セダン

超最先端!バカっ速の100%EV 2019 TESLA MODEL S

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

2019 TESLA MODEL S

NEW MODEL IMPRESSION

圧倒的な加速と自動運転の未来

電気自動車メーカーとしてテスラがそのデビューモデルをリリースしたのが2008年。ロードスターがその最初のモデルだったが、翌2009年には今回のモデルSを発売している。

より一般ユーザーにアピールする4ドアセダンで、もちろん、テスラの中核を担うモデル、と言っていいだろう。グレード分けは搭載するバッテリーの容量で設定され、今回JAIAに登場した「P100D」は、もっともハイパフォーマンスなモデルとされる。

パワートレーンはデュアルモーターAWD。フロントとリアの各車軸に1つずつ割り当てられた強力なモーターで発生するトルクを独立的にデジタル制御。その加速性能も圧倒的で、0→100km/h加速、実に2.6秒を達成している。実際にドライブしてみても、その速さは驚愕! ハイパフォーマンスなサーキットモデルでさえ、このクルマにはかなわないんじゃないか、と思わせるくらいなのだ。そして、何度もフル加速を試していると、気持ち悪くなるくらい…。

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

そして、この圧巻の走りとともに特徴的なのが、完全自動運転対応のハードウェアを用意していること。新たに投入されたエンハンスオートパイロットは、8台のサラウンドカメラや12個の超音波センサーによって稼働。悪天候時も含め、あらゆる交通状況に応じてスピード、操舵、高速高速道路の乗り継ぎ、駐車まで、自動的に行なう。

とまあ、今回の短時間の試乗ではそこまで試すことはできなかったが、装備や乗り味などに未来的なパフォーマンスを垣間見ることができた。今後、どんなふうに進化するのか? 見守ろう。

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

タイヤ&ホイールは、ハイパフォーマンスタイプの19インチを装着。エコ的にもアドバンテージがある。サイドに回り込んだリアコンビランプの一部をオープンして給電する。

 

2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S

日本向けには右ハンドルを設定。ステアリングもアクセルも不要な自動運転が可能なのだ。センターパネルは大画面モニターがあり、ここで車両を制御。電脳感満点だ。

TESLA JAPAN
TEL:0120-982-428
URL:https://www.tesla.com/jp

■Photo:浅井岳男
■ Text:高坂義信


関連記事

  1. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り
  2. _DSC77677 “悪さ” を追求してたどり着いたアウトローダークスタイル クライ…
  3. DSC_2808_opt せっかくカスタムするならオンリーワンでもさり気なくがキーワード …
  4. DSC_1899 彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー…
  5. DSC_8263 惹かれた一番の要因はフロントフェイス クライスラー300C MA…
  6. DSC_8443 参加したアメ車ミーティングでダッジチャージャーに一目惚れ! YU…
  7. アメマガガール、2018 DODGE CHARGER アメ車ズラリの職場で感じる、実用性重視のアメ車選び
  8. _8MA2237 オリジナルの良さを伸ばしカスタム魂を刺激させる!ダッジチャージャ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×