イベントレポート

TOKYOオートサロン2019 アメ車勢はラングラーが一大勢力へ

東京オートサロン2019

東京オートサロン2019、TOKYO AUTO SALON 2019

世界最大級のカスタムイベントでアメ車の奮闘はあったのか?
TOKYO AUTO SALON 2019

■開催場所/千葉県幕張メッセ
■開催日/2019年1月11~13日
■主催/東京オートサロン実行委員会

30万人を超える来場者が集まるビッグイベント、アメ車勢はラングラーが一大勢力へ

カスタムカー文化の確立を目指し、1983年から開催され、2019年で37回目を迎えた世界最大級のカスタムイベント「東京オートサロン」。年々出展社や出展車両は増え続け、来場者も1月11~13日の3日間で33万人を超えるビッグイベントだ。日本全国から開催地の幕張メッセを目指し、ここ数年では海外からの来場者も激増。とくに中国からの来場者が多く、各ブースでは中国語で書かれた案内も用意されている。

オールジャンルのモデルが集まる会場では、メーカーが新型車を発表し、パーツメーカーが新作を発表するなど、2019年の流行が何なのかが見て取れる。そんな中で、2019年の注目はとにかく新型ジムニーだったのは間違いない。アメ車に限れば、こちらも新型となったJLラングラー。有名ヨンクショップが続々とパーツを発表し、ラングラー人気は今後も熱い。一方カスタムコンテストでは、インポートカー部門でラグジ新作エッジカスタム・チャレンジャーが優秀賞、ローハンのインパラがグランプリをゲットするなど、アメ車勢が大躍進!

東京オートサロン2019

東京オートサロン2019

東京オートサロン2019

東京オートサロン2019

東京オートサロン2019

カスタムコンテスト・インポートカー部門
優秀賞を獲得したラグジのチャレンジャー

EDGE CUSTOMS チャレンジャー’S’ 過激スタイルが新登場!

EDGE CUSTOMS チャレンジャー'S'、ラグジ

EDGE CUSTOMS チャレンジャー'S'、ラグジ

日本のチャレンジャーブームを牽引するラグジは、オリジナルカスタムブランド「エッジカスタムズ」から、新作のチャレンジャー’S’を発表。大胆に張り出したオーバーフェンダー、前後ディフューザー、スプリッター、サイドスカート、トランクスポイラー(プロトタイプ)がニューモデル。パーツ単体での販売はせず、ラグジでの車両購入時に取り付けるコンプリートタイプとなる。カスタムカーコンテストで優秀賞を獲得し、海外からも注目された。

 

チャレンジャー・デーモンのワンオフカスタムモデル

ラグジが日本最速で持ち込んだチャレンジャー・デーモンの、ワンオフカスタムモデルがニットーブースに展示。ホイールはワークエモーション・CR3PのF/20×10.5J、R/20×14J。タイヤはニットーインヴォのF/285/30R/20、R/345/25R/20。

 

ラグジ、チャレンジャー、カーボンフルラッピング上の青のチャレンジャーは新作のフルコンプリートモデルに対し、こちらのヘルキャットは、オーバーフェンダー、リアディフューザーを装着し、カーボンフルラッピング。

 

エスカレード、アズールモータリング、ZEROデザイン、SKYパフォーマンス

アズールモータリングのエスカレードは、オリジナルカスタムブランド「ゼロデザイン」のバージョン1エアロに、SKYパフォーマンスホイールの26インチを装着。

 

F150ラプター

ヨコハマタイヤにはF150ラプターが展示。2018年から北米で販売が開始され、オフロードでは人気の高いGEOLANDAR X-MT(37×13.50R17)を装着。

これぞニッポンの職人技、カスタムカーコンテストでグランプリを受賞

ロー ハンの58年型インパラ

ロー ハンの58年型インパラ

2019年のカスタムカーコンテストのグランプリは、新型ジムニーでも、GT-Rでもなく、ローハンの58年型インパラ(インポートカー部門でも最優秀賞)。レストアから始め、ボディ全体に職人による手彫りのエングレービングを施し、オリジナル塗料「IZ METAL」でメタル塗装。作業期間はなんと2年! セマショーでも披露され、世界でもっとも輝くインパラと言ってもいいだろう。

 

ローハンのカマロ

ローハンのカマロ

ローハンブースでは、上のインパラに注目が集まっていたが、立体施工を下地に処理し、その上からキャンディカラーをペイントする芸術的なグラインダータトゥーを施したカマロも見応えあり。ローハンのカマロ用オリジナルフロントバンパー、ホイールはローハン・ GSR GS-1の21インチ。

 

グラインダータトゥーを施すチャレンジャー

ローハンから発売中のボディキット(フロントリップ、ダックテール)を装着し、グラインダータトゥーを施すチャレンジャー。ホイールはローハン・ GSR GS-1の21インチ。

 

F-150ラプター

F-150ラプターを展示していたファルケンタイヤブース。もちろんその足もとには同メーカーのオフロード用タイヤである「WILD PEAK M/T」を装着!!

 

リンエイ、JLラングラー

老舗の4×4スペシャルショップであるリンエイは、JLラングラーと新型ハイラックスの2台を展示。JLにはXD827 ロックスター3を履かせ、さらにオーバーフェンダーガードを装備。

 

マキ シスのTrepadorを履いたJKラングラー

Hutchinson Rock Monster(FR 17 x 8.5) ホイールに、マキシスのTrepadorを履いたJKラングラー。複雑なロールケージに囲まれた室内など強靭なスタイルだ。

 

JLラングラーの「BF-8」ホイール

4WD & SUV専用ホイール『BLACK FORCE』をプロデュースする「TSMグループ」のブースには、JLラングラーの「BF-8」ホイールが登場。力強いスポークデザインに注目!

 

エクシズルライン、リボルバーカスタムズが製作したカマロZL1

数多くのホイールブランドを取り扱うエクシズルラインのブースに展示されていたのが、リボルバーカスタムズが製作したカマロZL1。組み合わせたボトムスはROHANA。

 

エッジカスタムズの新しいラインナップ、グランドチェロキー用登場!

エッジカスタムズのグランドチェロキートラックホーク

エッジカスタムズのグランドチェロキー トラックホーク

ラグジ、TOYOタイヤ PROXES ST3

2019年の1月から社名をTOYO TIRES株式会社へ変更した同社のブースには、ラグジエッジカスタムズに新たにラインナップする予定のパーツを組み込んだ、グランドチェロキー・トラックホークが展示。2018年末にアメマガで紹介した際はフロントスポイラーのみだったが、展示車にはオーバーフェンダー、サイドスカート、スプリッター、前後ディフューザーが装着され、22インチホイール、タイヤはPROXES ST3をセット。

ラリードライバー「ケン・ブロック」が手掛けた、1977年型F-150 Hoonitruckも登場!!

ケン・ブロックが手掛けた、1977年型F-150 Hoonitruck

ケン・ブロックが手掛けた、1977年型F-150 Hoonitruck

ケン・ブロックが手掛けた、1977年型F-150 Hoonitruck

キャンギャルを撮影する人だかりはアチコチで見受けられたが、クルマを見たさにこれほどの人だかりができていたのはトーヨータイヤブースだけじゃないだろうか。そのクルマが何かというと、アメリカを代表するラリードライバー「ケン・ブロック」が手掛けた「F-150 Hoonitruck」。エンジンにはル・マン24時間レースでクラス優勝したフォード「GT LM GTE」用をベースにするV型6気筒3.5リッターツインターボが搭載され、最高出力は驚異の914hp。あとは動画の様なパフォーマンスを生で見られたら最高だろう。

 

コーストモータリング、エクスプローラー

コーストモータリングが展示したのは2018年と同じく、30インチホイールをインストールしたエクスプローラー。室内もフルカスタムされているだけに見応えは十分。

 

コーストモータリング、エスカレード

エクスプローラーと並んで展示されていた現行モデルのエスカレードにも30インチホイールをインストール。「2019年は大径ホイールで攻める!!」と気合を入れている。

 

アイワブース、サバーバン

例年同様、アイワブースにはたくさんの人だかりができていたが、2019年のブースを彩ったのはカスタムペイントを施したサバーバン。独創的な仕上がりは見事。

 

ラプター

名古屋のアクセルオートが展示していたのが、ラプターはラプターでもミドルサイズのレンジャーベースのラプター。現物を見るのは筆者も初めてだっただけに興味津々。やはりラプターの名は伊達ではなく、サスペンションにはFOX製のヘビーデューティーショックが装着されている。室内を見てみると、レンジャーラプターの生産はタイで行なわれているだけあって、ステアリングは右に付いていた。

 

タイガーオート、JLラングラー・アンリ ミテッド

タイガーオート、JLラングラー・アンリミテッド

タイガーオート、JLラングラー・アンリ ミテッド

国内屈指のJeepスペシャリストであるタイガーオートでは、早くもカスタマイズを実施した2台のJLラングラー・アンリミテッドを展示。正規輸入モデルがベースのオレンジのJLは、スプリング、スタビ延長リンク、ロングブレーキホースなどで2インチアップを実施。またCRIMSONのMG LYCANにボディ同色としたストリートロックにより、スタイリッシュな足下を演出。左ハンドルとなるグレーのJLは、よりアグレッシブなリフトアップスタイルとし、JLカスタムの可能性の高さを見せていた。

オートサロン2019キャンギャル

オートサロン2019キャンギャル

オートサロン2019キャンギャル

オートサロン2019キャンギャル

オートサロン2019キャンギャル

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. 第1回 SPORT 名古屋 アメ車ファンミーティング アメ車ファンが愛車とともにバーベキュー
  2. OSAKA HALLOWEEN NIGHT CRUISE 大阪の観光名所をアメ車で駆け抜けるハロウィンナイトクルーズ
  3. 2017BBQ-060_opt 参加費無料でフレンドウェルカム!老舗アメ車ショップの豪快BBQ祭…
  4. WING DAY 2018、WING AUTO ウイングオートの集大成、感謝を込めた大規模祭り WING DAY…
  5. AM3I0962 アメ車を愛する女子達の理想の男性やクルマは? アメマガガールに緊…
  6. _DSC6170 子供から大人までが楽しめる体験型カーショー開催!トップウエストジ…
  7. アメキャン!5th ミーティング アメキャン5thミーティング 気ままにキャンプを楽しむ アメ車乗…
  8. _D5B6720 アメリカ伝統のレース『パイクスピーク・インターナショナル・ヒルク…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×