クーペ

人気のファストバックではなく、マニアックなノッチバックを敢えてチョイスする

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

1969 Plymouth Barracuda

THE GREAT PLYMOUTH
華麗なるプリマス

スーパーストックのアイコンであるセカンドジェネレーションのバラクーダながら、ノッチバックなクーペはニッチな存在。そんなマニアックで馴染みの少ないモデルの魅力を、Hot Wheelsがオーナーに教えてくれたのだ。

ビッグブロック440に換装したレア車

第二世代のバラクーダというと、ドラッグレースにおけるスーパーストック・クラスにて最速を誇るモデルとして、ホットロッド界ではお馴染みの存在。2004年公開の映画『ハイウェイマン』の劇中車は、まさにそんなHEMIスーパーストック仕様としてラインナップされている。それで、国内では、バラクーダと言えな第三世代一色で、第二世代はマイナーな存在といえる。スーパーストックのベース車がファストバックのため、マッスルカーとして求める場合も、おのずとファストバックに集中。コンバーチブルとノッチバックは、対象外とばかりに、微妙な立ち位置ではある。

MOPAR人気が高まる中、比較的入手しやすいノッチバックをベースに、クールにアレンジする人もいる。ファストバックがドラッグマシンとしてのイメージが強いだけに、そこにとらわれずにアレンジするなら、むしろ「ノッチバック」の方が良かったりもする。とはいえ、ニッチな存在で着目する人も多くはないため、お手本的な有名車などは現れていない。

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

ところが、ファストバックでは2度もラインナップさせているホットウィール(HW)が、ノッチバックもリリース! HWならではのセンスの良いアレンジによって、ノッチバックの魅力が最大限に引き出されている。この個体のオーナーも、そもそもHWを通してその魅力を知ったことで、実車を探しだし、20代でオーナーになったのだ。国産コンパクト車でレースを楽しむだけあって、バラクーダでも、走りのパフォーマンスを味わえるマニュアルミッションをチョイス。しかも、オリジナルでは幻レベルのレアな、ビッグブロック440に換装した状態。そんな男らしい仕様で、走りに特化して、エアコンは装備されていないが、奈良在住にして、お台場のイベントにも自走で参加する。

1969 Plymouth Barracuda、1969 プリマス バラクーダ

ノッチバックこそ、翌年にEボディとして大きく変化するパーソナル・クーペに繋がるデザインといえる。デッキ部とリヤオーバーハングの長さが際立つ、MOPAR特有のスタイリングがカッコイイ。筆者も個人的にも欲しいモデルとして気にしているが、日本には数台しか存在しないのでは?! 写真では伝わりぬくい独特の良さが、実車を見ることで改めて感じる!

 

ファストバックに対して、ルーフが小さいため、後部座席は少々狭い印象。その分、トランクのスペースがかなり大きく取られているのが特徴的。内装はストックをキープしている。同年のダッジ車に比べて、丸型ゲージの採用でなどでスポーティなデザイン。

 

69年型にはビッグブロック440の設定もあるが、実際には極めて少数で幻レベル。この個体は、アメリカで440に換装されていた。セダンからのスワップのようで、マイルドで扱いやすい仕様。それでも、4速マニュアルによって、大トルクをダイレクトに感じることができる。

 

0S7A7297_00001

ボディ車はコンパクトなため、ホイールのボルトパターンが国産車並みにPCD100となっているため、ホイールの選択肢が限られるが、この個体は、平均的な114.3 にアレンジしてある。タイヤはF:FIREHAWK・195/60R15、R:BFG ラジアルT/A・255/60R15。

Thanks:サブライム
TEL:0877-48-3711
HP:http://www.cuda.jp/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1970y PLYMOUTH AAR 'CUDA、1970y プリマス AARクーダ TRANS-AMレースのホモロゲーションモデルとして定められたプ…
  2. コルベットC5、CORVETTE C5 コルベットヒストリー⑤【1997~2004 コルベットC5】
  3. 2015 FORD MUSTANG 関東のマスタングカスタムの雄、ダイバンがまたしても傑作を生み出し…
  4. マスタングエコブーストプレミアム、レネゲードリミテッド マスタング愛が強すぎてどんな理由でも手放せない!
  5. DSC_3776 今は希少なマークⅧが愛車のアメ車女子 リンカーン マークVIII…
  6. 2018 CHALLENGER SXT、2015 CHALLENGER SRT8 良質なユーズド・チャレンジャーをライバル車と見比べられる好環境
  7. 3M7A1237-1 ベルエアの中でも非常に希少な4ドアスポーツセダン
  8. 2012y DODGE CHALLENGER SRT8 ハマーH2から、チャレンジャーSRT8のマニュアル仕様に乗り換え…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×