SUV

青い三連星ともいえる愛車の新旧チャレンジャーとグランドチェロキー

青の三連星、1973y ダッジチャレンジャー、2015ダッジチャレンジャーSRT392 2015y ジープグランドチェロキー

青の三連星、1973y ダッジチャレンジャー、2015ダッジチャレンジャーSRT392 2015y ジープグランドチェロキー

1973y DODGE CHALLENGER
2015y DODGE CHALLENGER SRT392
2015y JEEP GRANDCHEROKEE SRT

EXTREME AMERICAN

青に魅せられ青く染める、衝撃の青い三連星!

IMPACT BLUE

所有する愛車の全てをブルーに染め上げるなど、筋金入りの「青好き」が、長野県在住のtamaさんだ。青い三連星ともいえる愛車の新旧チャレンジャーグランドチェロキーを一同に集め、友人とともに撮影会が行なわれ、アメマガもその現場にお邪魔した。

自宅にはリフトも完備し取付作業はすべて自分

キャラバン山梨や、2018年のamZに独特なフェイスになったブルーのグランドチェロキーで参加し、「いつか個別撮影したい候補」として編集部内で名前が挙がっていたtamaさん。しかもグラチェロの他に、同じボディカラーのチャレンジャーSRT392も所有し、こちらはこちらで、チャレンジャーオーナーの間では一目を置かれているモデルでもある。そして昨年末、新たにブルーの仲間に入ったのが、73年型チャレンジャー。黒い三連星ならぬ、「青い三連星」が完成したのだ。

3台に装着しているほとんどのパーツの取付けは、tamaさんが自宅ガレージで行なったもの。なんと、リフトも完備しているとか。「単なるクルマ好きです」と語るが、パーツ探索、交換作業、愛車撮影など、愛車に対して誰にも負けない拘りを持つ。自慢の青い三連星を紹介していこう!まずは、73年式ダッジチャレンジャー。

1973y DODGE CHALLENGER

1973y DODGE CHALLENGER、73年式 ダッジチャレンジャー

1973y DODGE CHALLENGER、73年式 ダッジチャレンジャー

エンジンを7.2ℓV8に載せ替え

2018年末に3番目のアメ車として購入した73年型チャレンジャー。現行型を所有してからずっと探していたようだが、ようやく納得できる状態のものをゲット。購入後、当然ながら2台と同じB5ブルーにオールペン。エンジンを7.2ℓV8に載せ替えられており、エンジン内のエアフィルターなどもブルーに変更。

5

オーナー:B’PRO Corporation. 玉木(TamaOnline)さん

自宅ガレージにはリフトまでも完備し、工具類も充実。パーツの交換作業は、ここでtamaさん自身が行なっている。今回紹介するアメ車3台の他に所有する軽トラも青で、過去に所有していたクルマすべてが青という青マニア。tamaさんは、パーツの販売や輸入代行等を行なってくれるようなので、気になる方はみんカラなどでコンタクトしてみては?


関連記事

  1. _HMP8370 高級SUVをメインとしたカスタムブランド「BCD」ブランド第1弾…
  2. 2018 ジープ グランドチェロキー トラックホーク グランドチェロキートラックホークをチューニングし、900hpオー…
  3. 2019 CHEVROLET CAMARO SS 1LE、2016 DODGE CHALLENGER SRT392 いつかは2人でアメリカンマッスルカー!という思いを遂に実現【チャ…
  4. 1973 Pontiac Firebird Trans Am、1973 ポンティアック ファイアーバードトランザム ファイヤーバードのトップグレードがトランザムだ!
  5. ダッジマグナム、DODGE MAGNUM ダッジマグナムを愛車に子育てを満喫。使い勝手に優れるステーション…
  6. 1959 CHEVROLET IMPALA 59インパラの一番の魅力はインパラ最大のテールフィン
  7. 2021 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK SHAKER WIDEBODY シェイカー、ワイドボディ、新色の3拍子揃った最旬モパーマッスル!…
  8. 2021 GMC HUMMER EV なぜ今、ハマー復活なのかGMのEV本気度

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×