クライスラー

MOPARの代名詞と言えるハイインパクトカラーを差し色として使用したクライスラー300C

クライスラー300C、CHRYSLER 300C

クライスラー300C、CHRYSLER 300C

CHRYSLER 300C

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

MOPARを象徴する色を組み合わせ、個性だけでなく実用性も追求する

日常での快適性は損なわず、それでいてスタイルも追求したい。そんな理想を現実にするのが福岡のASJ。MOPARの代名詞と言えるハイインパクトカラーを差し色として使用し、個性と気品を醸し出す。

色というキーワードで独特なスタイルを追求

MOPARの魅力と言えば、ハイパフォーマンスな走りはもちろんだが、一度見たら忘れられないほど鮮やかな、ハイインパクトカラーも魅力の1つ。だが大胆すぎるそのカラーリングは、毎日乗るには少々勇気が必要かも。ここで紹介するASJの300Cは、プラムクレイジーを前面に押し出すのでなく敢えて差し色として使用することで、他にはない存在感を打ち出している。

ボンネットからルーフ、トランク部分のツートーン化はラッピングによるものだが、そこにピンストライプを加えることで、一瞬「ペイントか?」と思えるほど。内装もアルカンターラに張り替えを行なうが、こちらも基本的にプラムクレイジーを使用。MOPARをよく知らない人にとっては派手なクルマに見えてしまうかもしれないが、知っている人からすれば「なるほど」と唸らせてくれる、ツウ好みのカスタム。

サスペンションは前後で車高のコントロールが可能で、メモリー機能なども搭載したKROOZのSTRUTフルキットをチョイス。ご覧のように着地スレスレまでのスタイルを実現するが、車高を上げれば快適な街乗りが可能なのは言うまでもない。

クライスラー300C、CHRYSLER 300C

足もとはSAVINIの22インチをチョイス。ここまでホイールを大径化するとブレーキが丸見えになってしまうが、前後共KROOZのビッグキャリパー&ローターに変更。キャリパーにはASJのロゴをあしらうなど、細部に到るまでコダワリが感じられる。クライスラー300C、CHRYSLER 300C

クライスラー300C、CHRYSLER 300C

クライスラー300C、CHRYSLER 300C

ノーズからトランクまでラッピングを実施。キャラクターラインを活かすことで、300Cの流麗さをうまく強調している。マフラーはワンオフ製作したもので、自分だけの仕様を追求する。インテリアはアルカンターラで張り替え、運転席左にエアサスのゲージを追加。もちろんここもプラムクレイジーをチョイス。行き当たりばったりでなく、トータルバランスをキチンと考えたカスタムだ。

サビーニ、SAVINI

KROOZの STRUTフルキット

フロントは245/30R22、リアは295/25R22をチョイス。SAVINIのセンターキャップもオリジナルカラーに変更し、色の統一を図る。ブレーキは前後共変更し、キャリパーにはASJのロゴを入れることで、ONE&ONLYなスタイルを実現。エアサスユニットはトランクルームにセット。比較的コンパクトなので、荷室が使えなくなるようなこともない。


Thanks:ASJ
TEL:092-410-3668
HP:http://auto-service-jun.jp


PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜

アメ車マガジン 2019年 5月号掲載


関連記事

  1. 2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK WIDEBODY[SUBLIME]、2018 DODGE CHARGER DAYTONA392[YELLOWJACKET] チャレンジャーとチャージャー、実はこの2台は双子の様な存在と言え…
  2. 1964 Plymouth Savoy 軽量でタフなポストカーなサヴォイ、スーパーストックを象徴するモデ…
  3. 2020 DODGE CHARGER SRT Hellcat Widebody DAYTONA 世界限定のデイトナ ヘルキャットよりも10hpアップの717hp…
  4. 2005 CHRYSLER 300C 他のクルマには目もくれず憧れの300Cを追う
  5. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…
  6. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り
  7. _N6I2257 メーカー自らがチューニングしたクルマ、それがSRT8【カーボック…
  8. 01_GC_Main2_opt カスタムも視野に入る 59年型シボレーインパラ【グレイスキャブ】…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×