SUV

日本に初上陸したリンカーンナビゲーターブラックレーベル

キャルウィング、213MOTORING、リンカーンナビゲーター ブラックレーベル

キャルウィング、213MOTORING、リンカーンナビゲーター ブラックレーベル

LINCOLN NAVIGATOR BLACK LABEL /RESERVE

まさに上質の極み

アメリカン・ラグジュアリーSUVの先駆者「リンカーン・ナビゲーター」。これまでキャデラック・エスカレードとしのぎを削り合い、現行モデルの登場はライバルにリードを許したものの、満を持して登場した新型ナビゲーターは、他を寄せ付けないオーラを放つ。

 

1997年に1998年モデルの販売を開始したリンカーン・ナビゲーター。SUVシーンにラグジュアリーの新境地を切り開いた先駆者でもある。その爆発的な人気に後押しされる形でGMがキャデラック・エスカレードを投入したことは周知の事実。いずれにしても、フォードの先陣を切る姿勢にはいつも驚かされるが、登場から20年の時を経て装いを新たに生まれ変わった新型ナビゲーターも、これまでとは比較にならないほど質感の高いゴージャスな仕立てで再び新境地を開拓している。

そんなナビゲーターを日本へとインポートした第一号車を2018年6月号にて掲載。これから続々とインポートされるのだろうとその時は思った。だが、予測とは裏腹にインポートされる台数は少なく、購入したくてもできない状態がこれまで続いていた。しかし2019年に入り、キャルウイングから編集部に一報が届いたのである。「新型ナビゲーターを追加で仕入れました。さらに今回はとっておきのモデルが入庫したんです!! 」と含みを持たせて。

LINCOLN NAVIGATOR、リンカーンナビゲーター

LINCOLN NAVIGATOR、リンカーンナビゲーター

その真意を確かめるべく早速ショップへと赴くと、そこにはズラリと並ぶナビゲーターの姿が。しかもその中の1台はフラッグシップモデルの「ブラックレーベル」。なるほど、これだったのかと意図が判明。それにしてもこの台数には驚きである。写真には4台しか写っていないが、敷地にはほかにも。ちなみにブラックレーベルは限られたディーラーでしか入手できないとあって、これはもうさすがとしか言いようがない。新型ナビゲーターを検討しているならば、今すぐキャルウイングを訪問するべきだ!!

歴代モデルもそれぞれに個性的な顔立ちでユニークなキャラクター性を発揮していたが、新型モデルもこれまで以上に威厳のある顔付きであるとともに、高級感に溢れている。フラッグシップであることを主張。

 

エンジンはラプターと同じ3.5ℓ V6のECO BOOSTを搭載。

エンジンはラプターと同じ3.5ℓ V6のECO BOOSTを搭載。ツインターボによってその出力は450hpを発生させる。最大トルクは70.5kg-m。これに10速オートマチックを組み合わせて、内外装同様に上質な走りを生み出している。

 

エクステリアは他グレードと基本的に共通である。しかし、ブラックレーベルだけが渦を巻いたデザインの22インチホイールを装着する。

「CHALET」は、山の斜面とスキーロッジの暖かみがイメージされているためホワイトを基調としている。

基本的なデザインは全グレードともに共通しているが、ブラックレーベルのインテリアには3タイプのテーマが設定されており、その一つが撮影車が採用する「CHALET」で、山の斜面とスキーロッジの暖かみがイメージされているためホワイトを基調としている。残る2つは、上質なクルーザーからインスピレーションを得て、ブルーを基調とした「YACHT CLUB」、旅からインスピレーションを得て、レッドレザーでコーディネイトした「DESTINATION」である。

 

エスプレッソ&アルパインベネチアンレザーとシルバーウッドを用いて仕立てられた「CHALET」のインテリア。

エスプレッソ&アルパインベネチアンレザーとシルバーウッドを用いて仕立てられた「CHALET」のインテリア。

エスプレッソ&アルパインベネチアンレザーとシルバーウッドを用いて仕立てられた「CHALET」のインテリア。

エスプレッソ&アルパインベネチアンレザーとシルバーウッドを用いて仕立てられた「CHALET」のインテリア。ウインターシーズンの山荘をイメージしているとあって、カラーはホワイトが用いられている。

 

各テーマで共通していることは「Luxurios」

各テーマで共通していることは「Luxurios」

各テーマで共通していることは「Luxurios」

各テーマで共通していることは「Luxurios」。すなわち贅沢さ。そのため車内には快適に過ごせる仕掛けを各所に配置。

CALWING / 213MOTORING
TEL:04-2991-7770
HP:http://www.calwing.com

■Text & Photos|アメ車MAGAZINE

アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

  1. 2017 Cadillac Escalade Platinum キャデラックを見事に復活させた プレミアムSUVのトップランナー…
  2. _N6I1333 大きなクルマに乗りたい。そんな彼女が選んだのは、可愛らしい雰囲気…
  3. 1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER、1988 & 1991 シボレーK5ブレイザー 入手困難なK5ブレイザーをラピードならゲットできる!
  4. シボレーサバーバン、シボレータホ リフトアップの定番とは異なる 異端児的なタホとサバーバンを徹底リ…
  5. 2018 グランドチェロキー スターリングエディション オトナのシャープなグラチェロカスタムは、オーバーフェンダーレスも…
  6. DSC_7543 新たに迎え入れた愛車はジープレネゲード トレイルホーク MASA…
  7. 2007 Cadillac ESCALADE、2007 キャデラック エスカレード いつかはキャデラック… いや、今こそサード・エスカレードに乗る。…
  8. HUMMER H3 CULB JAPAN ハマーH3の魅力にハマる男たち H3を愛するオーナーの素顔

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×