クーペ

点検で訪れたショップに並ぶ真っ赤なチャレンジャーに一目惚れ

2009y Dodge Challenger SRT8、2009y ダッジチャレンジャー SRT8

2009y Dodge Challenger SRT8、2009y ダッジチャレンジャー SRT8

2009y Dodge Challenger SRT8
オーナー/西本さん

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

我慢してきた時間を取り戻す、やっぱりカスタムが大好きだ!

子育ても一段落し、それまで家族のためにと我慢して乗ってきた国産ミニバンからエスカレードに乗り替えた西本さん。しかしこれで満足かと思いきや、6ヶ月点検で訪れたショップに並ぶ真っ赤なチャレンジャーに一目惚れし、まさかの乗り替えを決断することに。

 

10年も我慢したから、カスタムが止まらない

真っ赤なボディにボンピンが付いたマットブラックのボンネット、APRカーボンフロントスプリッター、ブロンズカラーのBC FORGID・HCA162Sの20インチホイール&ニットー・インヴォ・タイヤ、BCレーシング車高調、ボーラアタックマフラーなど、いかにも「走ることが大好き」な雰囲気をビンビンに漂わせる西本さんの09年型チャレンジャー・SRT8。もちろん雰囲気だけではなく、コールドエアインテーク、スプリントブースターなどでチューニング済み。

2009y Dodge Challenger SRT8、2009y ダッジチャレンジャー SRT8

子育てのために、自分の趣味を我慢して購入した国産ミニバンに乗り10年。だがその子育ても一段落し、友人と訪れたカーボックスで見たエスカレードに惹かれて即決した西本さん。愛車イジリを10年も我慢していただけに、納車と同時にカスタムを実行。その後、無料の6ヶ月点検でショップに訪れ、今後のカスタムについて相談する予定だったのだが、そこで目に入ったのが刺激的な真っ赤なチャレンジャー。まさに一目惚れ。「本当に乗りたいのはコレだ!」と、半年前に購入したエスカレードを躊躇なく手放すことに。もちろん奥様は反対したが、頑張って子育てしてくれた夫のワガママを受け入れた。購入後から進化は続き、現在のスタイルに至るワケだが、ここまで仕上げたからこそ気になるのがヘルキャットの存在。またしても乗り替える?

ホイールはBC FORGID・HCA 162Sの20インチブロンズカラー

ホイールはBC FORGID・HCA162Sの20インチブロンズカラー。カーボックスのミリ単位の計測によって、完璧なツライチに仕上げた。実はヘルキャットにもドンピシャでインストールできるセッティングになっており、今後ヘルキャットに乗り換えても流用できるようにと、ショップがすでに対応済み。

 

2009y ダッジチャレンジャー SRT8

2009y ダッジチャレンジャー SRT8

2009y ダッジチャレンジャー SRT8

2009y ダッジチャレンジャー SRT8

マットブラックペイントボンネット、モパーボンネットピン、APRカーボンフロントスプリッター、イカリング仕様ヘッドライト、BCレーシング車高調、ボーラアタックマフラー、コールドエアインテーク、スプリントブースターなど、購入後に多くのカスタム&チューニングを施しているため、クルマはその作業でほとんどの時間をカーボックスで過ごしている。

撮影車両3台+在庫車チャレンジャー、現場に向かう道中は大注目を浴びる

チャレンジャー、カーボックス、CARBOX

チャレンジャー、カーボックス、CARBOX

今回カーボックスのチャレンジャーオーナー3人を紹介したが、実は現場にはショップの在庫車である秘蔵チャレンジャー・ヘルキャットも同行。この4台が並んで走る姿は、かなり強烈なインパクトだったに違いない。

どうせ乗るなら最高を極めたい!これが俺のスーパーヘルキャット!

アメ車なんて派手で興味ない、それが今では魅力にドップリハマる

Produce:CARBOX【カーボックス】
TEL:082-815-8448
URL:http://www.bs-carbox.jp

■Photo:高原義卓
■Text:相馬一丈


関連記事

  1. コルベットC4、CORVETTE C4 コルベットヒストリー④【1984~1996 コルベットC4】
  2. CORVETTE C7、コルベットC7 コルベットヒストリー⑦【2014~2019 コルベットC7】
  3. コルベットC2、CORVETTE C2 コルベットヒストリー②【1963~1967 コルベットC2】
  4. 1972 Pontiac Lemans GT Sport、1972 ポンティアック ルマン GT スポーツ GTOのベースモデルの「ルマン」に、455HOを搭載する激レアな…
  5. エイジング塗装、マスタング 家族が協力してエイジング塗装で仕上げた力作のラットスタイルマスタ…
  6. 1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA スタイルと走りを徹底的に追求し、エアサスやホイールをワンオフ製作…
  7. 01 青×黒のマッスルドッキング! シボレーカマロ
  8. 1971 Pontiac GTO、1971 ポンティアック GTO マッスルカーのアイコン的存在として、君臨するポンティアックの最強…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×