クーペ

ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーのチャレンジャーSRT392

2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392

2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392

2015y DODGE CHALLENGER SRT392

EXTREME AMERICAN

速く走ることだけが目的じゃない、曲がる・止まるを最優先

IMPACT BLUE
初のアメ車として、購入を夢見ていた現行チャレンジャー。ボディカラーはマイカラーである青のB5ブルーは絶対条件。2年前にその夢を叶え、長野の峠を楽しく走ることを目指し、速さだけではないチューニングを施していく。

目に見えない部分に大きな変化あり!

自身が身に着けるYシャツやネクタイ、バッグや靴下に至るまで青を選ぶtamaさん。これまで多くのクルマを所有してきたが、それらも当然ボディカラーは青だ。

初めてのアメ車となる15年型チャレンジャーSRT392は、以前から欲しかったクルマ。会社が軌道に乗るまで我慢し、2年前にその夢を叶えた。もちろんボディカラーは、モパーの代名詞であるB5ブルー。日常の足は当時所有していた国産車があったため、チャレンジャーは趣味であるカメラを持参し、長野の峠をドライブして写真を押えることを主な目的とした。しかしいざ乗り始めると、SRTならではの加速はあるものの、峠特有のコーナリングに対し車両のレスポンスが悪いと感じ、チューニングを施すことになる。

2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392

車両外観から見える変化は、ビーストラムエアフード、ブルーのワーク・エモーションCR 3Pの20インチホイール(特注オーダー)だが、フロント、リア共にサスペンションアーム類を一新、大口径のスウェイバー追加、カーボン製のドライブシャフト交換などで、軽量化とボディ剛性向上を実現。ブレーキはエンドレスの特注パッドに、超軽量のデモン・パフォーマンスのローターをセット。ローターだけで計10kgは軽量化したという。吸排気系も手が加えられ、ロンチューブヘダース、モパー・コールドエアインテークなどでチューン。他にも細かいチューニングパーツが目白押しでもある。

青い三連星の長男は、ただ青いだけではなく、峠の最強マシンへと変化している。

特注オーダーしたワーク・エモーションCR 3Pの20インチホイール。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ・4S

特注オーダーしたワーク・エモーションCR 3Pの20インチホイール。タイヤはミシュラン・パイロットスポーツ・4S(F275/40R/20・R295/35ZR/20)。ブレーキパッドはエンドレスの特注品、ローターはデモンパフォーマンス・ライトウェイトローター。交換作業したtamaさんによれば、純正より4枚で約10kg軽量化したという。

2015y DODGE CHALLENGER SRT392、2015 ダッジチャレンジャーSRT392

見えない部分に多く手を加えているが、ボディ外観を見て変化を見て取れるのが、デーモンを匂わせるビーストラムエアフード、現行レッドアイのオプションリアスポイラーの装着。

ディアブロスポーツCPU書き換え、BBK大径スロットルボディー、ブリスク・スパークブラグ、モパー・コールドエアインテーク、ロングチューブヘダースなどによりチューニングを施す。

ディアブロスポーツCPU書き換え、BBK大径スロットルボディー、ブリスク・スパークブラグ、モパー・コールドエアインテーク、ロングチューブヘダースなどによりチューニングを施す。とはいえ、チューニングのメインはエンジンではなく足回り。アイバッハのフロントコントロールアーム、BMRサスペンション・リアアッパー&ロアアーム交換、スウェイバー追加などで強化を図る。最近では、リアルカーボンのドライブシャフト交換など、驚きのパーツも追加している。撮影後にもレース用ブレーキパッド交換を行なうなど、愛車が変化していくことには貪欲だ。

5

オーナー:B’PRO Corporation. 玉木(TamaOnline)さん

自宅ガレージにはリフトまでも完備し、工具類も充実。パーツの交換作業は、ここでtamaさん自身が行なっている。今回紹介するアメ車3台の他に所有する軽トラも青で、過去に所有していたクルマすべてが青という青マニア。tamaさんは、パーツの販売や輸入代行等を行なってくれるようなので、気になる方はみんカラなどでコンタクトしてみては?


関連記事

  1. LUXZ EDGE CUSTOMS CHALLENGER S、2015y DODGE CHALLENGER R/T PLUS SHAKER LUXZ初のコンプリートモデル、斬新のボディラインを見よ!
  2. ダッジチャージャーワイドボディカスタム、DODGE CHARGER WIDEBODY CUSTOM チャレンジャー用をチャージャーで着こなすテーラーメイドが肝
  3. _N6I2600 ハイパフォーマンスMOPARもSPORT名古屋でGetできる!【…
  4. 01_AZR_MainA2_opt アメリカンの匠が提案する2つの幸せな選択肢 1969年型 シボレ…
  5. 2016y CHEVROLET CAMARO、2016y シボレー カマロ 究極のスラムドスタイルにグラインダー タトゥ―・ゴーストペイント…
  6. DSC_0154 同じC4コルベットでも前期と後期では異なる魅力を放つ
  7. FORD MUSTANG ELEANOR、マスタングエレノア 『60セカンズ』を駆け抜けた マスタングの名作“エレノア”がここ…
  8. 1970 Plymouth Hemi ‘Cuda、1970 プリマス バラクーダ クーダ 圧倒的なポテンシャルを誇るバラクーダ「クーダ」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×