クーペ

ゴーストタトゥーを身に纏う、ROHANエアロのマスタング

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MODERN MUSCLECARS
TO THE LIMIT!!
過激さへの挑戦に終わりはない

2018年11月に東京お台場で開催されたアメ車マガジン祭り『amZ』のアワードでスポーツ&クーペ部門を受賞した、あきらさんのマスタング。改めて珠玉の1台に注目する。

『amZ』のアワードでスポーツ&クーペ部門を受賞

 

ROHANエアロ ユーザー装着1号車

このマスタングを初めて見た人は2度驚かされる。遠目ではフルエアロ装着、限界まで攻めた足回り、見事な塗り分けが目に入るだろう。なるほど相当のカスタムカーだと身構えつつ、興味を感じて近づいてみると、光の影響で複雑に表情を変える、ボンネットのゴーストグラインダータトゥーに驚かされる。

ゴーストタトゥーを身に纏う、ROHANエアロのマスタング

エアロだけでも、足回りだけでも、カスタムとしては相当なものなのだが、それでもやはり、間近で見るボンネットのタトゥーは心に刺さる。2段構えによる感動は、見る人の心を奪うショーカー仕様そのもの。このマスタングに乗るあきらさんは、どのようにカスタムを突き詰めていったのだろうか。

現在22歳のあきらさんは元々スポーツ系のクルマが好きで、とくに映画「ニード・フォー・スピード」の影響から、アメ車に興味を感じていたという。

地元には世界的にも有名な国産スポーツ系カスタムショップ「クールレーシング」があった。彼はそのデモカーだったスイフトスポーツを購入することで、愛車遍歴をスタートさせている。彼が18歳の時の出来事だ。

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

国産コンパクトのカスタムカーは3年ほど愛用したが、アメ車への憧れは消えることはなかった。

そんな折、行きつけのショップで扱っていた「ROHAN」ブランドが、2018年のオートサロンにマスタングのカスタムカーを出展すると聞いた。「あのROHANがマスタング!?見に行こう!」と、あきらさんのアメ車熱は高まっていく。かくしてその1カ月後には、ショップでマスタングをオーダーする男の後ろ姿があったのだ。

もともとROHANのデモカーで刺激を受けたのだから、最初からカスタムの方向性はほとんど決まっていた。結果としてROHANエアロのユーザー装着車第1号となるものの、彼は独自のセンスでアレンジを加えていく。

エアロはボディカラーのブラック一色ではなく、一部をゴールドで塗り分けている。これはあきらさんの指定によるもの。ホイールは立体感が特徴のショップオリジナル。さらに、サーキットのノウハウを蓄積するショップ代表と膝を突き合わせ、ギリギリのキャンパー角を攻めた。ちなみに左右のホイールでカラーリングを変えているのは、ほんの遊び心だ。

そしてボンネットである。技術的な面ではこれもROHANによるものだが、アイデア自体はショップの影響が大きい。同店の国産スポーツカーのデモカーで同様のタトゥーが施されており、その影響を受けたのだという。

つまりこのマスタングは、ROHANブランドと、ショップと、そして、こだわりを突き詰めるオーナー本人の3者によって、ここまで到達したカスタムカーというわけだ。

ひとまずノーマルの状態で納車されたのが2018年GWあたり。カスタムがここまで仕上がったのは9月頃。購入してからまだ1年経っていない状態ながら、あきらさんはさらなるステップアップを考えているという。

現在、実はディープホイールを履きたいことからオーバーフェンダーを装着しているのだが、これを倍程度の大きさにしようと考え、とりあえずパーツだけオーダーしてあるそう。「正直なところ、それがちゃんと装着できるかどうか分かりませんけど、とりあえずやってみようと思って。そういう性格なんですよ」と笑う。

やりたいことは、やってみる。このシンプルな行動力こそが、カスタム界の新しい風を生むチカラになるのだろう。

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

MR.AKIRA & FORD MUSTANG

ROHAN(ロ ーハン)のマスタング用ボディキット、フロントリップスポイラー

ROHAN(ロ ーハン)のマスタング用ボディキット、サイドディフューザー

ROHAN(ロ ーハン)のマスタング用ボディキット、リアバンパー&リアディフューザー、リアウィング

ペインター井澤氏が率いる職人集団のブランド「ROHAN(ローハン)」がリリースしているマスタング用ボディキット(フロントリップスポイラー、サイドディフューザー、リアバンパー&リアディフューザー、リアウイング)でコンプリート。黒×金の塗り分けはオーナーが指定した。さらにマフラーは、同ブランドがリリースするエコブースト向けをベースに、V8用として可変バルブ追加などワンオフでカスタムしたもの。

 

ボンネットにゴーストグラインダータトゥー

ROHANブランドで施工しているメニューのひとつ。ボディに直接ラインを刻むグラインダータトゥーにゴースト加工を追加したもの。光の当たり加減や角度で印象が変わるため、このマスタングにとって最大のアイコンになっている。なお、ボンネットにゴーストグラインダータトゥーを入れるアイデアは、ショップのデモカー(トヨタ86)で採用されており、それにインスパイアされた。

 

ディフェンダーのオーバーフェンダー(1.5インチ)

現在はディフェンダーのオーバーフェンダー(1.5インチ)を装着しているが、実はさらに大きなものをアメリカに注文している最中。フロント2.5インチ、リア3インチのもので、到着してからどう装着するか考えるそう。

 

「KUHL RACING NAGOYA」のオリジナルホイールとVERZホイールの21インチ

キャ ンパー角はF3°、R6°。実用性をギ リギリまで追求

クルマのすべてを任せているショップ「KUHL RACING NAGOYA」のオリジナルホイールとVERZホイールの21インチをインストールし、左右で塗り分けしたショーカー仕様。キャンパー角はF3°、R6°。実用性をギリギリまで追求した。

■PHOTO&TEXT:加藤山往

アメ車マガジン 2019年 4月号掲載


関連記事

  1. 2020 フォードマスタングシェルビーGT500 公道走行認可最大スペック760馬力の猛馬 マスタングシェルビーG…
  2. 2012 FORD MUSTANG CONVERTIBLE 豪快なワイドフォルムで、圧巻のオーラを放つマスタングコンバーチブ…
  3. 1964 シボレー コルベット C2、1964 CHEVROLET CORVETTE C2 いつかは「コルベット」…そう憧れ続け手にしたC2
  4. CA4R0015 チャレンジャーカスタムに旋風を起こす噂のモデルが次なる一歩を踏み…
  5. 2018 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT 希少な7速マニュアルでFR駆動、最後のアメリカンスポーツC7コル…
  6. 1968 SHELBY COBRA GT500KR フォードのカタログモデルとしてラインナップされた「シェルビー・マ…
  7. 坂井香、2018y CHEVROLET CAMARO SS、2018年 シボレーカマロSS アメ車女子がブームになる今、現役モデルとして活躍する坂井香ちゃん…
  8. FORD MUSTANG ディープインパクトブルーカラーにLBワークスフルコンプリートとな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×