アウトドア

SEMAショーで見た同じスタイルの タコマを見てダコタでチャレンジ!


Dodge Dakot、ダッジダコタ

Dodge Dakota with Overlander Style

GO! GO! OUTDOORS!! アメ車と楽しめ「ソト遊び」
PLAY FOR THE SHEER JOY OF OUTDOOR

週末には自分の好きなアイテムを愛車に積み込んで、気の向くままに「ソト遊び」を楽しむ。そんなアウトドアラーたちが今、まさに増えている。だが、自由なひと時を謳歌するためには頼れる相棒が必要だ。ソト遊びを満喫するにはタフでワイルドなアメ車こそが最高のパートナー。さあ、アメ車とともにアウトドアへ繰り出そうじゃないか!!

昨今のSNS映えを意識したおしゃれキャンパーとは一線を画す、トラックならではの“ 理にかなった” スタイルで注目を集めるのが本国でも流行中のルーフテント。通常の目線とは異なる上から目線なサイトスタイルはオートキャンプ場でも注目の的!

不人気車でどれだけ、カッコ付けられるか?

ダッジ・ダコタと聞いても、あまり日本では馴染みがないかもしれないが、アメリカ本国では郊外の老夫婦などが足として使う大衆車。初代デュランゴと同じ顔を持ちながらも、ミドルサイズでラムトラックよりもひと回り小さいところが、今一つ日本で流行らなかった理由かもしれないが、アウトドアを嗜む上ではむしろこのサイズが好都合。多少狭い林道もグイグイ攻められる様にとローダウンを施していた車両を若干腰高に戻し、2WDのシングルキャビンながらアメリカンレーシングの15インチをゴールドに塗装してマッドテレーンタイヤを装着。JKラングラーのアンヴィル色にほんのりピンストを加えてオフロードテイスト溢れるスタイルへ一新。

特筆すべきはワンオフでルーフギリギリまで積載できる様にと工夫を凝らしたラスティックオリジナルキャリアで、スチールパイプを曲げて溶接した後に黒錆転換剤コーティングを施し、マットクリアー処理することで味わい深い質感へ。そのオリジナルキャリアにアースカラーのルーフテントが見事にマッチ。もはやテントありきでそのカラーコントラストが映えると言えるレベルの一体感。

Dodge Dakot、ダッジダコタ

Dodge Dakot、ダッジダコタ

実は最初に購入したテントではラダーの下側まで連結できる機能がなかったため、このテント2幕目。テント内は文字どおりロフトさながらの心地良さで、芝生にテントを張るより見晴らしが良くて風も通る。混雑している時でもプライバシーを守れて、地を這う虫たちからも解放されてメリットだらけ! 唯一の欠点はサイトを完成させると現地での移動手段に困ることのみ。むしろ現地での買い出しを必要としないくらい完璧に準備をこなせば、デメリットはなし。息子さんもこのスタイルにご機嫌の様子で、率先してアウトドアを楽しんでくれる様になったそうだ。映えるばかりに惑わされず、ワクワクする様な創意工夫こそ、アウトドアライフを豊かにする秘訣と言えるだろう。

Dodge Dakot、ダッジダコタ

バグガードやLEDバーを仕込み、アンヴィルカラーにマッチするアウトローなフェイス。フロントバンパーは下側を潔く取り去ることでアグレッシブかつオフロードテイスト溢れる雰囲気に。8J のリム幅でワイドトレッド化を施すことでミドルサイズながら迫力ある顔つきに。

シングルキャビンで全長の短いダコタでできる限り積載性を高めて、ルーフテントありきの強度を考慮して製作したオリジナルのルーフキャリア。太めのパイプとヤレた演出、そして“ 理にかなった”ワークホース感溢れる仕上がりは、見せかけだけの映えとは一線を画す味わい深さを感じる。ルーフテント収納時も思っている以上にコンパクトに収まる点も特筆物だ。

キャンプに必須とされる寝室とリビングスペースが愛車と一体化することで、無駄のない導線を確保し快適なアウトドアライフを堪能。ルーフ上は真夏でも風が通って涼しく、ラダーを降りた所でリビングスペースとして有効。2人なら十分すぎるスペースである。実際に中へ入ると、1階スペースは頭上も高くて大人が立っても余裕。寝室は大人2人が余裕で寝れるゆとりのスペースを確保しており快適そのもの。

ランタンにさりげなくピンストライプを取り入れるのはラスティックならでは。アンティークモノやビンテージランタンとは異なる、こなれた雰囲気の演出にピンストライプがマッチ!

DSC_5309

DSC_5576

現地でサイトを張るとダコタが走れないので、アメ車乗りの友人を数名誘ってキャンプすることもしばしば。年頃の息子が自分の友人とカードゲームなどで楽しむ姿も感慨深い。なんでも危ないからとやらせない様では成長しない。好奇心が旺盛で「やってみたい!」と興味を持ったことはできるだけやらせてあげるのもファミリーキャンプを楽しむ鉄則の一つだ。

原マサオミ・ソウタさん


関連記事

  1. 2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392 現代版マッスルカーの大本命! 一度味わうと虜になる DAYTON…
  2. 2016 DODGE CHARGER R/T SCATPACK、2016ダッジチャージャーR/Tスキャットパック 485hpを出力する6.4L V8のチャージャーを堪能せよ!!
  3. アメマガガール、アメ車女子 アメ車が好きというよりは、とにかくチャレンジャーが大好き
  4. 358 美しいボディだけが美学ではない傷や汚れも本物の証 シボレーC10…
  5. スミッティビルトも「オーバーランダー・テント」 今流のキャンプスタイルとして大注目の「オーバーランダー」
  6. 250 すべてがハイパフォーマンス 走る楽しみを味わうSRTヘルキャット…
  7. 2017 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5、2018 TOYOTA TUNDRA CrewMax SR5 2台のタンドラに施されたカスタムは、両極端なリフトアップとローダ…
  8. '71 DODGE CHALLENGER R/T 440-6Pack Plum Crazy、1971 ダッジチャレンジャーR/T 440-6パック プラムクレイジー 稀少なチャレンジャーコンバーチブルに440 6PACKを搭載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×