クーペ

アイスチャージャーは2017年に公開されたワイルドスピード8に登場した車両だ!

DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー

DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー

FAST & FURIOUS 8
#F8 DODGE ICE CHARGER

ワイルドスピード8に登場した、あのマシンが遂に日本に上陸!

アメ車とスクリーンとの関係は深く、古くはバニシングポイントやバニシング in 60を見てアメ車に惹かれた人も少なくないだろう。近年ではやはりFFシリーズがその最たるもので、今回紹介するアイスチャージャーは2017年に公開されたFF8に登場した車両だ。

ワイルドスピードの名に恥じぬカスタムを施す!

FFシリーズの魅力と言えば、何と言っても派手なカーアクションを挙げる人が多いだろう。シリーズ初期は、当時のスポコンブームもあって日本車が数多く登場していたが、最近ではアメリカでもビンテージマッスルの人気が沸騰中。そんな時代背景を反映してFFシリーズにも様々なマッスルカーが登場するが、その中の1台1968年型チャージャーをベースにした「アイス・チャージャー」が日本に上陸した!

FF8の撮影で実際に使用されたこの車両を輸入したのは名古屋にあるKG BASE。ビンテージマッスルカーの専門店としてオープンしたのが約3年前で、2カ月に1度はアメリカへ出向いてミントコンディションのマッスルカーを自社で輸入している。そんなKG BASEがシボレー・シェベルを買い付けに行った際に偶然出会ったのがこのアイス・チャージャーで、交渉を重ねようやく入手。お台場で開催したamZ 2018では展示&エンジン始動を行ない、生で見た人も多いのでは。

車両そのものは前述したとおり、1968年型がベース。シルエットこそチャージャーではあるが、前後には非常に巨大なフェンダーを追加。ヘッドライトやテールランプはLEDに変更し、ウインドーの周囲にはパンチングパネルが追加され、装甲車のような物々しい雰囲気を醸し出している。長く伸びたリアウインドーがワイルドスピードの名に恥じぬカスタムを施す!チャージャーの個性とも言えるが、そこは短く切り詰め、トランク部分には劇中で活躍した電磁パルス砲やジェットタービン(もちろんダミー!)を搭載している。

DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー

駆動方式はフルタイム4WDとなっており、そのエンジンポテンシャルを確実に路面へと伝えられるよう、前後共コイルオーバーのサスペンションに変更。フロントサスペンションはレイアウトを一新しており、リアはリジッドアクスルのままだが、リーフからコイルに変更され、乗り心地を向上させている。ブレーキも4輪ディスクに変更されており、リアブレーキはツインキャリパーを採用。ムービーカーとしてはもちろん、カスタムカーとしても見応え十分な内容となっている。

DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー

インテリアは、FFシリーズで長年に渡り採用されているsparcoのバケットシートに変更。インパネ周りは完全に作り直されており、スピードメーターはレースカーなどに採用されるRacepakに変更され、非常にシンプル&ワイルドなスタイルに改められている。ちなみに乗車定員は1名! なんとも贅沢な乗り物と言えるだろう。

基本的にこのアイス・チャージャーは、KG BASEのショールームに展示されているため、事前に連絡すればいつでも見ることが可能とのこと。気になるプライスはASK。だが、本気で購入したい人には応じてくれるそうなので、交渉してみる余地はありそうだ。誰ともカブらない、究極のアメ車が欲しい人はぜひ!

フロントマスクは固定式の4灯ヘッドライト

ボンネットにはダクトを追加

フロントマスクは固定式の4灯ヘッドライトに変更。チャージャーというとコンシールドランプをイメージする人が多いと思うが、敢えてそれを払拭しつつもチャージャーらしさを感じさせる。ボンネットにはダクトを追加。トランクスポイラーやディフューザーを追加し、レーシーな佇まいを見せる。余談だが、2018年SEMAで発表されたSUPER Chargerが、よく似たテールランプを採用していた。

すべての窓の縁には、パンチングのパネルを追加。非常に物々しい雰囲気を醸し出す。視界の確保がもちろん必要だが、愛車をワイルドにカスタムしたい人には応用できそうだ。1968年型がベースなので、ドアミラーは運転席側だけに装備。ちなみに運転席後方のサイドウインドー部分に燃料の給油口が備わるが、こちらはダミーとなる。

スチール製の巨大なオーバーフェンダーを追加

スチール製の巨大なオーバーフェンダーを追加し、ノーマルよりも遥かにワイドなタイヤを装着。フロントはNITTO INVO(295/35R20)で、リアはミッキートンプソンのSPORTSMAN S/R(29×18.0R20)を装着。ホイールは前後ともにHREで、フロントはスリットローター、リアはドリルドローターを採用。キャリパーはWILWOODに変更し、リアはツインとなる。

トランクスペースには、劇中で重要な役割を果たした電磁パルス砲を搭載。助手席側にはジェットタービンも搭載。もちろんダミーだが、圧倒的な存在感を感じさせる。マフラーエンドはリアフェンダーからのサイド出しに変更。排熱を考慮し、リアフェンダーの一部には遮熱板が備わる。ちなみに、日本で公道を走行できる様にウインカーだけ追加されている。

シートはsparcoをチョイス。ロールケージが張り巡らされ、非常にスパルタンなインテリアとなる。エアコンなどの快適装備はなく、真夏に乗るにはそれなりの覚悟が必要。本文でも述べているが、1人乗りなので、究極のホビーカーだと言っても過言ではない。


Photo■浅井岳男
Text■空野稜


アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

  1. 2019 Challenger SRT Demon EDGE CUSTOMS Challenger S チャレンジャーSRTデーモンの進化「サタン」をLUXZが召喚!
  2. 2017 DODGE GRAND CARAVAN、2017 ダッジグランドキャラバン マジで「使える」ダッジのミニバン ダッジグランドキャラバン【ファ…
  3. 1968 SHELBY COBRA GT500KR フォードのカタログモデルとしてラインナップされた「シェルビー・マ…
  4. 1964y フォードサンダーバード 【BUBU横浜 1964y フォードサンダーバード】フィフティー…
  5. 2019 FORD MUSTANG GT Performance / 2019 FORD MUSTANG GT マスタングGTをさらに進化させたパフォーマンスモデル
  6. DSC_0981_opt ポップな69、70でなく72年型シボレーエルカミーノが逆にクール…
  7. 2002 FORD MUSTANG GT 初めての愛車がこのマスタングしっかり乗りこなしてみせます!
  8. そろそろアメ車が乗りたいんだよね、マグナムって面白いかも

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×