クライスラー

カスタマイズ済の初代300Cと出会った事で、300Cライフがスタート!

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

2012y CHRYSLER 300C

EXTREME AMERICAN

元々はVIPカーなどが好きで、免許を取ったら国産の高級車に乗ろうと思っていた松浦さん。友人の付き添いでたまたまリバティウォークに立ち寄った時にカスタマイズ済みの初代300Cと出会った事で、そこから300Cライフがスタートする。

車高調とアーム変更で独自のスタイルを実現

「リバティに立ち寄ったのは、本当に偶然ですね。もちろん知ってはいましたが、当時興味があったのは国産のVIPカー。でもそこに置いてあった初代の300Cに一目惚れして、即決しました」と当時を振り返る松浦さん。最初に購入した300Cは現在の愛車と同様、ペタペタにローダウンを実施。ボディカラーもマットホワイトに変更しているそうで、手放すに手放せず、実は今も所有しているとか。

さて、現在の愛車2代目300Cを購入したのは、2017年10月のこと。セダンのアメ車としては珍しく、既に車高調やタイヤ&ホイール、更にはブレーキまでカスタマイズが施されていたが、フェンダーは手付かずの状態。一般的にありがちな300Cと思える雰囲気で、最初はそのまま乗っていたが段々と物足りなくなり、さらなるカスタマイズを決意した。

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

「最初は、ワークス仕様にしたいと思ったんです。でも、足回りやブレーキまで手が入った300Cは珍しい。かなり大掛かりな作業だけど、車高調を活かしたままアームを変更しこの鬼キャンスタイルを提案され、誰もやってないスタイルに変更しました。ここまで下げると全員エアサスだと思うようですが、漢気溢れる車高調仕様です! 個人的にはアメ車が好きというより、運命的な出会いをした300Cが好きですね。今欲しいクルマは特にないですが、もしアメ車を買うとしたら、そろそろデビューしてもおかしくない新型の300Cですね」と300Cに対する尽きぬ愛を語ってくれた。

フロントバンパーにはAPRレーシングのスプリッターを装着

エンジンは5.7ℓのHEMI

ヘッドライトをLED付きの仕様に変更し、フロントバンパーにはAPRレーシングのスプリッターを装着。エンジンは5.7ℓのHEMIで、敢えて大排気量モデルでカスタムする所も漢気を感じさせる。ここまでタイヤサイズを太くしても、太いトルクのおかげで不満なく走れるそうだ。

リヤバンパーは後期型に変更。それに合わせ、コンビランプも後期型を装着。やや大型のトランクスポイラーは、リバティのWORKS用の物を装着する。マフラーはボーラをチョイスするが、前述したように後期型バンパーにしたことで見た目はノーマル。だが独特なV8サウンドを聞けば分かるので、あえて主張しない。

20インチのホイールに、フロントは245/40R20、リヤは275/35R20をセット。後ろから見ると、そのキャンバー角に圧倒される。ブレーキは前後共ブレンボで、フロントが6ポッド、リヤが4ポッドのキャリパーに変更。ドリルドスリットローターで制動力を格段にアップ。ホイールとの隙間がほとんどない完璧なマッチングだ。

_N6I1017

OWNER:松浦将吾さん

Produe:LIBERTY WALK
TEL:0561-51-0001
HP:http://www.libertywalk.co.jp

写真:浅井岳男
文:空野稜


関連記事

  1. 1962年 リンカーン コンチネンタル 大統領専用車に採用されたリンカーン・コンチネンタルの4代目モデル…
  2. DSC_2808_opt せっかくカスタムするならオンリーワンでもさり気なくがキーワード …
  3. 1995 CADILLAC BROUGHAM、1995年 キャデラックブロアム キャデラックブロアムに一目惚れして初のアメ車を手に入れた
  4. _N6I2134 人と違う希少車が好きな上に収集癖があり、まさかの4ドアを2台所有…
  5. 1964 Chevrolet Chevelle、1964 シボレー シェベル 控えもながらもシンプルで精悍なスタイリングでストリートロッダーか…
  6. 2013 CADILLAC ATS シンプルに見えるけれど、ワンオフパーツを多用したキャデラックAT…
  7. _N6I1950 かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。…
  8. _B0V8339 CHRYSLER 300C CUSTOMIZE Protagon…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×