OTHER

最高に神なバラクーダAARクーダの存在感

1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA、プリマスAARクーダ

1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA、プリマスAARクーダ

1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA

矍鑠たるビンテージ・モパー
VINTAGE MOPAR FANATICS

フォードもいい、GMもいい、しかし、もっとも「アメ車らしく」、エキゾチックなのはMOPARだろう。コアなファンの多いMOPARだが、今回は矍鑠(かくしゃく)としている…年月が経っても元気に凛としている「ビンテージ・モパー」にスポットを当てることにした。一度ハマってしまったら逃れることのできない、魅力的なMOPARの世界へようこそ。

 

ビンテージマッスルの中でも、圧倒的な人気を誇るチャレンジャー。そのチャレンジャーとボディを共通化したのが、このバラクーダ。理屈抜きに誰が見ても「カッコいい!」と思えるそのスタイルは、半世紀近く経っても色あせることはない。

このAARクーダは、トランザムレースのホモロゲーションを取得するモデルとして発売されたもので、エンジンは340のV8に6PACKが装備されていた。オリジナルスタイルをキープしているが、意外なほど乗りやすく、休日だけ乗るのは勿体ないと思えるほどのコンディションを誇る。

1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA、プリマスAARクーダ

1970 PLYMOUTH AAR ‘CUDA、プリマスAARクーダ

プラムクレイジーの大胆なカラーリングやマットブラックのフードに加え、AARのデカールがいかにもアメリカな雰囲気を感じさせてくれる。トランザムレースのホモロゲを取得するため、フードはファイバー製となり軽量化も実施されているのだ。

 

横基調のインパネデザインを採用しつつ、4連の丸型メーターがスポーティな雰囲気を醸し出すインテリア。シートはヘッドレストが一体となった縦長のものを採用しているのもポイントだ。

 

フロントタイヤは235/60R15で、リヤは255/60R15を装着。フロントは独立懸架で、リヤはリーフリジッドといった、当時としてはオーソドックスなサスペンション形式を採用する。サイドマフラーなのもAARクーダの証だ。

 

340ciのV8に、6PACKと呼ばれる3連の2バレルキャブを装備した、まさにレース用のハイパフォーマンスエンジン。ミッションは4MTで、走り出しはややマイルドだが、アクセルをさらに踏み込むとその本性が目覚め、マッスルらしい加速を堪能できる。

Tokai Cars
Location:愛知県豊川市東名町1-25
Phone:0533-86-8890
E-mail:info@car-s-mm.com

Photo:Takeo Asai
Text:Ryo Sorano


関連記事

  1. 01 オートギャラリー東京が手掛けたカマロSSはショーカー。圧倒的な存…
  2. 250 すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット…
  3. 1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO 上品なスタイリングに暴力的なパフォーマンス、ポンティアックを代表…
  4. 1969年 クライスラー・インペリアル デビューしたのは、なんと1926年。MOPAR 最高級のプレミア…
  5. 1965 PLYMOUTH BELVEDERE、プリマスベルベディア 426HEMI搭載のワイルドなプリマスベルベディア
  6. 1966年 シボレー・シェベルSS ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! …
  7. B0V7102 レアなディーゼルエンジン搭載!人気世代のサバイバルモデル Che…
  8. _N6I5046 こだわりのマッチングならXO LUXURYでキマり!【デュークス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP