クーペ

人気のファストバックではなく、マニアックなノッチバックを敢えてチョイスする

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

1969 Plymouth Barracuda

THE GREAT PLYMOUTH
華麗なるプリマス

スーパーストックのアイコンであるセカンドジェネレーションのバラクーダながら、ノッチバックなクーペはニッチな存在。そんなマニアックで馴染みの少ないモデルの魅力を、Hot Wheelsがオーナーに教えてくれたのだ。

ビッグブロック440に換装したレア車

第二世代のバラクーダというと、ドラッグレースにおけるスーパーストック・クラスにて最速を誇るモデルとして、ホットロッド界ではお馴染みの存在。2004年公開の映画『ハイウェイマン』の劇中車は、まさにそんなHEMIスーパーストック仕様としてラインナップされている。それで、国内では、バラクーダと言えな第三世代一色で、第二世代はマイナーな存在といえる。スーパーストックのベース車がファストバックのため、マッスルカーとして求める場合も、おのずとファストバックに集中。コンバーチブルとノッチバックは、対象外とばかりに、微妙な立ち位置ではある。

MOPAR人気が高まる中、比較的入手しやすいノッチバックをベースに、クールにアレンジする人もいる。ファストバックがドラッグマシンとしてのイメージが強いだけに、そこにとらわれずにアレンジするなら、むしろ「ノッチバック」の方が良かったりもする。とはいえ、ニッチな存在で着目する人も多くはないため、お手本的な有名車などは現れていない。

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

ところが、ファストバックでは2度もラインナップさせているホットウィール(HW)が、ノッチバックもリリース! HWならではのセンスの良いアレンジによって、ノッチバックの魅力が最大限に引き出されている。この個体のオーナーも、そもそもHWを通してその魅力を知ったことで、実車を探しだし、20代でオーナーになったのだ。国産コンパクト車でレースを楽しむだけあって、バラクーダでも、走りのパフォーマンスを味わえるマニュアルミッションをチョイス。しかも、オリジナルでは幻レベルのレアな、ビッグブロック440に換装した状態。そんな男らしい仕様で、走りに特化して、エアコンは装備されていないが、奈良在住にして、お台場のイベントにも自走で参加する。

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

ノッチバックこそ、翌年にEボディとして大きく変化するパーソナル・クーペに繋がるデザインといえる。デッキ部とリヤオーバーハングの長さが際立つ、MOPAR特有のスタイリングがカッコイイ。筆者も個人的にも欲しいモデルとして気にしているが、日本には数台しか存在しないのでは?! 写真では伝わりぬくい独特の良さが、実車を見ることで改めて感じる!

 

ファストバックに対して、ルーフが小さいため、後部座席は少々狭い印象。その分、トランクのスペースがかなり大きく取られているのが特徴的。内装はストックをキープしている。同年のダッジ車に比べて、丸型ゲージの採用でなどでスポーティなデザイン。

 

69年型にはビッグブロック440の設定もあるが、実際には極めて少数で幻レベル。この個体は、アメリカで440に換装されていた。セダンからのスワップのようで、マイルドで扱いやすい仕様。それでも、4速マニュアルによって、大トルクをダイレクトに感じることができる。

 

0S7A7297_00001

ボディ車はコンパクトなため、ホイールのボルトパターンが国産車並みにPCD100となっているため、ホイールの選択肢が限られるが、この個体は、平均的な114.3 にアレンジしてある。タイヤはF:FIREHAWK・195/60R15、R:BFG ラジアルT/A・255/60R15。

Thanks:サブライム
TEL:0877-48-3711
HP:http://www.cuda.jp/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1968 プリマス バラクーダ 360ストローカーの408ci搭載のストリートフレンドリーなバラ…
  2. _B0V9795-1 比類なきモンスター・ピックアップトラック Chevrolet C…
  3. 1928 フォード モデルA セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD …
  4. 1969 Chevrolet Corvette、1969 シボレー コルベット スティングレイ 「スティングレイ」らしさに溢れた、もっとも美しいコルベット
  5. 2019 シボレーカマ ロ・ローンチエディションLT RS、2019 CHEVROLET CAMARO LAUNCH EDITION LT RS 初代をオマージュした、ボディカラーがイカす!2019 CHEVR…
  6. 1969 フォードマスタング Mach1 マスタング史上もっともスタイリッシュな1969年型
  7. 1969年 シボレー・カマロ ドラッグ専用マシンのCOPOを完全に再現したシボレーカマロ
  8. 2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×