クーペ

上品なスタイリングに暴力的なパフォーマンス、ポンティアックを代表する最強のマッスルカー

1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO

1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO

1966 Pontiac GTO

GORGEOUS 60’s 絢爛たる60年代

メーカー純正ホットロッドとも言えるマッスルカーのレシピを確立した存在であり、60年代に誕生したサブカルチャーであるサーフ&ホットロッドにおけるアイコンでもあるポンティアックGTO。上品なルックスと暴力的なパワーを持つポンティアックの代表モデルだ。

3連装キャブ「トライパワー」で武装した猛獣

GTOというネーミングは、フェラーリが250GTOで採用したのと同じく、イタリア語のGran Turismo Omologato(GTレースカーのホモロゲーションモデル)を意味する。ポンティアックでは、インターミディの主力モデル、ル・マン、テンペストをベースに、フルサイズ車の大排気量エンジンをモディファイした上で搭載するといった、ホットロッド的なアプローチで誕生した。

その過激なポテンシャルは、主にドラッグレースで発揮された。デビューした64年の時点では、テンペストのハイパフォーマンスグレードという位置付けだったが、モデルチェンジによって、コークボトルなボディと、縦目4灯式ライトによる精悍なルックスを得て、1モデルとして独立したこの66年型が象徴的な存在。上品でスタイリッシュなルックスと、大排気量エンジンに3連装キャブレターや4速マニュアルトランスミッションで武装したGTOは、若者の憧れとなった。

当時西海岸では、サーフィンとホットロッドがシンクロして盛り上がり、サーフ&ホットロッドとして音楽や映画のフィールドでもテーマになるほど一般化。そこではGTOが取り上げられることが多く、モデルのキャラクターとマッチして象徴的な存在となった。暴力的なパフォーマンスと、スタイリッシュなルックスの二面性は、スポーツとしての危険性と、ファッショナブルな要素を兼ね備えるサーフィンと重なって、魅力を引き立てたのだ。

この個体は、まさにそんなイメージにピッタリの仕様。マリナブルーの車体色にマッチするホワイトのトップ&インテリアによる上品なルックス。「トライパワー」こと3連装キャブで武装する389ci(6370cc)エンジン。そして、純正採用によるハースト製シフターを持つ4速マニュアル車という、マッスルカーの王道にして、希少な個体。

1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO

マリナブルーに映えるホワイトのトップが採用されたことで、コークボトルラインを取り入れたボディの美しさと、ダックテールスタイルのCピラーが際立っている。ルーバー式のテールレンズはGTOならでは。控えめながらもスクープのあるフードは、マッスルカーの条件。唯一のアレンジであるクレーガーSSホイールが実によく似合っている。

1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO

1966 Pontiac GTO、1966 ポンティアック GTO

4連装のメーターを配置するクラスターは、ウッド調の化粧が施されたGTカー的なスタイル。センターコンソールに設置されたバキュームゲージが純正オプション品。ホワイトのシート&内張は、メタリックがかった60’sならではのリッチなスタイル。

クレーガーSSホイール、BFグッドリッチ・ラジアルTA

ベースモデルのテンペストに対して、GTOでは強化アンチウェイバーとヘビーデューティショックが標準装備。総合的にストックを保持するが、唯一のアレンジとしてクレーガーSSホイールを採用。装着タイヤは、定番のBFグッドリッチ・ラジアルTA(215/70R15)

ラムエアー・パッケージによる389ciエンジン

3連装キャブレター(2バレルx3機)の“トライパワー”が採用された最後の年式。ラムエアー・パッケージによる389ciエンジンの最高出力は360hp。大排気量V8と4速マニュアルの組み合わせこそ、往年のマッスルカーの真価である。

MARIN CORPORATION
Tel:03-5809-8115
HP:http://www.marinmarin.com/

Photo ◆Hiroshi Seino
Text ◆Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 2020 フォードマスタングシェルビーGT500 公道走行認可最大スペック760馬力の猛馬 マスタングシェルビーG…
  2. 1928 フォード モデルA セオリーに囚われることなく、掟破りなカスタムで魅せる FORD …
  3. DODGE CHALLENGER R/T SHAKER、ダッジチャレンジャー R/T シェイカー 60’s、70’sのモパー系を色濃く感じ…
  4. 1950-1960_tobira のコピー アメリカ車のイメージが確立され、ビッグ3が大躍進を遂げる
  5. DODGE ICE CHARGER、ダッジアイスチャージャー ワイルドスピード8に登場した、あのマシンが遂に日本に上陸!アイス…
  6. 1969y CHEVROLET IMPALA COUPE、1969年シボレー・インパラ クーペ フレームオフレストアにより、美しく生まれ変わったインパラ・クーペ…
  7. 2017 DODGE CHARGER DAYTONA 392、2017 ダッジチャージャー デイトナ392 現代版マッスルカーの大本命! 一度味わうと虜になる DAYTON…
  8. 2012 CHEVROLET CAMARO、2012 シボレーカマロ すべて面倒を見てくれる救世主の存在が、想像以上のカマロを生み出す…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×