クーペ

スタイリッシュなアピアランスと マッスルカーに匹敵するポテンシャルを持った ビュイックのラグジュアリー・パーソナルクーペ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport

GORGEOUS 60’s 絢爛たる60年代

フォード・サンダーバードに対抗するラグジュアリー・パーソナルカーとしてビュイックが放ったリビエラは、C2コルベット同様、ビル・ミッチェルによるスタイリッシュなデザインとマッスルカーに匹敵するポテンシャルを兼ね備える。そのキャラクターのバランスが優れたセカンドジェネレーション初期の66年型は、最も高セールスを誇る。

存在感のあるスタイリングと品格の高さが魅力

日本ではマイナーなビュイック車の中でも、近年特に人気が高まり、注目されているリビエラ。国内でリビエラといえば、歴代モデルの中でも、「ボートテール」が特徴のフルサイズとなったサード・ジェネレーション(1971~1973)がお馴染み。カスタムやローライダーとしての人気が高く、ラグジュアリーなイメージが強い。しかし、そもそもリビエラは、サンダーバードに対抗するパーソナルクーペとして、他のモデルとは共有しない独自のボディーで63年にデビュー。サンダーバードよりは若干大きくも、ルセーバーよりは一回りコンパクトで軽量なのがポイント。

340hpを発生する425ciネイルヘッド・エンジンの搭載、ロック・トゥー・ロック3.5回転のステアリング、バランスの良いサスペンションによって、パワフルなパフォーマンスと機敏な反応の走行性能を持ちながら、乗り心地の良さを確保する。サンダーバードがスポーティなイメージにして高級パーソナルカーとしての要素が強かったが、リビエラは、ラグジュアリーなイメージに反して走行性能が高く、スタイリングの面でも先進的で独自の魅力に溢れている。

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

後にビュイック・ハイパフォーマンスの称号となるGran Sportオプションが導入されたモデルという点でも、単なるラグジュアリーなクーペではなく、パフォーマンスカーとしてのれっきとしたペディグリーを持ち合わせている。コンシールド・ヘッドライトによる威圧感のあるマスクと、モダンかつグラマラスなボディによるルックスからは、高級車ならではの品格がある。それでいて、スポーティな走行性能を備えた独特のキャラクターは、人気俳優が演じる悪役やエージェントのようでカッコイイのである。

66年型には、455ci、430ci、そして、この個体に搭載されるビュイックならではのネイルヘッドV8の425ciの3種の7リッター超えのエンジンが設定された。トランスミッションは、強化型の3速ATのみの組み合わせ。

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

真上から見ると、M字型に両サイドのクォーターパネルが張り出した独特のスタイリング。その仮想未来的ともいえるモダンなシェイプは、C2コルベット同様、デザインチーフとしてビル・ミッチェルが指揮している。ホイールも含めてストックをキープしているが、現代の都心においても、違和感なくマッチする。

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

 

F:ダブルウィッシュボーン、R:トレーリングアーム&ラテラル・ロッドによるリジッド・アクスルというメカニズムは、他のビュイック車と共通ながら、GSパッケージ車としてヘビーデューティ用サスペンションを装備。オリジナルの専用ホイールには、ストックでホワイトリボンタイヤ(225/75R15)が装着される。

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

1966 Buick Riviera Gran Sport、1966 ビュイック リビエラ グランスポーツ

ステアリング、コンソールなどにウッドを使用して、リッチな雰囲気を与えながらも、文字盤が縦方向に回転するスピードメーターを採用するなど、近未来的な雰囲気が味わえる。シートは当時としてはスポーティなバケットタイプ。ATのシフターは、後にGMスポーツモデルで定番化する“ 馬蹄型”。

Photo ◆Hiroshi Nose
Text ◆Hideki Ishibashi


関連記事

  1. 1950-1960_tobira のコピー アメリカ車のイメージが確立され、ビッグ3が大躍進を遂げる
  2. 2013 シボレー カマロRS 街で見かけたカマロに心奪われ、初めてのアメ車デビュー!
  3. 1966 CHEVROLET C10、1966シボレーC10 スクエアなボディシルエットが魅力の初代C10のショートボックス
  4. 2019 CHALLENGER SRT HELLCAT REDEYE WIDEBODY デーモンの後を受ける最強モデル ヘルキャット・レッドアイが遂に日…
  5. 2018 フォードエクスプローラーリミテッド、2108 フォードマスタングエコブースト アメリカンクーペからSUVまで、フォードも充実したスパーク
  6. 2013y DODGE CHALLENGER SRT8 HPE600、ダッジチャレンジャーSRT8 マッスルというよりも「スポコン」的な要素を入れた独自路線を突き進…
  7. FORD MUSTANG、フォードマスタング 若いうちは好きなことをしたいと、揃ってマスタングを選択したカップ…
  8. ダッジチャレンジャーR/T スキャットパック ワイドボディ、ダッジチャージャーSRT ヘルキャット モダンマッスルの人気を支えるチャレンジャー&チャージャー最新モデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×