クーペ

初代をオマージュした、ボディカラーがイカす!2019 CHEVROLET CAMARO

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS

2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS

NEW MODEL IMPRESSION

毎年2月に行なわれる、JAIA(日本自動車輸入組合)主催の、輸入車一斉試乗会。その年の輸入車シーンを占う意味で、本誌・アメ車マガジンも積極的に参加しているが、さて、2019年、アメ車の動向はどうだろう? 気になるあのクルマは? さあ、乗りまくるぜ!

 

2019カマロが早くも登場記念限定車にシビれる!!

2015年に第6世代へと進化したカマロ。ボディサイズは先代より少しコンパクトになったが、ワイド&ローを強調した筋肉質なフォルムは、ネオ・マッスル界を牽引するのに十分な存在感を放っている。さらに2019年モデルではマイナーチェンジが行なわれて大幅なフェイスリフトを実施。と同時に、そのデビューを記念した限定モデル「ローンチエディション」が、各グレードに設定されている。

新開発の2.0ℓターボエンジンを搭載する「クーペLT LS」は限定20台、そしてカマロ史上、最強の6.2ℓV8を搭載する「クーペSS」は限定30台。何よりインパクトがあったのが、そのボディカラー。初代カマロに採用され、そのヘリテージを象徴する鮮烈なオレンジのカラー「クラッシュ」。それにブラックデカールやブラックペインテッドホイールを組み合わせ、よりいっそうのスポーティさとパワフルな印象をアピールしているのだ。あとあと、相当な価値の出るモデル…となるのは、間違いなし!

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS

さて、そんなワケで早速、そのパフォーマンスをチェックしよう。今回試乗できたのは「カマロ・ローンチエディションLT RS」。つまり2.0ℓターボ搭載車だ。ホンネを言えば453psのLT1エンジン+10速AT搭載の史上最強グレード「SS」を試してみたかったところだが、それは今後のお楽しみに。

しかし、275psの2.0ℓターボ+8速ATの走りだって、けっして負けていない。エンジントルクの美味しいところをATがきめ細かくピックアップしてくるので、フル加速時のターボラグもほとんど感じず、一気に軽量なボディをここでは書けないスピード域まで持っていく。サスペンションもピシっと引き締まって、リニアなハンドリングを生み出す。何よりハイウェイのクルーズではさほどの足回りの硬さも感じさせず、もっともっと長距離を走ってみたくなってしまうだろう。

まあ、2.0ℓの直4エンジン…というと、V8にこだわるアメ車マニアからはネガな意見も聞こえてきそうだが、全然、卑屈になることはない! そう、アメ車だって、時代はダウンサイジング。2.0ℓならエコで燃費は良いだろうし、ニッポン国内の税金だって有利。そしてこのパフォーマンスなら、V8とだって十分、勝負になる! はっきり言って乗る前は、レポーターも2.0ℓには疑心暗鬼だったが、見直したぜ!

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

初代以来のカマロのDNAを受け継ぎながら、さらに洗練されたフォルムを実現。力強く、マッシブにデザインされたフロントフェイスには、シャープなLEDヘッドライトを公開的に配置。リアコンビネーションランプもLEDを採用しながら、初代をオマージュしたデザインだ。ボディカラーは、鮮烈な“クラッシュ”。これも初代カマロのヘリテージを象徴している。

 

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS

シート表皮には上質なレザーを採用。運転席と助手席にはシートヒーターとベンチレーションを装備し、スポーツバケット形状と相まって、快適なロングドライブを提供してくれる。トランクルームのユーティリティが、期待以上に確保されていることに驚いたのだ。

 

フ ロータイと名付けられ、輪郭だけを残した構造

フロントグリルのエンブレム、ただのシボレーのボータイじゃない!フロータイと名付けられ、輪郭だけを残した構造で、真ん中は空気の通り道になっているのだ。このためエンジンルーム内のクーリングにも貢献。開発テストでは空気の流れを1分間に約3m増加させたのだそう。

 

2019 シボレーカマロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマロ・ローンチエディションLT RS

2019 シボレーカマロ・ローンチエディションLT RS

使用するギミックにもこだわり抜き、質感を高めたコクピット。センターパネルにはドライビングをさらなる次元へと引き上げる、次世代シボレーMyLinkインフォテイメントシステムを搭載。直感的に操作できる8インチの高解像ディスプレイ、同時に2名がBluetooth機能が利用できる。

 

2.0ℓ 直4直噴インタクーラーターボ

LT RS(そしてコンバーチブルにも)に搭載されるのは2.0ℓ直4直噴インタクーラーターボ。8速AT(パドルシフト付き)と組み合わされ、275ps&40.8kg-mを発生する。最大トルクは3000~4000rpmの広い回転域で発揮、これがよどみない加速レスポンスのポイントだ。3モードのドライバーモードセレクターなど、ドライビングを楽しむ装備も充実だ。

GM JAPAN
TEL:0120-711-276
URL:https://www.gmjapan.co.jp

Photo:浅井岳男
Text:高坂義信


関連記事

  1. DODGE CHALLENGER SXT PLUS、ダッジチャレンジャー SXT PLUS ワイルドスピードの世界観にハマり、憧れのチャレンジャーを購入!
  2. N6I4992 現行型マスタング専用、P51がステキすぎる!!【THX&CO】
  3. CHEVROLET SILVERADO、シボレーシルバラード シンプルながらもワイルドなストリートリフトスタイルを具現化させた…
  4. Scat Pack 1320 ネーミングの「1320」はドラッグレースのスタートからゴールまで…
  5. アメマガガール、2018 DODGE CHALLENGER SCATPACK Shaker チャレンジャーならLUXZ、訪問して感じた安心感が決め手
  6. ダッジチャレンジャー、チャレンジャー、CHALLENGER カスタム作業を実行に移すべく、チャレンジャーはラグジの元へ
  7. Chevy Chevelle、シェビーシェベル スニーカー感覚で乗れるヤレたシェベルがお気に入り
  8. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×