クーペ

ニッチなルセーバーをムーンアイズが、オーセンティックなカスタムとしてブラッシュアップ

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”

GORGEOUS 60’s 絢爛たる60年代

仮想未来感溢れる美しいスタイリングのバブルトップ車は、コレクタブルな存在ながら、なぜかニッチな「ルセーバー」。高級ブランドであるビュイックならではのキャラクターにマッチしたエレガントな仕上がりや、オーセンティックなカスタムの秀作としても注目!

オールドスクールスタイルを貫いた秀作

折れてしまいそうなほど、か細いピラーが特徴の「バブルトップ」ことクーペは、ガラス面積を最大限に稼ぎながら、大胆にラウンドしたキャノピー形状の美しいシルエットが魅力的。シボレー・インパラをはじめ、同じBプラットフォームを共有するポンティアック、オールズモビル、ビュイックの各ブランドの上級グレードのクーペとしてラインナップされた。

新車当時はともかく、現代においては、とにかくシボレー・インパラがダントツの人気。カスタム、ローライダー、ホットロッドと、多方面で人気が高いため、近年では完全にコレクタブルカーとして手の届きにくい存在となっている。他のブランドのモデルにおいても、バブルトップありきでニーズが高いのだが、中でもビュイックは最もニッチな存在となっている。ビュイックはGM内の立ち位置では、キャデラックに継ぐ高級ブランドなだけに、新車時の価格では最も高額ながら、現在の市場においては、最も入手しやすい存在だったりする。

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

ムーンアイズとしても、バブルトップありきでルセーバーを入手。モデルのキャラクターを活かして、オーセンティックなカスタムとして磨き上げた。リバース・リムのクレーガーSSホイール&ホワイトリボンタイヤが絶妙に似合う、オールドスクールなスタイルを貫いた、いそうでいないお手本的な秀作。

ボディは基本的にストックを活かし、仮想未来感のある独特なスタイリングが、フェードペイントと、絶妙なピンストライプによって際立っている。真っ白のインタリアや、シンプルにまとめたエンジンルームまで、見事なショークオリティでフィニッシュ。ショップのガレージに展示中なので、その美しさを実際にチェックしていただきたい!

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

1961年型は、50’sとの過渡期ならではの一癖あるスタイリングで賛否が割れるが、仮想未来感のある当時ならではのスタイリングが魅力大。ポピュラーなシボレー・インパラに対して、ビュイック・ルセーバーは高級志向とあって、よりエレガントなスタイリングとなっている。前後ともに、先の尖ったスタイリングが採用され、姉妹車の中でも最もシャープな印象。絶妙にフェードするペイントと、完璧なピンストライプによって、持ち前のスタイリングの美しさが、最大限に引き出されている。そのさじ加減にこそ、高いセンスが要求される。

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

シンプルで誠実な仕上げのクオリティは、まさにショーカーレベルながら、その素晴らしさは写真ではなかなか伝えきれない。ルセーバーにおいてこれほど美しい個体は、アメリカでも目にすることは稀。この個体を通して61年型ルセーバーの魅力を思い知らされた。

ミラーマジック

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

1961 Buick LeSabre “Moonblessing”、ビュイック ルセーバー

“ミラーマジック” と呼ばれる鏡に反射させる独自のメーター。鏡はダイヤル式に稼働するため、着座位置が異なるあらゆるドライバーにも対応する高級車ならではのギミック。定番のタック& ロールで仕立てた内張&シートのクオリティも見事。

Cragar SSホイールは、14×6リバースオフセット、ホワイトリボンのUS Royalタイヤとの組み合わせ

オールドスクールなカスタムとして、エアーサスペンションなどのシステムは採用せず、ストックのメカニズムを活かして、スプリングのアレンジなどでロワード。お馴染みのCragar SSホイールは、14×6リバースオフセットというサイズが要。ホワイトリボンのUS Royalタイヤとの組み合わせによって、王道的なマイルドカスタムとしてのキャラクターをアピール。

ネイルヘッド364ci

独特な形状が目を引くエンジンは、ビュイック独自のネイルヘッド364ci。バルブカバー&エアークリーナーは、アルミ製のムーンアイズ・オリジナル製品。ファイヤーウォールのスムーシングなど、センス良くディテーリングされたエンジンルームも外装と同様にフェードペイント。

MOONEYES
Tel:045-623-5959
HP:http://www.mooneyes.co.jp/

Photo ◆ Hiroshi Nose
Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1966年 シボレー・シェベルSS ミドルサイズの大衆車「シボレー・シェベル」。普段乗りもできる! …
  2. 0S7A8016 V8 351搭載のホットなランチェロGT【BUBU横浜】
  3. 3M7A0439-1 ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有…
  4. 2020 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [FROSTBITE]、2019 DODGE CHALLENGER R/T SCATPACK [B5 BLUE] チャレンジャーに新たに採用された“フロストバイト”を同系色の“B…
  5. _8MP0108 最新型カマロを入手するすこぶるスマートな方法【ラインハート】
  6. 1970 DODGE CHALLENGER ダッジの象徴的なモデルの70年型チャレンジャー
  7. _N6I0358 SMS570Xを惜しげもなくカスタム 素材の良さをラグジがさらに…
  8. 2018 FORD MUSTANG PREMIUM Eco Boost Performance PKG 走りと経済性のバランスが取れた、マスタングエコブーストモデル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×