イベントレポート

カルフォルニアを疑似体験できる「千葉フォルニア」にて2018年内最後のクルーズを満喫!

千葉フォルニア

千葉フォルニア

2018 Last run! Go to Chibafornia
SUNDAY DECEMBER 30,2018

日本のカリフォルニアを満喫、ビンテージアメリカンの競演

カルフォルニアを疑似体験できる「千葉フォルニア」にて2018年内最後のクルーズを満喫! パームツリーをバックにストートロッド&クラシックアメリカンが佇む光景はまるでカリフォルニア!!

グッドロケーションにイカしたクルマたちが集結

ストリートロッドをメインとするカークラブ、OSCAメンバーや、マッスルカーなどのクラシックなアメ車オーナーたちによって数年前より年始のクルーズが企画されている中、どうしても都合が付かないメンバーたちによって年末に別枠で行なったのがきっかけで定着した「ラストラン」。ここでは主要メンバーでもあるストリートロッドのスペシャルショップの「アンディーズ」の面々が中心となって企画されている。

とにかく走ることを純粋に楽しむのがテーマなだけに、目的地に何があるかは重要ではないものの、どうせなら集まるクルマたちが映える場所として、「千葉フォルニア」の愛称でお馴染みの人気絶景スポットの千葉県袖ヶ浦市の海岸沿いを目指した。午前9時に松戸のアンディーズを出発して、まずは待ち合わせ場所の京葉幕張パーキングまで市街地をメインに1時間ほどドライブ。横浜方面からの参加者も合流して、約30台の大所帯で現地までの高速走行を楽しんだ。サービスエリアや市街地では、興味津々の一般の方々が手を降ってくれたりと、注目度の高いクラシックなアメ車たちに対して思いのほか好意的なのが印象的だった。

千葉フォルニア

千葉フォルニア

目的地の袖ヶ浦の海岸沿いは晴天で、愛称の千葉フォルニアに相応しい雰囲気だった。海風による寒さは否めないが、写真的には、それは正にカルフォルニア! グッド・ロケーションとイカしたクルマたちによるインスタ映えな写真を撮ったり、寒さを忘れてクルマ談議に盛り上がったり、Hot Rodなクルーズで年末を締めくくったのだった。

 

千葉フォルニア

アンディーズ代表のウイリスクーペを筆頭に、カスタマーのショークオリティーなデュース・クーペやファットフェンダー、F100、ベルエアなど、王道のストリートロッドから、カマロ、ノバ、エルカミーノ、インパラなど、お馴染みのシェビーとで30台が参加した。

 

千葉フォルニア

レポーターもウイリスのピックアップで松戸のアンディーズから参加。SAでの合流組、そして現地直行組とで、最終的に30台以上が参加。女性オーナーのデュースのロードスターは、路上デビューを兼ねて横浜より参加。カーショーに出展した姿もステキだけど、ストリートで見る佇まいこそカッコ良い!

Photo & Report◆Hideki Ishibashi

アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

  1. ナミキモータービルド ナオキモータビルドとスターキーズのBBQツーリング
  2. _8MP4849 ウイングオートが、年に1度のユーザー参加大規模イベント、ウイング…
  3. DSC_9092 【ナオキモータービルド&スターキーズ・モーニングクルーズ】朝を有…
  4. _N6I0325 圧倒的な高さのライノースタイルが大流行【TRUCK】
  5. ネオマッスルクラブジャパン 昼のツーリングも、夜のパーティも どっちも本気で楽しむのがNMC…
  6. NEW DODGE CHALLENGER'S MEETING 日本で一番! ?チャレンジャー密集度が高い場所 New Dodg…
  7. Why not Hot Rod Time Attack Demo ハードコアで究極のアメ車、ホットロッドの走りの競演!
  8. CHEVE C/K15 OLD FACE CLUB 2018年もC/K愛好家たちが富士に集う!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×