イベントレポート

見るだけじゃなく体感できるクルマイベント モータファンフェスタ2019

モーターファンフェスタ2019

モーターファンフェスタ2019

2019年も約2万人の来場者が来た!モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ

“ 試乗” 最大の自動車体感イベントとして、自動車メーカーや様々なブースが並び、多くのコンテンツが開催されるモーターファンフェスタ。2019年で4回目の開催となり、約2万人が来場するなど、クルマファンには外せないビッグイベントだ。

主催:モーターファンフェスタ運営委員会
URL:http://motorfanfesta.com
開催場所:富士スピードウェイ
開催日:2019 年 4 月 14 日( 日)
後援:株式会社三栄
協賛:MF ゴースト/ カートレード株式会社

100を超える出展ブース、試乗も大人気コーナーだ

モーターファンフェスタ2019

天気が心配された4月14日(日)、早朝には雨が止み時折日差しが差し込むなか、富士スピードウェイでモーターファンフェスタ2019が開催された。

2019年で4回目となる同イベントは、チューニングカーやドレスアップカーの展示、パーツの販売だけにとどまらず、新型車試乗会、乗り比べ試乗、バイク試乗などの試乗プログラムに始まり、D1エキシビション走行、富士スピードウェイのホームストレートのスーパーグリッドウォークなど、多くの体感コンテンツが富士スピードウェイの各エリアで開催されているのが特徴だ。そのため、様々なイベントに比べると家族連れが多いという印象だ。

100を超える出展ブースに並ぶ車両は、アメ車が一杯…というわけではないが、本誌でもおなじみのラグジキャルウィングタイガーオートアズールモータリングがオリジナルパーツを装着したモデルを展示し来場者から注目を集めていた。

モーターファンフェスタ2019

駐車場代は必要となるが、入場料は無料ということで、1日をクルマ尽くしで楽しむには最高のイベントといえるだろう。

アメマガブースでは、ミキちゃんがお出迎え!色々あって、当日現場で洗車してたけど…

名車やレースカーなど、様々なジャンルのクルマが集結!

会場には欧州車、日本車のドレスアップカーを始め名車たちも展示されるなど、純粋なクルマファンにはたまらない光景が広がる。実際にコースを走るモデルもあるので、タイムスケジュールは要チェック!

 

数こそ少ないながらも大きなインパクトを与えていたアメ車グループ。エスカレードの高級感、チャレンジャーやラングラーの迫力はさすがの人気だ。各ブースではグッズもかなりお買い得なものも多く並べており、撮影しながら物色していたのはここだけの話(笑)

 

富士スピードウェイのホームストレートを歩ける!

例年大きな人気となっているのが、富士スピードウェイのホームストレートにレースカーや名車が並び、そこを歩いて見学できるという、スーパーグリッドウォーク。普段は絶対に歩けない場所を歩ける機会とあって、開始前から長い行列ができていた。

 

開場と同時に多くの来場者が入場。広い会場を歩くと、色んな場所で様々なコンテンツが開催されている。D1エキシビション走行は必見の価値あり。こちらでも紹介しているが、同時開催していた「シボレーファンデイ」のシボレー車が100台以上も並んだパレードランも注目だった。

他にもキッズ向けゾーンでは、ちびっこ消防車に乗れたりと、とにかく家族が楽しめるイベントがモーターファンフェスタだ。

 

ホッケーマスクを被る最強の地下アイドル「仮面女子」のスペシャルライブも開催。さすがの人気で熱気が凄かった! 肌寒い気温だったためか、キャンギャルのお姉さん方は上着装着率高め。

Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. WING DAY 2018、WING AUTO ウイングオートの集大成、感謝を込めた大規模祭り WING DAY…
  2. 68 アメリカントラックでドリフト参戦 走る楽しさをもっと味わおうぜ!…
  3. DSC_0505 世界一長い歴史を誇るインドアカーショー「グランドナショナルロード…
  4. _N6I0517 SEMA SHOW 2019 スペシャルレポート
  5. IMG_2525 アメ車界で「ボンネビル」というと、最高速チャレンジを意味する。
  6. 0S7A8504 ハードコアな究極のアメリカン ストリートロッドの走りの競演
  7. 過酷な鈴鹿10時間レースで躍進! シルバークラスで殊勲の2位入賞…
  8. アメフェス2018、AMEFES2018、IKURA'S AMERICAN FESTIVAL 2018 日本最大級のアメリカンイベント「IKURA’s アメリカンフェス…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×