OTHER

もっとも完成度の高い70年型「クーダ」大人が乗るに相応しいマッスルカー

1970 plymouth barracuda'cuda 340、1970 プリマス バラクーダ クーダ340

1970 plymouth barracuda'cuda 340、1970 プリマス バラクーダ クーダ340

1970 Plymouth Barracuda ‘Cuda 340

THE GREAT PLYMOUTH
華麗なるプリマス

オリジナルをキープした抜群なコンディションのハリウッドスター級にクールでセレブな「クーダ」にして、スーパーニッチなカラーリングや機関の仕様によって、国民的アイドル並みにフレンドリーで好感度大な超希少車!

ニッチな仕様で出荷されたオリジナル

1964年のデビューから、3世代にわたり74年までラインナップされた「バラクーダ」。その中でも、コンパクトかつポニーなパーソナル・クーペに生まれ変わった3世代目がスタイリングの美しさと、ポテンシャルの高さで、人気を博している。モデルイヤーごとにデザインや仕様が異なるが、なにはさておき、70年型の完成度が高く、ダントツの人気とあって、モパー・マッスルきってのコレクタブルな存在となっている。

70年型には、モパー・マッスルを象徴する、ピンク、バイオレット、ライムといったハイインパクトカラーがオプションで設定されたことも人気に大きく貢献している。特にクーダは、スタイリングやキャラクター的にもそうしたラウドなカラーが最も似合うモデルでもある。ところが、この個体はその真逆とも言える仕様なのがポイント。車体色、トップ、インテリアのすべてが、シックなダークグリーンメタリックが選ばれ、モデルのキャクターに反するベンチシート&コラムシフトといったスーパーニッチな仕様で出荷されたオリジナル。

1970 plymouth barracuda'cuda 340、1970 プリマス バラクーダ クーダ340

その内容を求めるなら、エコノミーなスタンダードか、ラグジュアリーなグランクーペなどなら珍しくはないのだが、バラクーダではなく、あくまでもハイパフォーマンス仕様である、「クーダ」というのがニクイ。また、搭載エンジンがスモールブロック340ciというのが奥ゆかしくて好感が持てる。

ブレーキにおいても、フロントディスが定番の中、チープなドラムをチョイス。そんな仕様から、低い予算の中で、自分の好みにこだわって、対応することができた当時のオプションの豊富さを象徴するような個体。数年前にアメリカで売りに出た際に、国内に輸入し、現オーナーが入手したことで外装は同色でリペイントした。

1970 plymouth barracuda'cuda 340、1970 プリマス バラクーダ クーダ340

ダブルバブルの愛称のスクープが二つあるフードは、も’Cudaパッケージ車専用パーツ。ロッカーパネルのエラ状の化粧パネル、グリルのペイントがガンメタリック、フォグランプの装備も全て、’Cuda ならでは。好感度も含め、総合的に完璧な個体なので、いやらしくツッコんで見ると、右ミラーが70年型限定で激レアオプションではなく、71~74年用というトリビア級。

 

ベンチシートもダークグリーンの内装パーツも、リプロダクションされていないだけに、この激シブな仕様を真似するのはかなり厳しい。ステアリングも、ダッシュのスタイルも、スタンダード仕様なのが全体のイメージにマッチしていてむしろステキだ。

 

エンジンは、Cudaならではのハイパフォーマンス仕様として設定された340ci。4バレルキャブで275hpを発生するが、シボレーの350に比べると、トルクが細いので、パンチに欠けるが、高回転まで速やかに吹け上がり、高速クルーズ向き。トランスミッションは、3速AT、TF727。

 

グッドイヤー イーグル#1

足回りはストックのF:トーションバー、R:リジットアクセルで、車高プロポーションも出荷時のオリジナルを保持した状態。ホイールはオプションのラリー。14インチの装着によって、ボディがシャープに見える。タイヤは、ストックに準じたグッドイヤーのイーグル#1(245/60R15)。オリジナル推奨のマニア向けトリビア級のツッコミを入れると、センターキャップは70~71年用ではハブが小さいデザインなのに対し、ここでは星型タイプの72~74年用を採用。

Thanks:サブライム
TEL:0877-48-3711
HP:http://www.cuda.jp

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 2019 Dodge Challenger SRT Hellcat Redeye、2019 ダッジチャレンジャーSRTヘルキャットレッドアイ 赤い目のヘルキャットは797hp。最強のマッルスカー『レッドアイ…
  2. DSC_4517 ハイインパクトカラーに身を包んだダッジブラザー【BUBU横浜】
  3. DODGE CHARGER、ダッジチャージャー ノーマルからわずか1年足らずで仕立て上げたスラムドチャージャー
  4. Nissan Titan、ニッサンタイタン 特殊塗料LINE-X を用いてタイタンをクールにアピール!
  5. Rick Treworgy`s Muscle Car City Museum GMマッスルカー&コルベットが充実している驚異のレアモデルコレク…
  6. CARBOX、カマロ、マスタング マスタング&カマロ好きが広島CARBOXに増加中!個性…
  7. MR.AKIRA & FORD MUSTANG ゴーストタトゥーを身に纏う、ROHANエアロのマスタング
  8. 1968 DODGE CHARGER、1968ダッジチャージャー ワイスピのリアル・ドミニクになるべくチャージャーをゲット!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×