SUV

エクスプローラーを超える存在感と機能性のエクスペディション

2018y FORD EXPEDITION XLT、2018y フォードエクスペディションXLT

2018y FORD EXPEDITION XLT、2018y フォードエクスペディションXLT

2018y FORD EXPEDITION XLT

SOUL OF FORD NEVER ENDS
果てしなく続く熱きフォード魂

フルモデルチェンジで一新、使いやすさとスケール感は抜群

フォードのSUVと言えばエクスプローラーが代表的。しかし、扱いやすいサイズである半面、アメ車らしいスケール感の点で物足りなさを感じる人もいるだろう。そこで提案したいのが、ワンランク上のボディサイズを持つエクスペディションという選択肢だ。

 

オプション満載のXLTという贅沢

独自のルートでアメ車を直輸入し、その品ぞろえの充実ぶりで知られる名古屋市の老舗WHAコーポレーションでは今、2018年モデルから4世代目となったフォード・エクスペディションを展示している。

エクスペディションは現在、XLT、リミテッド、プラチナムという3段階のグレードが設けられており、それぞれにボディを延伸したMAXが設定されている。

取材時点で同店に置かれていたエクスペディションは、XLTの4WD。オプション装備が豪華に追加され、上級グレードに匹敵する贅沢装備を備えている。

フロントシートの10ウェイ電動や電動ミラーなどが含まれる「201A」、アダプティブクルーズコントロールやレーンキープアシストなどの「ドライバー・アシストパッケージ」、ホイールやタイヤ、プレミアムショックなどが含まれる「FX4オフロードパッケージ」、そして、スマホなどのクルマへの接続・充電を容易にする「コネクティビティ・パッケージ」。最廉価グレードでベース価格を抑えつつ、しかし利便性を損なわない装備を備えるなど、見事な仕様だと言える。

正直エクスペディションは、日本で見かけることが少ない希少種だ。しかし、程よくアメ車らしく、触れてみれば満足度が高い。人気のエクスプローラーとの比較検討も十分ありだろう。

ヘルキャット・ワイドボディが、WHAコーポレーションに到着!

ジープのスタイルや個性を守りながらも性能や機能が進化した新世代ラングラー【WHAコーポレーション】

2018y FORD EXPEDITION XLT、2018y フォードエクスペディションXLT

サイズ感をシボレー車と比較すると、タホとサバーバンの中間あたりに相当する。スリーサイズは全長5334mm、全幅2029mm、全高1940mmで、さらに大きなグレードとしてMAXもある。

 

このエクスペディションに設定されているパワーユニットは、3.5ℓエコブーストV6エンジン。400hp/5000rpm、66.3kg-m/2250rpmを発揮する。今どきのクルマらしくオートのスタート&ストップ機能が搭載され、10速ATが組み合わされる。

 

今回のモデルは、オプションの「FX4オフロードパッケージ」をセレクトしてあり、18インチホイールやプレミアムショック、クロームプレートのステップなどが追加されている。

 

シフト操作や2WD・4WD切り替えはダイヤル式。人気のオプションである大きなサンルーフ「パノラミックビスタルーフ」を装備。また、オプションパッケージ「コネクティビティパッケージ」により、USBポートや無接点充電パッドが備わっている。

 

3列シートで乗車定員は8人乗り。3列目シートへのアクセスは2列目を倒して乗り込むオーソドックスなスタイル。2~3列目シートは個別にリクライニングが可能で、足元空間の余裕感がかなり高い。大人数が乗り込む機会が多いなら助かるだろう。

 

HACH0299

トランクルームの広大さもエクスプローラーの上をいく。トランクはスイッチひとつで電動開閉できるうえ、足をトランク下に入れればセンサーが感知して開いてくれる。さらに、2~3列目は電動可倒式になっており、トランク側のスイッチで操作できる。

Thanks:WHAコーポレーション
TEL:052-523-3003
URL:https://wha.co.jp

◆Photo&Text/加藤山往


関連記事

  1. 2007 FORD E-150 XLT、2007 フォードE-150 XLT 色々な意味で、アメ車らしさを感じられるクルマ:フォードE-150…
  2. GMC Yukon Denali、GMCユーコンデナリ カジュアルにも使える豪華装備充実のデナリ
  3. DSC_8025 エスカレード狙いが試乗してリンカーンナビゲーターに NOZOMI…
  4. b 大胆不敵とも思えるアイディアを実現して見せる【タイガーオート】
  5. DSC_1512 とにかくブレイザーが好きで購入、彼女のスクエアトラックは男勝りな…
  6. 0S7A0117_opt グローバルスペックの最高級SUV キャデラックエスカレード【バー…
  7. 1998 CHEVROLET TAHOE、1999 CHEVROLET TAHOE レーストラック流の味付けで90年代モデルの魅力をブラッシュアップ…
  8. 2012y フォードシェルビーGT500SVT、2012y FORD SHELBY GT500 SVT 誰でも乗れるクルマには乗りたくない、目指すは究極のシェルビーGT…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×