クーペ

ヘルキャットの本性が目覚める 野生的&攻撃的なスタイル!エッジカスタムズ チャレンジャーS

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE
DODGE CHALLENGER SRT Hellcat

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

2019年4月号の表紙を飾った、ラグジの最新カスタム「チャレンジャーS」。前回はフルコンプリートモデルを紹介したが、2019年5月号ではオプションパーツが省かれた、ハーフコンプリート仕様を紹介しよう。

 

近寄りがたいほどの威圧的なオーラが漂う

東京オートサロンの会場には、2019年4月号で紹介したブルーカーボンの他に、もう一台チャレンジャーSが展示されていた。今回紹介するサブネーム「レッドアイ」は、ベースにヘルキャットをチョイス。これに前後のボディキットが追加されるが、フルコンプリートに装着されるスプリッターやカナードはオミットされており、さしずめハーフコンプリートモデルと呼ぶべきスタイル。

新たに発表されたオーバーフェンダーは、非常に独創的な形状を採用しているのが特徴。フェンダーのトップ部分をフラット気味にすることで、どの角度から見てもワイドに見えるよう計算されている。前回は光沢グロスブラックのカーボンラッピングだったが、今回のモデルはマットブラックをチョイス。ボディのブラックカーボンと相まって、近寄りがたい威圧感を醸し出すほどの変貌ぶりを遂げている。強いて言うなら、ノーマルのヘルキャットが仔猫のように見えてしまうほどだ。

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット

フルコンプリートモデルのボディキットが150万円なのに対し、ハーフコンプリートは120万円前後を予定。残念ながらパーツ単体の販売を行なう予定はなく、新車&中古車をベースにモディファイすることになる。既にチャレンジャーを所有しているオーナーは、これを期にハイパフォーマンスモデルに乗り換え、チャレンジャーSへアップグレードしてはいかがだろうか?

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、エッジカスタムズ チャレンジャーS レッドアイ

サスペンションはAIRFORCEエアサス

ヘルキャットのフロントリップは、敢えてそのまま装着。ヘッドライトの下にカラーパーツを加えることで、獰猛な雰囲気を更に際立たせる。サスペンションはAIRFORCEエアサスに変更し、極限の低さを追求する。フロントマスクの印象から、付いたサブネームは「レッドアイ」だ。

 

EDGE CUSTOMS CHALLENGER S RED EYE、ダッジチャレンジャーSRTヘルキャット

リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、 フルコンプリートモデルと同形状を装着

リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、 フルコンプリートモデルと同形状を装着

リヤディフューザーやトランクスポイラー&ガーニーフラップは、フルコンプリートモデルと同形状を装着。オーバーフェンダーが横の広がりを見せるが、スポイラーが縦の厚みを加えるので、バランスよく見える。

 

NITTO&WORKの組み合わせ

NITTO&WORKの組み合わせ

オーバーフェンダーの厚みはフロントが80mmで、リヤが120mm。ブルーカーボンと同じNITTO&WORKの組み合わせだが、ホイールのカラーをマットブラック&ブロンズにする事で、全く違った印象を受ける。

チャレンジャーS・フルコンプリートモデ

チャレンジャーS・フルコンプリートモデ

ブルーカーボンと言うサブネームを持つ、チャレンジャーSのフルコンプリートモデル。オーバーフェンダーの形状・サイズは同一だが、仕上げが変わることで印象が全く異なって見える。

Produce:LUXZ
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/

Photo:浅井岳男
Text:空野 稜


関連記事

  1. 01 人生はマスタング一色 フォードマスタング 50 Years ed…
  2. DODGE CHALLENGER SXT PLUS、ダッジチャレンジャー SXT PLUS ワイルドスピードの世界観にハマり、憧れのチャレンジャーを購入!
  3. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】
  4. 150507_0131 走りのパフォーマンスを大幅強化 1965y シボレーコルベット …
  5. 2017年 シボレーカマロLT1、2017y CHEVROLET CAMARO LT1 カスタム次第でこれほど見違える 現行カマロ×プロスピード
  6. 1973年 シボレー・カマロ、1973y CHEVROLET CAMARO 現地で丁寧にレストアされ直輸入、骨の髄まで美しいカマロZ28
  7. DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ 結婚を機にC6から、チャージャーデイトナにシフト
  8. チャレンジャー、ライオンハート 新車のチャレンジャー中心だが手の届きやすい価格も両立する良心派

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP