ピックアップトラック

ベッドにバイクを積載、さらにジェットまで牽引する圧巻のF‐350

2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ

2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ

2006y FORD F-350 XLT SUPER DUTY with MOTOCROSS BIKE & JET SKI
owner:WK

SOUL OF FORD NEVER ENDS
果てしなく続く熱きフォード魂

ただでさえひと際大きなフルサイズトラックであるスーパーデューティ。その長さにジェットスキー用トレーラーが加わることで、もはや全長は大型トラックレベル。マリンレジャーやモーターサイクルスポーツに大活躍!遊びの達人が愛用するF-350の魅力に迫る!

 

フォード特集にピッタリなユーザーを検討するなかで、以前F‐150をベースにスラムド、ベッド部をリアルウッドでDIY製作して乗っているオーナーがBBQミーティングに参加していたことを思い出してコンタクトを取った。連絡すると、そのクルマは既に売却してしまったそうで諦めかけたが「今はF‐350に乗っています!」と願ったり叶ったりの返答を受けて即取材を決行。聞くところによるとジェットを牽引して遊んでいるらしく、当日姿を現すと、ジェットの牽引のみならずベッドにはバイクを積載。しかも6インチリフト+37インチ履きといった圧巻のスタイル。

実は14年ほど前からバイクが趣味で、ベッドにバイクを積んでトラッキンライフを楽しむのが夢だったとのこと。しかし、以前愛用していたスラムドで積載性を犠牲にしたF‐150では無謀。そんな中、偶然見つけたのがこのF‐350。バイクを積むにはちょっと車高がネックとなるものの、「ラダーを工夫して何とか積める様になりました!」と笑顔で語るWK氏。マリンスポーツやバイクのサーキットコースへと頻繁に移動を重ねる中で、このクルマを選んで良かったなと思うのは、やはり6ℓ V8ディーゼルのトルクフルなパフォーマンス。そしてワイルドな見た目とは裏腹にマイルドな燃費。多少取り回しに気を使っても、余裕の積載性とパワフルさは格別と語る。

2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ、2006 FORD F-150 XLT SUPER DUTY

遊びの達人=SUVの図式が一般的ではあるが、突き詰めていくとどんな積載物でも余裕で積めて、泥だらけでも絵になるフルサイズトラックこそ、遊びの達人が愛用するのにもっとも適したクルマなのかもしれない。動を重ねる中で、このクルマを選んで良かったなと思うのは、やはり6ℓ V8ディーゼルのトルクフルなパフォーマンス。そしてワイルドな見た目とは裏腹にマイルドな燃費。多少取り回しに気を使っても、余裕の積載性とパワフルさは格別と語る。

遊びの達人=SUVの図式が一般的ではあるが、突き詰めていくとどんな積載物でも余裕で積めて、泥だらけでも絵になるフルサイズトラックこそ、遊びの達人が愛用するのにもっとも適したクルマなのかもしれない。

2006 フォード F-350 XLT スーパーデューティ、2006 FORD F-150 XLT SUPER DUTY

ビレットグリル

高年式用のトーイングミラー

ルーフにはキャリア&デュアルLEDバー

電動昇降式のAMPサイドステップ

乗降性を考慮しつつもサイドフォルムを犠牲にしない電動昇降式のAMPサイドステップに、ルーフにはキャリア&デュアルLEDバーを装備する。高年式モデル用のトーイングミラーの換装やビレットグリルなど、F-350の良さを崩さない様に程よくカスタムされており、ルーフキャリアはベッドにバイクを3台積載した際の収納スペースとしても活躍。ちなみにオーバーフェンダーは、13.5Jのマッドグラップラーに合わせたひと回りワイドなポケットスタイルに換装済み。それでも少しはみ出すため、公道走行時はラバーフェンダーを追加して対処している。

 

325hpを誇る6ℓV8ディーゼルエンジンを搭載するF-350

325hpを誇る6ℓV8ディーゼルエンジンを搭載するF-350。5速ATにトーイングモードを備えており、ジェット牽引に適したパフォーマンスと、ディーゼルならではの粘り強いトルクが重量級ボディを感じさせない走りを支える。

 

FUEL20インチでマッドグラップラー(37×13.5R20)を履きこなすボトムス

6インチリフトアップキット

6インチリフトアップキット

6インチリフトアップキットを組み、FUEL20インチでマッドグラップラー(37×13.5R20)を履きこなすボトムス。タイヤ外径と車高の高さに見合うストロークの長いショックの採用で乗り心地も上々。40インチも履けそうなタイヤクリアランスではあるが、バイクを積むことを考慮し、現状で留めている。

 

CRM250のほか、アドレス125、シグナスXと3台所有して週末などにサーキットでモータースポーツを楽しむWK氏。バイク積載用の固定台座は各パイプを使ってDIYで製作。

 

YAMAHA FXSHO

3年ほど前から新たな趣味の一つとして加わったジェットスキー。近郊の淡路島や四国へとF-350で牽引して、シーズンになるとマリンスポーツを堪能。愛用しているのはYAMAHAのFX SHO。


関連記事

  1. 2017 Ram Power Wagon Crew Cab 4x4 元祖4×4トラック一新【2017 RAM POWER WAGON…
  2. 2010y フォードマスタングGT エレノアVer、2010y FORD MUSTANG GT ELEANOR Ver アメ車が気になりだし、カーボックスで見たマスタング・エレノアに一…
  3. トヨタタンドラ、TOYOTA TUNDRA、Honey D、ハニーD ハニーDがタンドラカスタムシーンの可能性をより一層深める
  4. FORD MUSTANG GT Fastback、フォードマスタングGT ファストバック 若くしてマスタングを乗りこなす彼に、愛車の魅力を聞いた。
  5. リンカーンマークLT、LINCOLN MARK LT、アメマガガール 試乗車で体験してほしい、アメ車は「意外と乗りやすい」
  6. 1975y FORD MUSTANG ⅡGHIA、フォードマスタングⅡGHIA 今やマスタングシリーズの中でもっとも希少なマスタングⅡGHIA
  7. GMC SIERRA、CHEVROLET TAHOE SUVからバン、パッセンジャーまで幅広いラインアップを誇る、札幌…
  8. 2013y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver、2010y Ford Mustang 4.6GT ELEANOR Ver、2014y Ford Mustang 5.0GT ELEANOR Ver 恐らく日本で一番多くのエレノアマスタングが並ぶのは広島のカーボッ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×