クーペ

クルマは走ってナンボ!ビンテージカーだって快適・快速がイイ

1956 BELAIR、1956 ベルエア

1956 BELAIR、1956 ベルエア

1969 CAMARO、1969 カマロ

1956 BELAIR / 1969 CAMARO

CHEVROLET LOVE!!

ビンテージマッスルを豊富に取り揃え、いずれは「アメリカンビンテージだけで在庫を100台揃えたい!」と語る東海カーズ。どちらかというとMOPAR専門店のイメージが強いかもしれないが、代表の細井さんは大のカマロ好きで、愛車もカマロ。そんなカーズが、シボレーを愛さないわけがない!

走って面白いことがキモ、毎日乗り回せるビンテージ

最近のアメマガで、ビンテージモパーを多く紹介している東海カーズ。読者の多くはモパー専門店だと思っているかも知れないが、実は代表の細井さんは大のカマロ好き。愛車は68年型だが超ラットなスタイルで、見た目は物凄いボ●。だが、中身はカリッカリにチューニングしており「見た目で判断すんなよぉ!?」という狙いが隠されていたりする。人間の三大欲求よりも、愛車のカマロでぶっ飛ばす方が、エクスターシーを感じるようで、だからこそ「クルマは走ってナンボ!」と常に提唱し続けている。

さて今回紹介する69年型のカマロは、エアコン・パワステが装備され、ごく普通に日常的に乗れる快適仕様。とはいうものの、トラクションバーやオイルキャッチタンク、レカロシートを装備しており、そのままサーキット走行も楽しめるレベルに仕上げられている。取材時に試乗させてもらったが、低速から非常にトルクフル。扱いやすく、これなら確かに毎日乗り回せる。ある意味、非常に贅沢な仕様だと感じた。

1969 CAMARO、1969 カマロ

1956 BELAIR、1956 ベルエア

またカーズ=マッスルカー専門店と思う人がほとんどだと思うが、同時に紹介する56年型のベルエアのようなモデルも在庫中。加飾を極力外し、チョップドルーフを敢行。エアサスでショーカーさながらの低さを実現するが、エンジンはLS1にコンバージョン。「やっぱり走れなくちゃ、クルマは面白くないよね」と言う細井さんの言葉を、方向性は違うが具現化した2台だと言えよう。

1956 BELAIR

1956 BELAIR、1956 ベルエア 1956 BELAIR、1956 ベルエア

1956 BELAIR、1956 ベルエア

1956 BELAIR、1956 ベルエア

1956 BELAIR、1956 ベルエア

ベースとなるのは1956年式のベルエア。だが、見ての通り原型はほとんど留めていない。モールやエンブレム、さらにはドアノブまで取り払い、徹底的にスムージングを実施。チョップドルーフにエアサスまで組み込んでおり、目一杯下げるとその低さがより一層強調される。ワイパーもレスになっており、違う意味で雨の日は乗らない仕様と言えそうだ。オリジナルは可愛らしい雰囲気が漂うが、フロントマスクをモノトーンにし、全く異なる表情を演出。リムサイズは20インチだが、30偏平の極薄タイヤのおかげで、実際のサイズ以上にリムが大きく見えるのもポイントと言える。

1956 BELAIR、1956 ベルエア

1956 BELAIR、1956 ベルエア

搭載エンジンは5.7ℓのLS1・V8

インパネ自体は極力オリジナルの雰囲気を残す。だが、メーターは信頼性を向上させるため、デジタルタイプに変更。カーナビはインダッシュタイプをチョイスし、普段はモニターを見せない。センターコンソール部分にはエアサスのコントローラーを設置。ここにもカバーが設置される。搭載エンジンは5.7ℓのLS1・V8で、4ATのミッションごとコンバージョン。エアサスタンクはリヤシートの裏に設置。半世紀以上過ぎたクルマだが、今なお変わり続けるのもアメ車の魅力だ。

 

1969 CAMARO

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969年型のカマロで、西海岸の強い日差しが似合いそうな鮮やかなオレンジにペイント。ノーマルよりも若干ロワードを施し、タイヤはアメリカンテイストが漂う、BFグッドリッチのラジアルT/Aで、サイズはフロントが225/60R15、リヤが255/60R15となる。組みわされるホイールは、あえてアメリカ製ではなく、ワタナベのエイトスポークをチョイス。こういった部分に、細井さんの走りへのコダワリが感じられる。スタイルは極力オリジナルを保っているように見えるが、中身に関してはやり過ぎない程度に手が加えられている。ステアリング左には大型のオートメーターを設置。オーディオ、エアコン、ETCと最近のクルマには不可欠な装備を満たしている。もちろん、水温/油温/電圧計も追加しているのでご心配なく。

1969 CAMARO、1969 カマロ

1969 CAMARO、1969 カマロ

エンジンは350のV8で、アルミラジエターや電動ファンといったお約束のカスタムをしっかり敢行。他ではあまり目にしない、オイルキャッチタンクも追加しており、いつでもサーキットに出かけられる仕様と言える。ミッションは4AT。ただし普通のATではなく、ドラッグシフターをチョイス。ステアリングはナルディで、そこそこハードな走りが楽しめるように、ホールド性の高いレカロに変更。リヤサスはリーフのままだが、トラクションバーを追加。最近のスムーズに気づけば速いモダンマッスルとは違い、加速感が体にビシバシ伝わるダイレクトな走りが楽しめる。

Tokai Cars【東海カーズ】
Location:愛知県豊川市東名町1-25
Phone:0533-86-8890

PHOTO:浅井岳男
TEXT:空野稜


関連記事

  1. 2013 DODGE CHALLENGER ワイドボディのチャレンジャーに一目惚れして即決!
  2. EDGE CUSTOMS Produced by LUXZ DODGE CHALLENGER R 機能とスタイルを融合させたエアロ【DODGE CHALLENGE…
  3. 2017 CHEVROLET CORVETTE GRAND SPORT 惚れ惚れするフォルムでFRモデル史上最高峰と称賛されるコルベット…
  4. 1999 Chevrolet Corvette Coupe 世界水準のスーパースポーツでありながら、居住性や乗り心地をも両立…
  5. 1967 FORD MUSTANG、1967フォードマスタング ビンテージマスタングを乗りこなすステキな生き方
  6. 1968 CHEVROLET CAMARO SS 青年実業家としての慌ただしい日々を69年型カマロが解放してくれる…
  7. 1941 WILLYS AMERICAR ストリートロッドとしても人気の高いウイリス・アメリカー
  8. 2019 FORD MUSTANG GT Performance / 2019 FORD MUSTANG GT マスタングGTをさらに進化させたパフォーマンスモデル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×