SUV

ノーマルと圧倒的に存在感が違う、史上最強&最速のJEEPが降臨!

2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

EDGE CUSTOMS
2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

クライスラー系モダンアメリカンがスバラシイ理由
Soul of Mopar

エンジンポテンシャルに相応しい、モンスター級のスタイルを実現!

2018年から急遽プロジェクトがスタートした、ラグジグランドチェロキー・トラックホークカスタム。遂に2019年の東京オートサロンや大阪オートメッセで、そのヴェールを脱いだが、今回はその細部に至るまで紹介しよう!

2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

SUVの持つ二面性を最大限に強調した姿

ヘルキャットと同じ、6.2ℓのスーパーチャージドV8エンジンを搭載する、トラックホークグランドチェロキーはもちろん、75年以上に渡るJEEPの歴史において、紛れもなく史上最速のモデル。そのモンスターSUVを、惜しげも無く大胆にアレンジしたのは、チャレンジャーのカスタムでおなじみのラグジだ。

毎月アメマガを読んでくれている賢明な読者ならご存知だと思うが、実は全く同じ車両が2019年の2月号に登場している。その時は、ラグジのオリジナルスポイラーを装着していたが、全体的な雰囲気はストックに近い状態。それに対し今回の仕様は、全く別の個体と思えるほどの変貌ぶりだ。

フロントリップスポイラーは前回と同じものが装着されるが、サイド部分にはカナードを追加。何よりも片側だけでフロントは約170mm、リヤは約200mmもの巨大なオーバーフェンダーや、サイドスカートを装着。オリジナルはブラック一色であったのに対し、追加パーツの端面やボディ後部をシルバーに変更する事で、疾走感やデモカーの持つ二面性を象徴しているとも言えよう。リヤセクションを見てみると、ノーマルでもディフューザー風のリヤバンパーを採用しているが、よりメリハリの効いたラインに変更。ルーフスポイラーは大型化し形状を変更。ゲートスポイラーも追加することで、ノーマルではスッキリしすぎな後ろ姿を引き締めてくれる。また、リヤバンパーはディフューザー部分を強調したスポイラーを装着。あたかもレーシングマシンのような佇まいは、ようやくエンジンポテンシャルに見合ったスタイリングになったと言えるだろう。

2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

もちろん、この巨大なオーバーフェンダーの中に収まるのは、TOYOタイヤのスポーツブランド「PROXES」で、そのSUV用最高峰モデルのS/T Ⅲをチョイス。組み合わせるホイールは、鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワン)。比較的歴史の浅い同社だが、他に類を見ない独創的なデザインを採用しているのが特徴。中でもこのX7337AP3Lは、ホイールが回転しているかのような躍動感あふれるデザインとなっている。過去、似たようなホイールは存在したが、X7337AP3Lは左右専用設計。つまり、どちらから見ても前に向かう疾走感を感じさせてくれるという訳だ。

2018 ジープグランドチェロキー トラックホーク、エッジカスタムズ、2018y Jeep Grand Cherokee TRACK HAWK

ちなみにこのオーバーフェンダー、ユーザーのリクエスト次第で発売するか決まるそう。気になる人は、ラグジにアクセスすべし!

タイヤはTOYO PROXES S/T III(295/35R22)を装着

鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワ ン)・X7337AP3L

鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワ ン)・X7337AP3L

鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワ ン)・X7337AP3L

鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワ ン)・X7337AP3L

。ブレーキキャリパー のサイドには、EDGEのロゴがあしらわれる

タイヤはTOYO PROXES S/T III(295/35R22)を装着。タイヤの外径はノーマルの295/45R20と変わりないが、20インチから22インチへと大口径化を実施。ホイールは鍛造3ピース構造の1221(トゥエルブトゥエンティワン)・X7337AP3L。リムのポリッシュとスポークのブラッシュドグロスゴールドの組み合わせが、ラグジュアリー感を漂わせつつJEEPらしい力強さも演出する。最大のポイントは本文でも述べているが、左右専用設計のデザインを採用していること。ブレーキキャリパーのサイドには、EDGEのロゴがあしらわれる。

 

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

トラックホークの純正バンパーは変更せず、そこにオリジナルのフロントリップスポイラーやカナードを追加。各部のエッジをシルバーに変更することで、ブラック一色では埋没していたキャラクターラインを際立たせることに成功。ヘッドライトはフィルムでスモークに変更。近寄りがたいオーラを醸し出している。

 

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

サイドのポイントは、何と言っても巨大なオーバーフェンダー。ただワイドにするのでなく、ボディパネルが一体となり、ここがオリジナルバンパーと繋がる形状になっているのが一体感を生み出す秘訣だ。サイドスカートはフェンダーを視覚的に繋ぐだけでなく、車高を低く見せる効果もある。リヤバンパーは、ディフューザーをより強調。

 

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

エッジカスタムズ、EDGE CUSTOMS、ラグジ、LUXZ

ノーマルのリヤスポイラーに追加するウイングや、テールゲート後端にスポイラーを追加。リヤコンビはノーマルのままだが、ハニカム柄のステッカーを追加することで、レンズガードが装着したかのような雰囲気を漂わせる。

Produce:LUXZ【ラグジ】
TEL:058-259-3922
URL:https://luxz.jp/

Photo:浅井 岳男
Text:空野 稜


関連記事

  1. 2018 Lincoln Navigator Black Label、2018 リンカーンナビゲーター ブラックレーベル 新たなデザインテーマで復活した リンカーンのフラッグシップSUV…
  2. JEEP WRANGLER UNLIMITED、ジープラングラーアンリミテッド 長年に渡り、JEEPを始めとする様々な4WDのカスタムを手掛ける…
  3. FORD BRONCO、フォードブロンコ 大人の男性をも虜にしてしまうアーリーブロンコの魅力とは
  4. 04_Side 岐阜「コンセプト」のデモカーは、JKの新スタイルを提案する!【コ…
  5. 2002 Cadillac Escalade、2002 キャデラックエスカレード 自他ともに認める「目立ち好き」だからレアものグラフィックが誘う …
  6. _N6I3704 豊富なストックの中から選ぶ喜び SUV買うならSPORT名古屋【…
  7. Chevrolet Blazer、シボレーブレイザー 本物志向のミリタリースタイルのK5ブレイザーをファミリー仕様へ大…
  8. 1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ リフトアップされたタホを一気にローダウン!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×