ピックアップトラック

初代F-150ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介!

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

FORD F-150 SVT RAPTOR

AMERICAN 4X4 & TRUCK
広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。

コンパクトで軽量なボディは、より一層走りが楽しめる!

2008年のSEMAショーで発表された、初代F-150ラプター。2016年には現行型にバトンタッチするが、今なお魅力的なモデルであることに間違いはない。そんな初代ラプターの中でも、レアなスーパーキャブを紹介しよう。

ピックアップの概念を覆すワンランク上の上質な走り

オンロードはもちろん、オフロードでの高いパフォーマンスを追求したラプター。日本語に訳せば猛禽類になるが、その名に相応しくストックのF‐150とはまるで異なるスタイルと走りに魅了される人は多い。

2010年から正式にデリバリーが開始されたが、ここで紹介するコンフィデントラプターは、まさに最初期モデル。エンジンはスタンダードな5.4ℓのV8を搭載しており、2011年から追加された4ドアのスーパークルーより292mm短いので、ある意味取り回しも良く、軽量。言わば、ラプターのポテンシャルをフルに発揮できる仕様。

ラプターの注目ポイントを今更説明するまでもないかもしれないが、最大のポイントは存在感溢れるエクステリアよりも、むしろ中身にある。両側合わせて7インチワイドとなるオーバーフェンダーは、315/70R17サイズのタイヤを装着するためだけではない。フロントの独立懸架サスペンションのストローク量をアップさせるために、アルミ製のロングアームに変更。もちろんノーマルよりも車高はアップしており、そこへ組み合わすショックはオフロードレースで高い評価を得ているFOXレーシングのリザーバータンク付き。言わばラプターはメーカー自らがチューニングしたスペシャルマシンというワケだ。フロントバンパーはプレランナー風に変更されているが、そのほかはホイールに至るまでオリジナルをキープ。むしろバネ下重量を考えれば、ラプターはこのまま乗るべきだ。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

今回試乗したコンフィデントのラプターはすでに15万kmを過ぎているとはいえ、そのしなやかな走りはまだまだ健在。リアサスペンションはリーフなのだが驚くほど快適で、ピックアップのイメージを見事に覆してくれる。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

_N6I0184

フロントグリル、ワイドフェンダー、ボンネットなど、ラプターの専用装備が各部に満載。サイドステップは金属製となっており、ヘビーデューティーな使用が前提となっている。

ベッド部分にはUNDERCOVERのトノカバー

BEDRUGのインナーも装着

FORD純正のカーゴエクステンション

ベッド部分にはUNDERCOVERのトノカバー、内側にはBEDRUGのインナーも装着。ベッドに収まらない大きな荷物の落下を防ぐ、FORD純正のカーゴエクステンションも装備。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

最新のアメ車と比べると、シンプルな雰囲気が漂う運転席周り。基本的にスタンダードなF-150と共通だが、シフト前方にオフロードモードやヒルディセントコントロールのスイッチが備わる。横のトグル風のスイッチは、後付ランプの装着を考慮し、標準で装備。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

全席レザーシートを採用。スーパーキャブは観音開き方式となる。スーパークルーと比べると、足もとの居住性はやや損なわれるが、軽快さではこちらが上だ。

FORD F-150 SVT RAPTOR、F-150 SVT ラプター

ノーマルよりも片側で3.5インチワイドなフェンダーを装備。タイヤサイズは315/70R17となり、ストックのF-150より遥かに大きなグランドクリアランスを確保する。軽量かつ強靭な専用ホイールにはSVTのロゴがあしらわれる。

前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用

前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用

前後とも、FOXレーシングのリザーバータンク付きショックを採用。フロントサスペンションのロアアームはアルミ製で、ノーマルよりも長くなっている。これにより、サスペンションのストローク量を増大させている。

5.4ℓV8ガソリン

エンジンはナビゲーターなどにも採用される、5.4ℓV8ガソリン。これに6ATを組み合わせる。6.2ℓV8エンジンは、2010年の当時ではオプション設定となっていた。

CONFIDENT
TEL:011-799-0321
HP:https://www.confidentsapporo.com

Photo:浅井岳男
Text:空野稜


関連記事

  1. 2017 Ford Explorer Sport 充実した装備が割安に感じられる フォードのカジュアルSUV フォ…
  2. 679 GMC C-20は、フルサイズトラックのルーツともいえるピックア…
  3. 2017 Ford Mustang GT、2017 フォードマスタングGT 誰にでも分かってもらえることが、老若男女が寄ってくるアメリカンカ…
  4. 大規模マイナーチェンジ決行の最新型タンドラが続々と到着【フェアラ…
  5. 1970 Chevrolet C20(1968 Look)、シボレーC20 アメリカはもちろん日本でも「スクエアトラック」がキテる!!!
  6. 2018y RAM 1500 LARAMIE 4WD 根強い人気を誇るラムヘッド。やはりラムはこの顔だ。
  7. 2010y フォード マスタングGT エレノアVer、2010y FORD MUSTANG GT ELEANOR Ver 一度は諦めかけたエレノアの夢を、新しい家族の誕生で実現させる
  8. 1966 CHEVROLET C10、1966シボレーC10 スクエアなボディシルエットが魅力の初代C10のショートボックス

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×