非常に役立ちそうだ。

足回りからエクステリアまで幅広いラインアップ

_N6I3477

オーストラリアはもとより、世界中で多くのユーザーが愛用するARB。もちろんJLラングラーは、やらねばならない車種。同社らしく前後バンパーやサスペンション、さらにシュノーケルもラインアップする。ちなみに油圧式のハイリフトジャッキも展示。レスキューアイテムも進化している。

ステアリングロッド専門店が存在することに驚き

_N6I3781

本格的なオフロード走行を楽しむためには、ステアリングの補強や補正も必要。そんなリンク部分だけを販売するSTEER SMARTのブースでは、製品の耐久性の高さをアピールすべく、リンクの上にJLをディスプレイ!

20インチオフロードタイヤを大胆に引っ張って装着

_N6I3946

TISホイールのブースに展示されていたJLは、同社の最新アイテム544BMを装着。リム部分に彫り込まれたTIS OFFROADの刻印が、非常に斬新。ちなみにサイズは、17・18・20インチをラインアップ。クローム仕様も設定する。

40インチ以上のモンスターオフロードタイヤを設定

_N6I3960

FURY OFF ROADタイヤのブースには、レスキューチームをイメージさせるデモカーを展示。ビードリングと車体、さらにはボートまでカラーマッチすることで、一体感を演出。ちなみにサイズは圧巻の40×13.5R17となる。

シンプルな仕様を目指す正統派オフローダーに最適

_N6I3967

ギラギラ系ホイールと比べると、正統派のカスタムに見えるGEAR OFF ROADのJL。シンプルな7本スポークに、ビードリング風のデザインを加えたBARRICADE 753GBは比較的安心感を感じるデザインだ。

ウインチ本体だけでなく付随するアイテムもさらに充実

_N6I3664

ウインチメーカーで知らない人はいないWARNブースには、BRUISER CONVERSIONSが製作したピックアップのJLを展示。WARNのウインチが搭載できる専用バンパーやサイドワインダーと呼ばれる新形状の牽引フック、新世代のシャックル・ハイパーリンクもSEMAショーでデビュー。

ミリタリーテイストを求めるオーナーにベスト

_N6I3971

老舗・センターラインのブースで展示されていたJLはGRUMPERでメイク。ホイールは開口部がまったくないFull Jacket842SBをセレクト。GRUMPERとマッチして、ワイルドな雰囲気を醸し出していた。

40インチのMT タイヤに24インチホイールをセット

_N6I3981

DROPSTARS OFFROADのブースには、スティンガーや特徴的なボンネットを装着したJLを展示。40インチのトレイルグラップラーに、24インチのニューアイテムをセット。リム部にブランドネームを入れるのが流行りそう。

ワイルドなスタイルに敢えて華やかなホイール

_N6I4003

Hardrock Offroad Wheelsのブースには、最新アイテムのH501を装着したJLを展示。グロスブラックミルドのほかにポリッシュモデルも設定。ルビコンハードロックをもじり、ボンネットサイドに会社名をあしらう遊び心もGOOD。

迷彩柄に暖色を用いてファッション性を演出する

_N6I4069

NEXEN TIREブースにもJLのGRUMPERが登場。GRIDE OFF-ROADのホイール、GD9をベースに、ボディと同様のカモフラ柄ラッピングを実施。単色でマッチカラーを施すよりも、オシャレで今風なスタイル。

星条旗を意識した大胆なトリコロールにラッピング

_N6I4427

手軽にリフトアップできるキットとして有名なDAYSTARのブースには、スプリングスペーサーで2インチリフトしたJLを展示。背面タイヤのブラケットには、同社のCam Canと呼ばれるリキッドストレージをセット。

スーパーチャージャーでモアパワーを実現する

_N6I4476

JKやTJ用のスーパーチャージャーをリリースしているSPRINTEXは、新たにJL用のスーパーチャージャーを発表。非常にコンパクトなサイズとなっており、エンジンルームを見るとボルトオン装着と思えるほどシンプル。

フロントはコイルオーバーに変更し減衰力も自在に選択

_N6I2933

日本でも知名度の高いテラフレックス 。スライマーと名付けられたこのデモカーは、まさにロックセクションに張り付くような走りが可能。コントロールアームはアルパインI Rという新作。圧倒的なストローク量を実現している。

汚れの防止が最大の目的だがカスタムに活用可能

_N6I4503

シートカバーやボディカバー、ノーズブラなどを展開するCOVER KINGのブースにも、JLが登場。ボディに合わせ、シートやロールケージも同様のデザインで統一。リアバンパーを傷つけないラゲッジマットはアイデアものだ。

吸排気系より本格的なロックマシンに注目が集まる

_N6I4442

インテークシステムで有名なaFe Powerのブースには、本格的なロックマシンのJLを展示。フロントショックはエンジンルームにまで達しており、アクスルはCURRIEのROCK JOCKに換装済み。タイヤはスーパースワンパーのIROKをチョイス。サイズは驚異的な49インチを装着する。

PHOTO◆TAKEO ASAI
TEXT◆RYO SORANO

アメ車マガジン 2019年 3月号掲載


関連記事

  1. こだわりMAXなビンテージ・モパー・オーナーズ
  2. WHEELS MEETING 2018 秋の東北を代表するカーショー「WHEELS MEETING」は2…
  3. _N6I4725 マッスルとピックアップという対極の車両を訴求【FOMOCO】
  4. SLS vol.11 SHIZUOKA LUXURY SPECIAL 【 SLS vol.11】USカスタムシーンを、静岡から熱く盛り…
  5. _MG_2305 広島県福山市のプライムガレージと岡山県岡山市のエクスカーズがコラ…
  6. DODOGE RAM TRUCK OWNERS CLUB ラムトラックSNS初の全国MTG【DODOGE RAM TRUC…
  7. JET CITY SUMMER SALE 突然始まるジェットシティのパーツセールが2年ぶりに開催 2019…
  8. NEW CHRYSLER DODGE FAN ALL JAPAN MEETING ポカポカ陽気の中集まった約50台のクライスラー&ダッジ合同ミーテ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×