SUV

リフトアップされたタホを一気にローダウン!

1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ

1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ

1998 CHEVROLET TAHOE

EXTREME AMERICAN

小学生の頃からの友人は、親友でありライバル。友人がアメ車デビューを果たしたことで、自分もアメ車デビューを決意した上森さん。一目惚れしたタホはリフトアップされていたものの、大好きなローダウン化に向けて大手術。ライバルの親友に負けないスタイルを目指し、カスタムがスタートする。

生粋のローダウン思考を持って、初のアメ車SUVも当然サゲサゲ!

カマロチャレンジャーなど、クーペモデルのカスタムが得意のイメージがある広島のジェットシティだが、SUVやフルサイズバンといったモデルも扱い、オーナーの幅広い要望に答えている。

紹介する98年型タホは、それまでUSトヨタのプロナードをベースにエアサス、オールペンなどフルカスタムを施していた上森さんの、初めてとなるアメ車。小学生の頃からの親友だった彼の友人が、国産車から16年型マスタングに乗り換えた姿を見て、「素直にカッコよくて羨ましい気持ちと、ちょっと悔しい気持ちがあった」との思いから、自分もアメ車デビューを目指したのが購入のキッカケだ。

友人がクーペのマスタングだけに、同じボディタイプでは面白くないと悩んでいるさなか、ジェットシティに置かれているリフトアップされたタホに一目惚れ。ただし上森さんの目には、リフトアップした状態から「ローダウンに変更した姿」が見えて惚れたのだった。それぐらい、上森さんは圧倒的ローダウン派なのだ。

1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ

絶対にローダウンというポリシーを貫く上森さんだが、実はこのタホは四駆。エアサスを入れて納得の行くロースタイルを出すために、フロントドライブシャフトを外しFR化し、さらにトーションバーも外しショック&エアバッグを追加して、アッパー&ロアアームを変更するという大手術が施された。

上森さんにとって、ローダウンはカスタムの第一歩。今後は内外装を大幅に変更する予定だという。

1998 CHEVROLET TAHOE、1998 シボレー タホ

元々はリフトアップされたタホであったが、上森さんの理想はローダウン。その要望に答えるべくジェットシティがローダウン化に着手。フロントドライブシャフト、トーションバーを外し、ショック&エアバッグを追加。それに合わせてアッパー&ロアアームは変更。エアサスはKRZ・EZ・VALVE。

ホイールはGRID GD2の20×10J(MATTEBLACK+MILLED)

ホイールはGRID GD2の20×10J(MATTEBLACK+MILLED)。

Produe:JET CITY
TEL:082-820-0377
HP:http://www.carshop-jetcity.com

写真:高原義卓
文:相馬一丈


関連記事

  1. ’05 Hummer H2、’05 ハマー H2 保育園の送迎から買い物まで、夫のHUMMER好きから始まったH2…
  2. 1995 Chevrolet Tahoe 自身の趣味と家族への思いやりを天秤に乗せた時「THIS is ち…
  3. 1966年 シボレー・シェベルSS ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! …
  4. HUMMER H2 タコマに乗る姉の影響を受けて選んだのはH2!
  5. JEEP WRANGLER UNLIMITED RUBICON ラングラー用ホイール第二弾となる「SONORAN(ソノーラ)」
  6. _HMP2462 ローダウンもリフトアップも理想のカタチを仕上げる匠 シボレーシル…
  7. シボレーサバーバン、シボレータホ リフトアップの定番とは異なる 異端児的なタホとサバーバンを徹底リ…
  8. FORD BRONCO、フォードブロンコ アーリーブロンコと共に歩む新たなライフスタイル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×