OTHER

スタイルと走りを徹底的に追求し、エアサスやホイールをワンオフ製作

1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA

1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA

1973y DE TOMASO PANTERA

SOUL OF FORD NEVER ENDS
果てしなく続く熱きフォード魂

1971年のデビュー以来、様々な改良を施され20年以上に渡り生産されたデ・トマソ パンテーラ。なぜイタリア車がここに登場するのか? と思う人も少なくないと思うが、パンテーラのパワーユニットはFORDの351クリーブランド。そう、パンテーラはアメリカンハーフと言える存在なのだ。

ノーマルにこだわらず、各部を徹底的に改良!

ビンテージカーを好む人は、大きく2つに別れる。フルノーマルにこだわる、いわゆるナンバーズマッチ派。そして、ノーマルにはこだわらず、技術の進化に合わせ機能を常に追求し続けるスタイルだ。もちろん今回紹介するパンテーラは後者で、日本中のパンテーラオーナーの駆け込み寺として名高い、リスキービジネス・岡田代表の愛車でもある。基本的にはアメ車が好きだと語るが、ジャンルを問わず好みのクルマを手掛け続けており、パンテーラのポテンシャルを最大限に引き出した結果、現在のスタイルに到達したそう。余談だが、SNSにこのパンテーラの姿を投稿したところ、世界中から賛否両論の声が届いたとか。

1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA

最大の特徴はフロントが106mm、リアは225mm(共に片側)ワイドとなる、オリジナルのカーボンフェンダーの装着。これにより、全幅は2004mmへと拡大。それによりリアタイヤは、335/35R17を装着している。ノーマルでも全高は1100mmだが、ライドテックのエアサスをワンオフで製作してもらい、極限の低さも追求。ちなみにホイールもライドテックを手掛ける福岡のクルーズオリジナルで、世界に4本しかない特注品。ブレーキシステムもホイールの形状に合わせナックル部分から製作し、ドリルドスリット&ビッグキャリパーに変更。確実な制動性能も確保している。

ここまで手が加わると、さぞかし神経質なクルマなのでは? と岡田さんに聞いたところ「キチンと整備すれば普通に乗れますよ」とのこと。助手席に乗せさせて頂いたが、意外なほど視界は普通。信号待ちで、他のクルマと並んで初めてその低さを実感できるほどだ。他車との決定的な違いは、走行中にエンジンサウンドが自分の後ろから聞こえてくることで、実に新鮮! FORDの走りのマインドを心底味わえる、究極の1台に仕上げられている。

エンジンはFORDの351(5.8ℓ)V8を搭載

1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA

エンジンはFORDの351(5.8ℓ)V8を搭載。製造工場の地名に基づいてクリーブランドの愛称が付けられるが、アメ車の見慣れたスタイルとは異なり、8個のファンネルがむき出しとなる。その姿はまさにレーシングカーそのもの。左右両バンクからそのまま後方に伸びるエキゾーストパイプは、ボディの中央出しという斬新なスタイルを形作る。奏でられるサウンドは、FORD GT40を彷彿とさせるような非常に甲高いもので、アメ車的なV8サウンドとはかなり異なる。

 

1973 デ・トマソ パンテーラ、1973 DE TOMASO PANTERA

1973 デ・トマソ パンテーラ

1973 デ・トマソ パンテーラ

通常のヘッドライトはリトラクタブル式だが、エア抜けの良さとダウンフォースを稼ぐため固定式に変更。ちなみにライト本体はムーブカスタムの物で、バイク用の広角ミラーを使用。結果的にデ・トマソのマングスタ的な雰囲気を醸し出すことに成功している。

 

アメリカ製のダッシュボードに変更するが、反射を防ぐためにマットクリアにペイント。計器類はすべてオートメーターに変更し、信頼性を向上させている。ミッションは5MTで、シフト手前にエアサスのコントローラーを設置する。

 

エアサスを下げても、きちんとステアリングが切れるようにオーバーフェンダーをデザイン。また独特なホイール形状を損なわないように、エアバルブをディスクの裏側に設置。フロントタイヤは245/40R17で、リアは335/35R17を装着。ホイールはフロント10J、リア15Jと、最新のスーパーカーに匹敵するスタイルを実現。

 

ノーズのトランクスペースに、エアサスタンクやユニットを設置。ライドテックのデジタル仕様で、3段階のメモリー機能も備わる。スペースが厳しく、クルーズでは開発にかなり苦労したそうだ。

Thanks:Risky Business
TEL:052-890-3206

■Photo:浅井岳男
■Text:空野稜


関連記事

  1. マスタングシェルビーGT350 大排気量NAエンジンを6速マニュアルで思いのままに!マスタングシ…
  2. アイファイブ、I-5 アイファイブならではの確固たるスタンスは、リニューアルしても変わ…
  3. CORVETTE C1、C1コルベット コルベットヒストリー①【1953~1962 コルベットC1】
  4. 1956 BELAIR、1956 ベルエア クルマは走ってナンボ!ビンテージカーだって快適・快速がイイ
  5. CA4R0015 チャレンジャーカスタムに旋風を起こす噂のモデルが次なる一歩を踏み…
  6. 2013y DODGE CHALLENGER SRT8 HPE600、ダッジチャレンジャーSRT8 マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進…
  7. 1969 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY コルベットは非日常へと連れ出してくれるオモチャ
  8. 2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG 走りと経済性のバランスが取れた、マスタングエコブーストモデル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×