クライスラー

カスタマイズ済の初代300Cと出会った事で、300Cライフがスタート!

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

2012y CHRYSLER 300C

EXTREME AMERICAN

元々はVIPカーなどが好きで、免許を取ったら国産の高級車に乗ろうと思っていた松浦さん。友人の付き添いでたまたまリバティウォークに立ち寄った時にカスタマイズ済みの初代300Cと出会った事で、そこから300Cライフがスタートする。

車高調とアーム変更で独自のスタイルを実現

「リバティに立ち寄ったのは、本当に偶然ですね。もちろん知ってはいましたが、当時興味があったのは国産のVIPカー。でもそこに置いてあった初代の300Cに一目惚れして、即決しました」と当時を振り返る松浦さん。最初に購入した300Cは現在の愛車と同様、ペタペタにローダウンを実施。ボディカラーもマットホワイトに変更しているそうで、手放すに手放せず、実は今も所有しているとか。

さて、現在の愛車2代目300Cを購入したのは、2017年10月のこと。セダンのアメ車としては珍しく、既に車高調やタイヤ&ホイール、更にはブレーキまでカスタマイズが施されていたが、フェンダーは手付かずの状態。一般的にありがちな300Cと思える雰囲気で、最初はそのまま乗っていたが段々と物足りなくなり、さらなるカスタマイズを決意した。

2012y CHRYSLER 300C、2012y クライスラー 300C

「最初は、ワークス仕様にしたいと思ったんです。でも、足回りやブレーキまで手が入った300Cは珍しい。かなり大掛かりな作業だけど、車高調を活かしたままアームを変更しこの鬼キャンスタイルを提案され、誰もやってないスタイルに変更しました。ここまで下げると全員エアサスだと思うようですが、漢気溢れる車高調仕様です! 個人的にはアメ車が好きというより、運命的な出会いをした300Cが好きですね。今欲しいクルマは特にないですが、もしアメ車を買うとしたら、そろそろデビューしてもおかしくない新型の300Cですね」と300Cに対する尽きぬ愛を語ってくれた。

フロントバンパーにはAPRレーシングのスプリッターを装着

エンジンは5.7ℓのHEMI

ヘッドライトをLED付きの仕様に変更し、フロントバンパーにはAPRレーシングのスプリッターを装着。エンジンは5.7ℓのHEMIで、敢えて大排気量モデルでカスタムする所も漢気を感じさせる。ここまでタイヤサイズを太くしても、太いトルクのおかげで不満なく走れるそうだ。

リヤバンパーは後期型に変更。それに合わせ、コンビランプも後期型を装着。やや大型のトランクスポイラーは、リバティのWORKS用の物を装着する。マフラーはボーラをチョイスするが、前述したように後期型バンパーにしたことで見た目はノーマル。だが独特なV8サウンドを聞けば分かるので、あえて主張しない。

20インチのホイールに、フロントは245/40R20、リヤは275/35R20をセット。後ろから見ると、そのキャンバー角に圧倒される。ブレーキは前後共ブレンボで、フロントが6ポッド、リヤが4ポッドのキャリパーに変更。ドリルドスリットローターで制動力を格段にアップ。ホイールとの隙間がほとんどない完璧なマッチングだ。

_N6I1017

OWNER:松浦将吾さん

Produe:LIBERTY WALK
TEL:0561-51-0001
HP:http://www.libertywalk.co.jp

写真:浅井岳男
文:空野稜


関連記事

  1. 2009 フォード クラウンヴィクトリア ポリスインタセプター、2009 FORD CROWN VICTORIA POLIS INTERCEPTOR ポリスカーらしさを残す最後の個体がクラウンビクトリア
  2. 2007 CHRYSLER 300C ブルーコーディネートされた07年型300Cに一目惚れ
  3. 2013 DODGE CHARGER、2013 ダッジチャージャー チャージャーを選んだ理由は「周りにクーペが多いから被りたくない」…
  4. _B0V8339 CHRYSLER 300C CUSTOMIZE Protagon…
  5. 1963 Plymouth Valiant Signet V-200、1963 プリマス バリアント アメ車離れした独創的なスタイルのバリアント、ブサカワが好きなマニ…
  6. 2017 Chrysler 300C Platinum クライスラーブランドの誇る フルサイズ・ラグジュアリーセダン ク…
  7. 1970 プリマス サテライトワゴン、1970 プリマス ロードランナー 同じフェイスでもキャラクターの異なる2台の魅力 ロードランナー&…
  8. Chevrolet Malibu、シボレーマリブ 当たり障りのないデザインに、その気になれば速い所がお気に入り

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×