ビンテージ

セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD MODEL A

1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA

1928 FORD MODEL A

これまで夏の風物詩として毎年開催されてきた「スーパーアメリカンフェスティバル」2017年までは富士スピードウェイで開催されてきたが、2018年からはお台場に場所を移している。これは「アメ車をアメ車ファンだけのものとしてではなく、もっと広く一般の人たちにも見てほしい」という主催者である増井氏の想いを反映してのこと。その想いが通じ、2018年はお台場を訪れた一般の人たちが数多く来場して大いに盛り上がったことが記憶に新しい。

2019年はというと、残念ながらオリンピックの準備のためお台場を使用することができないとあって、千葉県千葉市にあるフェスティバルウォーク蘇我にて10月13日に開催された。カーショーなどにエントリーしない一般の入場料は2018年と同様1人千円として、できるだけ多くの人たちにアメ車を見てもらえるように配慮した。

1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA

そしていつもであれば増井氏の愛車を紹介するのが恒例なのだが、まだ日本へ輸送途中ということで、友人である新井氏の1928年型フォード・モデルAを取り上げることとなった。このモデルA、一目見ただけでタダならぬオーラを放っていることは言うに及ばず。新井氏曰く「セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムを施していますから」と。確かに戦前のモデルをベースにするストリートロッドを見てみると、トラディショナルスタイルやラットスタイルを取り入れる傾向がある。しかし、常識を覆すことがカスタムする楽しさでもある。それを体現しているのがこのモデルAというわけである。

1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA

1928 フォード モデルA

エクステリアにはブルーのキャンディにリアルフレイムスを描き、エンジンはシボレー350にエーデルブロックのスーパーチャージャーを組み合す。ミッションは350だが近々700に換装予定。ブレーキも前後ともディスク化する手はずということで、まだまだ進化の途中といった様子。

 

尾林ファクトリーの手によって仕立てられたインテリア。メーター回りを一新しているのはもちろん、ルーフ前面にはモニターを配置。リアにはオーディオを配置するなど、戦前のモデルとは思えないほど上質にあつらえられているのだが、ボディ色に合わせてリメイク予定。

OWNER:Masanori Arai


関連記事

  1. _N6I2959 ラプターであってラプターに非ず! 猛禽類を恐竜クラスにアップデー…
  2. ダッジチャージャー、DODGE CHARGER 希少なビンテージMOPARを見て触って試乗できる東海カーズ
  3. 1972 GMC C1500 目力の強い精悍なマスクが魅力のGMCのピックアップトラック
  4. _N6I2636 映画「グリーン・ホーネット」の劇中で実際に使用されたインペリアル…
  5. B0V0366 ワイドスモールカーという前衛的アプローチの70年代を象徴する存在…
  6. 2018 FORD MONDEO ESTATE ZETEC EDITION 北米では販売されていない、モンデオはある意味レア車
  7. main エレノアらしい“走り”を磨き上げた珠玉の一台、シェルビーマスタン…
  8. 1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ セカンドジェネレーション初期の66年型 ビュイック・リビエラ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×