クーペ

グレードが整理された2019年モデル、狙い目チャレンジャーに変化あり?

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK、2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019y DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK
2019y DODGE CHALLENGER R/T SHAKER Package

どっちを選ぶ?

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

 

2019年モデルでカタチこそ大きく変わらないものの、大きな変化が起きたダッジ・チャレンジャー。SRT392が消滅し、シェーカーやT/Aといった特殊グレードはオプションパッケージになるなど、全16あったグレードは6にまで減少。いち早く2019年モデルを導入するライオンハートにて狙い目のモデルを見ていこう。

 

オプション設定でグレード展開は増加

モダンマッスルを中心として、モアパワーをコマーシャルに各メーカーが競う展開が続いているが、その主役となるモデルは、やはりダッジ・チャレンジャーだ。ハイパフォーマンスのSRTを皮切りに、700馬力を超えるSRTヘルキャット、異次元の840馬力を発揮するデーモンなど、ライバルモデルと比べて頭一つ抜けた存在といえるだろう。

そのチャレンジャーの2019年モデルでは、驚くべき展開があった。デーモンは登場時点で2018年限定と発表されていたのでカタログ落ちは予想通りだが、ヘルキャットの上位モデルとして797馬力を誇るヘルキャット・レッドアイを新設。ヘルキャットも707→717馬力へとパワーアップした。

一方で、NAエンジン上位モデルであったSRT392が消滅し、R/Tスキャットパックが上位モデルに。つまり、6.4ℓV8エンジンはスキャットパック専用となる。加えてプラス、T/A、シェーカー、ワイドボディといった上位装備&個性派モデルがスタンダードから外れて、オプションパッケージとして選択することになる(設定できないグレードがあるので要注意)。車両的に面白いAWD仕様は、従来どおりのGTに加えSXTにも設定されたが、要望が多いと思われたV8には設定されていないのが少々残念ではある。

究極の選択は2台の組み合わせ?

2019年型モデルは、18年型ではスタンダードとして設定されていたシェーカーがオプションパッケージとなり、そのシェーカーパッケージを設定できるのは、V8のR/TとR/Tスキャットパックのみ。撮影した愛知県のライオンハートでは、これまで多くのチャレンジャーを販売してきたが、ボンネットから飛び出すシェーカーインテークを備えるシェーカーは常に人気モデルで、いち早く導入した19年型はR/Tにシェーカーパッケージを追加し、さらにパフォーマンスハンドリンググループと呼ばれるオプション装備なども追加し、ブレンボ4ピストンブレーキや、ハイパフォーマンスサスペンションなど、仕様的には上位のR/Tスキャットパックにも負けてはいない内容だ。

ヘルキャットほどの能力は必要ないが、パワーは欲しい。そんなオーナーの声もあることから、同ショップにはSRT392に変わるNAエンジンの上位モデルであるR/Tスキャットパックも導入。6.4ℓV8を搭載し、485馬力を発揮するパワーは圧巻。標準でブレンボ4ピストンブレーキ、ハイパフォーマンスサスペンション、ラインロックなどの充実の走行装備を備える。こちらも同ショップが追加でオプション装備を充実させ、ベーシックなR/Tスキャットパックとはワンランク上の仕様となる。

結果的にこの2台でどれがオススメかといえば難しい。モアパワーを求めるか、シェーカーインテークを求めるかだ。どちらも捨てがたければ、R/Tスキャットパックにシェーカーパッケージを追加したモデルを、ライオンハートに注文するという手もある。

2019y DODGE CHALLENGER R/T SHAKER Package
オプションパッケージとなったシェーカー

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

ギミック的な要素もあるシェーカーインテークは、見た目のインパクトはダントツ。5.7ℓV8 HEMIエンジンのスペックは、18年型から変更はない。インテリアのデザインはスキャットパックと基本同じ。メーターパネルがホワイトになっている部分が違いだろうか。

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

 

【主要諸元:2019年型ダッジ・チャレンジャーR/T】

●全長×全幅×全高:5027×1924×1460mm ●ホイールベース:2951mm ●車両重量:1923kg ●エンジン種類:V8 HEMI ●総排気量:5700ℓ ●トランスミッション:8AT ●最高出力:372hp/51500rpm ●最大トルク:55.3㎏-m/4400rpm ●ブレーキ:4輪ディスク・パフォーマンスブレーキパッケージ

※諸元表はオプションパッケージを含まないR/T標準モデル。撮影車両は ●シェイカーパッケージ ●プラスパッケージ ●ドライバーズコンビニエンスグループ ●パフォーマンスハンドリンググループのオプションパッケージを追加装備。

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019 ダッジチャレンジャー R/T SHAKER Package

2019y DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK
NAエンジンで最上位モデルとなるR/Tスキャットパック

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

SRT392とスキャットパックが共用していた6.4ℓV8エンジンは、19年型ではSRT392が消滅したためスキャットパック専用となる。8ATとの相性はバツグンで、加速の伸びは出色だ。スーパービーのロゴがシートにも入る。

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

 

【主要諸元:2019年型ダッジ・チャレンジャーR/Tスキャットパック】

●全長×全幅×全高:5027×1924×1460mm ●ホイールベース:2951mm ●車両重量:1923kg ●エンジン種類:V8 HEMI ●総排気量:6400ℓ ●トランスミッション:8AT ●最高出力:485hp/6100rpm ●最大トルク:65.7kg-m/4100rpm ●ブレーキ:4輪ディスク・ブレンボ4ピストンパフォーマンスブレーキキャリパー

撮影車両は ●アルパインオーディオグループ ●ドライバーズコンビニエンスグループ ●プラスパッケージのオプションパッケージを追加装備。他オプション ●グラナイトグレーメタリック(オプションカラー) ●スキャットパックストライプ ●サンルーフ

 

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

2019 ダッジチャレンジャーR/T SCATPACK

LIONHEART【ライオンハート】

所在地:愛知県一宮市萩原富田方上畑19-1
TEL:0586-67-1711
営業時間:10:00~21:00
定休日:第2・3水曜日
URL:http://www.lionheart2005.com

■写真/古閑章郎
■文/相馬一丈


関連記事

  1. ダッジの不思議な魅力にドップリと身を沈める
  2. 198 銘酒・越乃寒梅を作り上げる極意は、伝統と新しい発想を生む“遊び心…
  3. DSC_4517 ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】
  4. 2005 フォード マスタングGT、2005 FORD MUSTANG GT 第6世代マスタングを舞台に フルカスタムの楽しさ、ここに極まれり…
  5. CARBOX、カマロ、マスタング マスタング&カマロ好きが広島CARBOXに増加中!個性…
  6. The 2017 Camaro ZL1 is poised to challenge the most advanced performance cars in the world in any measure  Ewith unprecedented levels of technology, refinement, track capability and straight-line acceleration. A cohesive suite of performance technologies tailors ZL1’s performance, featuring an updated Magnetic Ride suspension, Performance Traction Management, electronic limited-slip differential, Custom Launch Control and Driver Mode Selector. The ZL1 Convertible’s modular underbody bracing provides the same sharp, nimble handling as the coupe, while its fully automatic top can be raised or lowered with a single button while driving up to 30 mph, or lowered remotely with the keyfob. 最強のカマロがさらに最強になった!ヘルキャットも凌駕する!? 2…
  7. 1971 PLYMOUTH BARRACUDA ‘Cuda、1971 プリマスバラクーダ クーダ 個性派プリマスの中でも尖ったマッスル「クーダ」
  8. 1969y CHEVROLET CAMARO&1970y CHEVROLET CAMARO 初代と第二世代初期モデルのカマロ。年式こそたった1年の違いではあ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×