クーペ

モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデルはさらに熟成が進む

ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット

ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット

Dodge Challenger R/T Scat Pack Widebody
Dodge Charger SRT Hellcat

THE LATEST OF DODGE BROTHERS

最新の2019年モデルが各メーカーから発表されるなか、モダンマッスル人気を牽引するチャレンジャーチャージャーもさらに深化。熟成が進んで一段と輝きを増したダッジ・ブラザーズから目が離せない。

 

さらなる深化を遂げた2019年モデル

モダンマッスル隆盛のキッカケとなったのは5代目マスタングの大ヒットだった。それに続けとばかりにダッジはチャレンジャーに、シボレーはカマロにレトロテイストを取り入れて市場へと投入して現在の状況を作り出したわけだが、今やモダンマッスルの人気を牽引しているのはチャレンジャーであると断言してもいい。それに同じLXプラットフォームを共用しているチャージャーもそれを後押ししていると言えるだろう。

そんなダッジブラザーズの2019年モデルだが、2018年モデルまでとは打って変わり、グレードが見直されてチャレンジャーは15から6に、チャージャーは9から5へとを縮小。だが、弾かれたグレードはオプションとして選択できることになっている。そしてチャレンジャーは、これまで最上位であったヘルキャットの上に797hpを誇るヘルキャット・レッドアイを新設。ヘルキャットも707hpから717hpへとアワーアップ。チャージャー・ヘルキャットは変わらず707hpのまま。さらにこれら以外にもリファインが施され熟成を図っている。

Dodge Challenger R/T Scat Pack Widebody

Dodge Charger SRT Hellcat

そんな最新モデルのチャレンジャーチャージャーを日本へとインポートしているのが「スペース横浜」。ちなみにショールームには紹介した2台以外にも最新モデルがズラリと並ぶ。価値ある一台を手にしたいなら訪れてみてはいかがだろうか。

Dodge Charger SRT Hellcat

ダッジチャージャーSRT ヘルキャット

日本に最速で入庫したハイパワーセダン

チャージャーのグレードバリエーションでトップに君臨するのがヘルキャット。最高出力707hpを叩き出すV8/6.2ℓスーパーチャージドHEMIを搭載するモンスターマシン。世界的にみてもセダンで700hpを発揮するモデルなんてそうはない。しかも日本へとインポートされた台数はチャレンジャー・ヘルキャットよりも少ないため、お目にかかれたらそれこそラッキーと言えるだろう。しかも撮影車両は最新の2019年モデルで、最速で日本へとインポートされた車両。編集者冥利に尽きる。

ちなみにチャージャー・ヘルキャットは、チャレンジャー・ヘルキャットと時を同じくしてラインナップに加わり、2019年モデルでも継続。チャレンジャー・ヘルキャットはこれまでよりも10hpアップして717hpへと高められているが、チャージャー・ヘルキャットはこれまでと同じく707hpのまま。ナゼ同じにしなかったのか? という疑問は残るものの、707hpもあればそれこそ手に余る。

Dodge Charger SRT Hellcat

そんな2019年モデルではデュアルインレットを備えたグリルや、ローンチアシストやラインロックを装備するなど、ブラッシュアップされている。

 

ヘルキャットに搭載されるエンジンはV8/6.2ℓHEMI。これにスーパーチャージャーを追加して、最高出力は707hp、最大トルクは650lb-ft(89.8㎏-m)を叩き出す。スイッチを押してエンジンを掛けた瞬間に放たれる甲高いサウンドが胸を躍らせる。

 

2019年モデルではフロントマスクが改良されており、ヘルキャットとR/Tスキャットパックには、デュアルインレットを備えたパフォーマンスグリルが装着され、クーリング性能を高めている。

 

ダッジチャージャーSRT ヘルキャット

インパネ中央のタッチスクリーンではApple CarPlayなどの操作はもちろんのこと、新たに追加されたローンチアシストやラインロックの調整だけでなく、各種走行モードの切り替えが可能となっている。

 

20インチアルミホイールに、F/6ポッド、R/4ポッドのブレンボ製ウルトラハイパフォーマンスブレーキシステムを装備。

Dodge Challenger R/T Scat Pack Widebody

ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ

オプションでワイドボディの選択が可能に

チャレンジャーの2019年モデルのグレードバリエーションは、もっともスタンダードなSXTからスタートし、GTR/TR/TスキャットパックSRTヘルキャット、そしてトップとなるSRTヘルキャット・レッドアイの6種類をラインナップ。それにしても2018年モデルは15種類あったグレードが6種類にまで減少したことは驚きであった。そしてこれまでラインナップに名を連ねていたPLUS、T/A、SHAKER、WIDEBODYはオプションにて選択する形へと移行されている。

撮影車両はR/Tスキャットパックだが、オプションのワイドボディ(SRTヘルキャットSRTヘルキャット・レッドアイにも設定)を選択しているため、文字通り見た目にもワイド。ちなみにショップには同モデルのスタンダードボディも展示してあったのだが、見比べるとワイドボディに軍配が上がる。やはり3.5インチの差は大きい。

ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ

またボディカラーに関してだが、シカゴオートショーにてサブライムグリーンを追加するというアナウンスもあり、全14色の中から選択可能。撮影車両は人気のB5ブルーをチョイス。

 

これまでヘルキャットだけが装備していた中央部をくり抜いた形のエアキャッチャーヘッドランプだが、R/Tスキャットパックにも装備され、しかもこれまでは片方だけだったのだが、両方のヘッドライトに装備されるようになった。

 

チャージャーに比べ、チャレンジャーは運転席を取り囲む様に配置されれているのが特徴のインテリア。シートもバケットタイプでホールド性も十分。

 

R/Tスキャットパックに搭載されるエンジンはV8/6.4ℓHEMI。最高出力は485hp、最大トルクは475lb-ft(65.5kg-m)ということで2018年モデルと違いはない。レッドアイの797hpに比べると数値的に物足りなさを感じるかもしれないが、十分過ぎるポテンシャルである。

 

2018年モデルまではヘルキャットだけがワイドボディをラインナップしていたが、2019年モデルからはR/Tスキャットパック、SRTヘルキャット、SRTヘルキャット・レッドアイにオプションとしてワイドボディが設定されている。

Thanks:SPACE YOKOHAMA
TEL:045-530-0139
HP:https://www.space-jp.jp


関連記事

  1. シボレーコルベット、ハマーH2 MSTに集う若きアメ車オーナーたち コルベット&H2
  2. 2019 テスラ モデルS、2019 TESLA MODEL S 超最先端!バカっ速の100%EV 2019 TESLA MODE…
  3. DSC_6328 圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラ…
  4. _B0V0908 クライスラー300用GIMMICフルエアロ!自由自在なオンリーワ…
  5. Chevy Chevelle、シェビーシェベル スニーカー感覚で乗れるヤレたシェベルがお気に入り
  6. RSF_3242 初のアメ車は一目惚れで手に入れたキャデラックブロアム Nextc…
  7. 2010 CHRYSLER 300C SRT8、2010 クライスラー300C SRT8 300Cにマグナムフェイスをスワップし 24インチを収める究極加…
  8. 1970 Plymouth Hemi ‘Cuda、1970 プリマス バラクーダ クーダ 圧倒的なポテンシャルを誇るバラクーダ「クーダ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×