セダン

チャージャーのスポーティさを、ボディカラーと新しいペイント手法で表現する

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

2011 DODGE CHARGER

EXTREME AMERICAN

妖艶な拘りのボディメイクに誰もが釘付けになる

様々な車種のカスタムを得意とするショップが各地にあるが、岡山県のエクスカーズはLX系、とくにチャージャー(第6世代~7世代前期)を得意とするショップとして、多くのチャージャーカスタムを世に送り出してきた。現在のデモカーである11年型チャージャーは、拘りのキャンディレッドにスポーティなイメージを与えるボディペイントを施した傑作モデルだ。

次々と生み出される、チャージャーカスタム

チャレンジャーチャージャー300Cは、日本のカスタムシーンでは数多く登場する人気モデル。岡山のエクスカーズは、いずれの車種のカスタムも行なうが、チャージャーに対する力の入れようは特別なものがある。代表の藤原氏に聞けば「たまたまです」と、多くは語らないが、今ではチャージャーカスタムでは真っ先に名前が挙がるショップだろう。

現在のデモカーである11年型チャージャーは、チャージャーのスポーティさを、ボディカラーと新しいペイント手法で表現するコンセプトの下、カスタムが施された。

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

独自に配合したキャンディレッドをベースに、カーボンボンネットのカーボンを残しながらラインを作り、リアに掛けてパターンペイント&ピンストライプを注入。リアフェンダーは溶接加工により2.5cmワイド化し、それによりリアホイールは22×12Jという極厚をセット(レースラインビレットホイール・エクスクルーシブ・22インチ/フロント・10J)。ブレーキは社外のフロント8ポット、リア4ポットに変更し、ユニバーサルエアのエアサスを組み込む。12Jのホイールがフェンダーに飲み込まれる着地の状態は、ロースタイル派にはたまらない光景だろう。インテリアにも手が加えられ、パネル類はボディ同色となり、オーディオはロックフォードで統一し、ドアなどにスピーカーを追加。

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

チャージャーの一番輝く姿を「たまたま」追い続けるエクスカーズ。その行動はいつまでも続くことだろう。

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

2011 ダッジチャージャー、2011 DODGE CHARGER

カスタムメニューで一番悩んだというのが、妖艶に輝く独自配合のキャンディレッドのボディカラー。そこにスポーティさを演出させるパターンペイント、ピンストライプがボンネットからルーフ、トランクに続く。ちなみにボンネットはカーボンタイプで、カーボンを残しつつペイントのラインを入れているのも拘りだ。

レースラインビレットホイール・エクスクルーシブのF:22×10J、R:22×12J

ホイールはレースラインビレットホイール・エクスクルーシブのF:22×10J、R:22×12J。リアフェンダーを溶接加工により2.5cmワイド化させ、エアサスによって見事なロースタイルを実現。

インテリアはパネル類をボディと同じくキャンディレッドにペイントし、オーディオはロックフォード。ドアやリア後方にスピーカーを追加している。

Produe:EXCARS
TEL:0867-34-1020
HP:http://www.excars-st.com

写真:高原義卓
文:相馬一丈


関連記事

  1. 2012y DODGE CHALLENGER SRT8 ハマーH2から、チャレンジャーSRT8のマニュアル仕様に乗り換え…
  2. DSC_3977 セダン好きのショップ社長が選んだサメ顔のチャージャー【コーストモ…
  3. 2018 Challenger SRT Demon、2017 Challenger SRT Hellcat EDGE CUSTOMS Challenger S ヘルキャットとデーモンを持つ世界的に見ても希少な存在!
  4. ガレージトップスピード いまチャレンジャーに乗るなら色にたかぶるベシ!
  5. _N6I1950 かつては大統領の専用車として採用されたこともあるコンチネンタル。…
  6. 2005y DODGE MAGNUM R/T、2005y ダッジマグナムR/T ダッジマグナムは希少価値の高いアメ車ステーションワゴン
  7. 2020y DODGE CHARGER GT チャージャーGTのトップモデル ワイドボディが遂に登場!!?
  8. DSC_4160 キャンプシーンを彩る頼もしき相棒「ラムバン」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×