セダン

素朴なスタイリングのなんかイイカンジな奴 プリマスヴァリアント

1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント

1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント

1968 PLYMOUTH VALIANT

矍鑠たるビンテージ・モパー
VINTAGE MOPAR FANATICS

フォードもいい、GMもいい、しかし、もっとも「アメ車らしく」、エキゾチックなのはMOPARだろう。コアなファンの多いMOPARだが、今回は矍鑠(かくしゃく)としている…年月が経っても元気に凛としている「ビンテージ・モパー」にスポットを当てることにした。一度ハマってしまったら逃れることのできない、魅力的なMOPARの世界へようこそ。

 

北米だけでなく南米や豪州、アフリカ、欧州と非常に広範囲でリリースされた、今で言う世界戦略車というべき存在のバリアント。今回紹介する1968年型は2ドアでありながらセダンという、一風変わったスタイリングが特徴で、マッスルカーのような攻撃的なオーラは皆無。

ある意味素朴なスタイリングが魅力で、東海カーズの細井さんもその魅力にすぐには気づかず何度か見るうちに「カッコいいかもしれない…」と思うようになったとか。日本の道路事情にちょうど良いサイズで、カブらないクルマが欲しい人に最適な1台だ。

1968 PLYMOUTH VALIANT、プリマスヴァリアント

2ドアでありながらセダンという、ゆるふわな雰囲気がこのクルマの魅力の1つ。エッジの効いたシャープなボディラインは控えめだがさりげなく主張。例えて言うなら、幼馴染の女子の魅力に今さら気づいたような…、そんなテイストを感じさせる。

 

プリマスヴァリアント

 

プリマスヴァリアント

プリマスヴァリアント

ベンチシート&コラムという、当時のオーソドックスなスタイルで、6人乗車が可能。直線基調で横方向に広がるインパネは、往時のスタンダードな雰囲気を十二分に感じさせてくれる。トランクは深くはないが、非常に広々としているので、実用性は高い。

 

エンジンは225ci(3.7ℓ)の直列6気筒を搭載。V8のような独特なサウンドはないものの、非常にスムーズ。コラムの3AT も扱いやすく、今回取り上げたクルマの中では、一番気楽に街乗りができると言える。

 

フロントは独立懸架で、リヤはリーフリジッド式サスペンションを採用。タイヤは205/70R14と今では考えられないようなサイズだが、当時ではごく普通のサイズ。ホワイトリボンにすることで、往年のスタイルを演出する。

Tokai Cars
Location:愛知県豊川市東名町1-25
Phone:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com

Photo:Takeo Asai
Text:Ryo Sorano


関連記事

  1. 735 900hpを超えた超モンスター SRTヘルキャットチューニング【…
  2. 1970y PLYMOUTH DUSTER、1970年 プリマス ダスター アメ車としては比較的コンパクトなボディのダスター。最強モデルと言…
  3. 1963y Chevrolet CORVETTE C2、1963y シボレーコルベット C2 希少価値の高いC2コルベットスティングレイのスプリットリアウィン…
  4. 0S7A9803_opt.jpeg 455モーターによるマッシブなポテンシャルを持つマニアックな車 …
  5. 1969 Plymouth Road Runner、1969 プリマス ロードランナー 激レアなプリマスロードランナー・コンバーチブル
  6. 名称未設定 1 のコピー 標準で440エンジンを搭載するGTX / 高い運動性を誇るダスタ…
  7. 1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム ファイヤーバードのトップグレードがトランザムだ!
  8. _N6I65760 ワッツのC10は、見た目以上に現代的に仕上げられているのが特徴。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×