SUV

JLカスタムでスタンダードの兆し、ワイドボディエディション

JEEP JLWRANGLER Wide Body Edition by WHA Corporation

JEEP JLWRANGLER Wide Body Edition by WHA Corporation

JEEP WRANGLER SAHARA
JEEP WRANGLER RUBICON
JEEP WRANGLER SAHARA

AMERICAN 4X4 & TRUCK
広大な大地を誇るアメリカで生き抜くためにはタフでなければならない。まさにそれを体現するのが、ビッグでパワフルな4×4とトラック。さらにここ最近のトレンドはオフローダースタイル。益々タフネス度を強め、ワイルド感溢れるスタイルでファンを魅了する。もっともアメリカンスピリッツを踏襲するのは4×4とトラックに間違えない。

JLラングラー・アンリミテッドの直輸入において、全国屈指の販売台数を誇る老舗アメ車専門店 WHAコーポレーション。同社は新車販売だけでなくカスタムも積極的に取り組み、JLラングラーワイドボディエディションをリリースすると共に、ワイドボディキットの販売も開始した。

純正ライクなWボディさらに新マフラー完成

中部地区を代表する老舗のアメ車ショップであり、最新アメ車を積極的に本国から直輸入することでも知られるWHAコーポレーションJLラングラーについても、やはり国内トップクラスのスピードで直輸入を果たしたことは記憶に新しい。

なお、ラングラーには正規輸入モデルも存在するが、直輸入モデルは基本的に本国仕様そのままであるため(WHAコーポレーションで日本の車検に適応するよう改善される)、店頭で細部をしっかり見比べると良いだろう。なお、当然ながら左ハンドルのみだ。

さて、そんなWHAコーポレーションJLに、新しい展開が見えてきた。そのファーストステップが「ワイドボディエディション」だ。JLの純正オーバーフェンダーをいったん外し、スペーサーのようにワイドボディキットを装着。再び純正オーバーフェンダーを装着すれば、全幅100mmのワイドボディエディションが完成する。このユニークなキットの装着方法は特許出願中のオンリーワン。ワイドなホイールをはじめ、他のカスタムとの親和性は高い。

そして新たなパーツが、CROSSマフラーだ。合計4本出しとなるデュアルマフラーは、リアのスタイルに迫力を増してくれる。特にJLは、リフトアップもカスタムの定番になるだろう。そうするとマフラーの目立ち具合もひときわ高くなるため、ノーマルのマフラーからステップアップを考えるのが当然の流れ。WHAコーポレーションはカスタムの選択肢も、豊富に提案してくれる。

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープ ラングラーサハラ

さりげない、しかし確かなワイド感、ワイドボディ化から始まるカスタム道

純正の良さを生かした、JLカスタムの方向性

先代JKがそうだったように、JLも今後さまざまなカスタムが提案されていく。しかし、ジープ純正のノーマルデザインが、すでに秀逸なものであることは言うまでもない。ノーマルからどの程度カスタムで手を加え、純正スタイルを崩すかどうかは、好みの分断されるところだろう。

ワイドボディエディションの優れた点は、JLラングラーの素体がもつ「完成されたデザイン」を、ほとんど崩さないこと。そして、純正ウインカーをそのまま使えること。登場間もないJLだけに、ひとまず純正の良さを残したいファンも多い。ワイドボディ化は魅力的な選択肢になるはずだ。

そして、カスタムの定番と言えば、やはりホイールだ。オフロード寄りのカスタムが王道になるだろうJLだからこそ、純正のオーバーフェンダーでは、その幅を少し物足りなく感じる。この課題をスムーズに解決できる方法のひとつが、このワイドボディエディションというわけだ。

新発想のワイドボディキット

3台共通のカスタムパーツがワイドボディキット。ブルーやブラックのようにボディ同色で装着すれば純正感が増し、ホワイトのように別色ならカスタム感を強調。片側50mmで合計100mmの車幅ワイド化。価格は148,000 円( 塗装別)。車検対応。

もうひとつ3台共通のカスタムパーツは、ラフカントリーの2.5インチアップサスペンションキット(スプリング+ショックアブソーバー)。

JEEP WRANGLER SAHARA

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープラングラーサハラ

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープラングラーサハラ

キャンディブルーのFUEL CONTRA D644(20×9.0J)ホイール。タイヤはNITTOトレイルグラップラーM/T

CROSSマフラー

ブルーのボディカラーに合わせ、キャンディブルーのFUEL CONTRA D644(20×9.0J)ホイール。タイヤはNITTOトレイルグラップラーM/T(35×12.5R20)。ルビコン純正3ピースバンパーの両端を外したショートバンパーを装着。CROSSマフラーがリアで輝いている。

 

JEEP WRANGLER RUBICON

JEEP WRANGLER RUBICON、ジープラングラールビコン

JEEP WRANGLER RUBICON、ジープラングラールビコン

FUEL ZEPHY R D6 32(17×9.0J)ホイール。タイヤはYOKOHAMAジオランダーM/T

JLラングラーの上級グレード、ルビコンを ベースに、FUEL ZEPHY R D6 32(17×9.0J)ホイール。タイヤはYOKOHAMAジオランダーM/T(35×12.5R17)をインストール。ルビコンはダッシュボードが鮮やかなレッドになっており、ホイールのカラーとコーディネートした采配だ。

 

JEEP WRANGLER SAHARA

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープラングラーサハラ

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープラングラーサハラ

ホイールはFUEL KRANK D517(20 × 9.0J)。タイヤもFUELマッドグリッパーM/T

ルビコン純正の3ピースバンパーはブルーと同じだが、こちらは3ピース構造をフルで装着している。ホイールはFUEL KRANK D517(20 × 9.0J)。タイヤもFUELマッドグリッパーM/T(35×12.5R20)。さらに背面ハードタイヤカバーを装着。

JLラングラー用4本出しマフラーが完成!
CROSS MUFFLER

JLラングラー用4本出しマフラー、CROSS MUFFLER

JEEP WRANGLER SAHARA、ジープラングラーサハラ

リリースされたばかりのJL用新作パーツが、CROSSブランドのマフラー。デュアルタイプで片側2 本出しのデザインでリア側をドレスアップする。カラーリングは写真のステンレス304ミラーフィニッシュとマットブラックの2種類展開。
■価格:120,000 円。

Thanks:WHA CORPORATION
TEL:052-523-3003
HP:https://wha.co.jp


関連記事

  1. _8MA2284 今ここにあるキャデラック 現代的な黒×銀の存在感 2007y C…
  2. _N6I6561 タヌキみたいな丸目がジープらしくて大好き ジープ レネゲード R…
  3. アメマガガール、JEEP COMPASS LIMITED ジープコンパスは、フォーマルからカジュアルまで、どんなシーンにも…
  4. ジープTJラングラー スタイリッシュにジープTJラングラーをブラッシュアップ!!
  5. 2009 CHEVROLET TAHOE オトコ勝りなカスタムでメイクされたタホが相棒
  6. 1997 HUMMER H1 / 2003 HUMMER H2、1997 ハマーH1 / 2003 ハマーH2 マニアに根強い人気のハマーH1 今こそゲットしたいハマーH2【S…
  7. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  8. JEEP JL WRANGLER SAHARA、ジープ JLラングラー サハラ ローダウンで都会派にキメる。SENSのJLラングラーカスタムスタ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×