クーペ

マスタングのもっともベーシックな仕様である、直6エンジン搭載の第一世代のクーペ

1965 Ford Mustang

1965 Ford Mustang

1965 Ford Mustang

GORGEOUS 60’s
絢爛たる60年代

リアルなアメリカを追求する上でたどり着いたマスタングは、初期型クーペの直6エンジン搭載車。背伸びせずに付き合えるパーソナルカーとして、もっともベーシックな仕様こそが爆発的なセールスの大半を占める。オリジナル度の高いサバイバーをアメリカより輸入!

アメリカらしさにこだわった「直6」クーペ

マスタングといえば、一般的にもポピュラーなモデルとして、アメ車の枠を超えてお馴染みの存在。さまざまなフィールドでの露出も多く、もはや説明不要といった感じ。こと日本では、アイコンであるシェルビーの人気や、国内に正規で輸入された仕様による、ハイパフォーマンスモデルとしてのイメージで完全に定着している。

しかしながら、実際のマスタングの本質は、メカニズムなどの主要部分を、大衆車ファルコンをベースにしながら、スタイリッシュなボディと、豊富なオプションによって、安価にしてリッチなパーソナルクーペとして、爆発的なセールスとなった。それだけに、出荷されたマスタングの大半が、搭載エンジンは直6というのが実情。アメ車はV8が当たり前と思い込んでいるのは、高級輸入車として販売された国内正規での仕様が高価なV8を設定していたことに由来している。

もちろん、パフォーマンスを求めるなら、間違いなくV8となるのだが、目的に応じてチョイスするのがアメリカ式であり、背伸びをして上級グレードを選ぶということもないため、マスタングといえば、直6エンジン搭載のクーペが大半を占めるのだ。

この個体もまさにそんな1台で、アメ車の前に、アメリカ製品のデザインやカルチャーにハマったオーナーならではの、リアルなアメリカンの追求によるセレクトとなっている。しかし、そんな仕様こそ日本国内では見つからず、結局はアメリカで見つけ出して輸入した。モデルイヤーの割にはクリーンな状態で、ホイールキャップもストックにこだわっているのがポイント。登録までの総額も200万円以内に収まっており、いろんな面でフレンドリーなのが魅力!

1965 Ford Mustang

日本では「ファストバック」ばかりが注目されるが、クーペこそがマスタングの基本であり、クーペとしての美しさが爆発的なヒットを生んだ。ホワイトリボンタイヤや、ホイールキャップまでストックに拘りながら、車高プロポーションのみをアレンジして魅力と乗り味を高めている。

1965 Ford Mustang

ハイパフォーマンスな上に、希少なパッケージを装備するコレクタブルなマスタングとなると、数千万円にも及ぶ価値がつくが、同じマスタングでも、最もベーシックな仕様であれば、日常仕様に問題なく対応するこんなクリーンな個体であっても、輸入から新規登録まで200万円以内で収まるというのは特筆点だ。

タイヤは純正採用と同等のホワイトリボンレミントン(205/75R14)。ベーシックな直6車の場合、ラグナットが4穴となっており、プアーな印象を受けるため、社外品のホイールへの変更は避け、あえてストックのホイールキャップを装着。

1965 Ford Mustang

1965 Ford Mustang

スタンダードダッシュ、センターコンソール無しの至ってベーシックな仕様ながら、クロームなどは良い状態で、全体的にスッキリとしている。室内はコンパクトだが、クーペならではの開放感で、後部座席も窮屈さを感じない。

搭載エンジンはスタンダードな直列6気筒170ci

搭載エンジンはスタンダードな直列6気筒170ci。出力は100hp程度ながらも、車重が軽いため、現代においても、問題なく対応できる。ミッションもスタンダードな3速マニュアルの組み合わせで、AT以上に軽快な走りが得られる。

Photo & Text ◆ Hideki Ishibashi


関連記事

  1. _N6I2636 映画「グリーン・ホーネット」の劇中で実際に使用されたインペリアル…
  2. 1970 Chevrolet C20(1968 Look)、シボレーC20 アメリカはもちろん日本でも「スクエアトラック」がキテる!!!
  3. main のコピー シボレーステップバンP10は、今や希少な存在であり、入手できる機…
  4. 1964 Chevrolet Corvette STING RAY、1964 シボレー コルベット スティングレイ 歴代コルベットの中でも特に人気の高い、美し過ぎる高性能スポーツカ…
  5. 1967y CHEVROLET C10 レアな二台!ポンテアック・グランプリ、そして丸目4灯フェイスのC…
  6. _B0V1010-1 休日のアシに活躍する〝惚れるカマロ〟1970y Chevrole…
  7. 1968y CHEVROLET El Camino、1968年シボレー・エルカミーノ ボディサイズの割に乗車定員は3名と、ある意味贅沢なクルマと言える…
  8. 1967年 フォード・マスタング エノレア 映画『60セカンズ』の劇中車としてお馴染みの“マスタングエレノア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×