SUV

NEWエクストリームタイヤを試す!!SUV&トラックにベストフィット!

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

コウサカ、JLルビコン買ったってよ!北米仕様ラングラー購入記

YOKOHAMA GEOLANDAR X-AT × Jeep WRANGLER RUBICON

4WD・SUV タイヤのスペシャリスト、ヨコハマタイヤ「GEOLANDAR(ジオランダー)」が、またやってくれた! 2018年リリースされた「ジオランダーX-MT」に続き、またまたエクストリームタイヤ、「ジオランダーX-AT」をリリースしてくれたのだ! ターゲットはズバリ、大型4WD&SUV、そしてピックアップトラック。アメ車乗りは要チェックだ!

ATとMTの隙間を埋める、エクストリームATタイヤ

従来からのMT(マッドテレーン)、AT(オールテレーン)、HT(ハイウェイテレーン)に加え、近年はエクストリームタイヤの「X‐MT」、オンロードのスペシャリティ「X‐CV」など、「Xシリーズ」と呼ばれるモデルを設定し、趣味性の高いユーザーに向け、魅力的な展開をはかっているヨコハマタイヤの「ジオランダー」シリーズ。MT、CV(HT)と来たら、そう、今回はいよいよAT…「ジオランダーX‐AT」の登場だ!

つまりはオールテレーンのスペシャライズドモデル。最近のATタイヤは環境規制や快適性の追求から、どんどんオンロード指向が強くなっている。一方、MTタイヤは悪路性能強化・ドレスアップ性追求などで、オフロード指向が高まりすぎている面も。今回のX‐ATは、そうして「立ち位置が離れてしまったATとMTの中間のポジショニング」を意識して開発されたという。

ジオランダーX‐ATの特徴は、まず新開発のアグレッシブブロックパターン。大柄でソリッドなブロックをオフセット配置、ジグザグに刻まれた溝が様々な路面でのトラクション確保と、操縦安定性や静粛性の向上に一役買っている。さらにMTタイヤ系コンパウンドの採用や、3プライ構造などで、耐摩耗性や耐パンク性、長寿命といったタフなスペックも実現された。

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

サイズは外径32 ~37インチの、大型4WD&トラック対応のラインナップ。アメ車乗りにはウレシ過ぎる設定なのだ!

マッドテレーンより快適にオールテレーンより遊べる

さて、そんなワケで、Jeepラングラーも重要なターゲットモデルとなっている「ジオランダーX‐AT」。せっかく「JLルビコン・ショート」があるのだから、試してみないテはない! 選んだサイズは35×12.50R17LT。サスペンションがノーマルのまま、こんなエクストリームなサイズを履けてしまうのだから、やっぱりスゴいぜ、JLルビコン!

まずオンロード。エア圧はLT規格のタイヤなので、純正指定2.5キロのところ、2.9キロに設定。乗り味はしなやかで、しかもサイドの剛性が上がった分、ハンドリングにしっかり感が出た。コーナリングもキビキビ…とはいかないが、一連の挙動が気持ちよく、普段乗り、遠乗り、高原ドライブ…なら、この設定でOK。ちなみに、かつてジムニーシエラに履いて8万kmもったジオランダーA/T‐Sより、さらに長寿命性は向上している、とのことだから、ユーザーにはうれしい。

オフロードでは、エア圧を純正指定の2.5キロに落としてみる。まず、マッディな路面のモーグルで、力強いトラクションを見せてくれた。ルビコンのサスペンションの踏ん張りも効いているのだが、その意味で、ラングラーとの相性はバツグンだ。タイヤ剛性の高さから、ロックにも果敢にアタックできるのがありがたい。少し反発するようなところがあったのと、濡れた石にはグリップしにくいところがあったので、もう少しエア圧を落としてみてもよかった。まあ、そこまできたら、MTタイヤの作業場だろうけれど。

ON ROAD

ヨコハマジオランダーX-AT

MTタイヤと見間違うばかりのアグレッシブなトレッド&サイドデザイン、さらに3プライタイヤ構造と、いわゆる“タイヤの硬さ”を覚悟していたが、とんでもない! 今回装着の35×12.50R17サイズはLT規格なのでエア圧も標準より15%ほど高めに設定したが、乗り味はしなやかで、トレッドを打ち付けるようなガタガタ感も、同乗者との会話を遮るようなロードノイズもない。ハンドリングも小気味よく、普段乗りのタイヤとして十分、オススメできる!

 

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

前後リジッド、しかも35インチサイズということで、狭いワインディングをキビキビと走れるわけではないが、ステアリングの入りや基本的な挙動は小気味いい。コーナー手前からのブレーキ、コーナー中の姿勢に安定感がある。

 

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

35インチサイズは10PR構造。LT規格でもかなり高剛性なタイヤだが、乗り味に硬さはなく、トレッドが路面を打つガタガタ感や、タイヤノイズもほとんどない。高速走行はしなやかで、ロングドライブも快適にこなしてくれた。

 

どっちで履く? デュアルサイドブロックデザイン

ヨコハマジオランダーX-AT

ヨコハマジオランダーX-AT

ジオランダーX‐ATの大きな特徴。それは「デュアルサイドブロックデザイン」。タイヤの片側はアグレッシブな大型ブロックタイプ、もう片側はアメリカンなイメージのラグタイプと、サイドの両側で異なるデザインを採用しているのだ。もちろん、どちらを表に装着しても、パフォーマンスに変わりはなし。さて、キミならどちらを選んで履く?

FLAT DIRT

ヨコハマジオランダーX-AT

フラットダートこそ、ジオランダーX-ATがもっとも得意とするフィールドだろう。細かいギャップや小石の散らばる路面も、適度に硬めのトレッドとサイドのいなしが効いていて、とにかく乗り心地がいい。多少、ガレた場所も、プライ数の多いこのタイヤなら踏み込むのも安心だ。少しスピードを上げた走りでも、トラクションは良好、とくにサイドのグリップがいいので、リヤから不用意に横へ滑ってしまわないのがいい!

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

オンロードで感じたしなやかな乗り心地は、林道や河原のようなダートに入ってもそのまま。タイヤの剛性は高いが路面への当たりはやわらかく、またラングラーのサスペンションのよさも手伝って、長い距離も快適に乗っていられるはず。

 

HILL CLIMB & DOWN

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

ルーズな小石の路面のヒルクライム。意地悪く坂の途中からの発進を試みたが、いたずらに路面を掘ってしまうようなこともなく、スムーズに坂を駆け上がっていく。ザクザクになった路面の下りでも、タイヤが流れてしまうことがなく、しっかり舵を取れる。

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

ヨコ方向だけでなく、タテ方向へのトラクションも頼もしい。このあたりのグリップ感は一般的なATタイヤ以上のものを感じさせる。

 

MOGUL

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

ヨコハマジオランダーX-AT

JL ルビコンのサスペンション・アーティキュレーションの強さによるところも大きいが、それに十分応えるトラクション能力をタイヤが備えている。オンロードであれほど快適に走れ、ここまで遊べるタイヤなら、自信をもって多様なユーザーにオススメできる!

 

ROCK

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

ヨコハマジオランダーX-AT

ロックセクションはルビコンといえど 苦労するシーンもあったが、エア圧をもう少し落として臨めば、さらに走破性はアップしたはず。ただ、リアルな突破を目指すならMTタイヤを選択したほうがいいかも。オンロードはX-ATほど快適ではないが…。

 

Cross Country

2018 ジープラングラールビコン、ヨコハマジオランダーX-AT

MTより優れた快適性能、ATよりも秀でたオフロード性能…を標榜するだけに、ジオランダーX-ATのクロスカントリー性能も圧巻だ。路面が湿って緩くなっているモーグルでも強いトラクションを発揮し、タテ・ヨコにいたずらにスリップすることなく、コブを超えていく。ロックセクションは、乾いた岩なら問題ナシ。少し湿った岩もエア圧を2キロ以下に落とすなどで、さらなる走破性が期待できる。ただ、MTなら難なく走ってしまうそうだったが。

ジオランダーX-AT 発売サイズ

20inch 33×12.50R20 LT 114Q
20inch 35×12.50R20 LT 121Q
18inch 33×12.50R18 LT 118Q
18inch LT285/65R18 125/122Q
17inch 35×12.50R17 LT 121Q
17inch 37×12.50R17 LT 124Q
17inch LT265/70R17 121/118Q
17inch LT285/70R17 121/118Q
17inch LT295/70R17 121/118Q
16inch LT265/75R16 123/120Q

新技術満載! X-ATのプロフィール

X-ATのトレッドパターンは完全に新開発されたもの。タイヤプロファイルには4WD・SUVタイヤ専門ブランドとしてのノウハウが注がれ、またコンパウンドや内部構造はMT系の、パタンノイズを低減するピッチバリエーションにはAT 系の技術が応用されている。

 

内部構造、コンパウンド、ピッチバリエーション

ヨコハマジオランダーX-AT

トレッドパターン

ヨコハマジオランダーX-AT

タイヤプロファイル

ヨコハマジオランダーX-AT

問い合わせ先/横浜ゴム株式会社
フリーダイヤル:0120-667-520
受付時間(平日)*祝日を除く:9:30 ~12:00 /14:00 ~17:00
URL:https://www.y-yokohama.com

■ Photo:浅井岳男
■ Report:高坂義信


関連記事

  1. 2020 フォード エクスプローラー ST、2020 FORD EXPLORER ST 人気は本国でも快調! 新型第6世代エクスプローラー
  2. 1992 GMC TYPHOON 【GMC タイフーン】モンスターSUVの異名を誇る、90年代を代…
  3. 2018 JEEP GRANDCHEROKEE 町ですれ違った厳ついフェイスのグランドチェロキーに一目惚れ
  4. 1996 GMC SUBURBAN 2500 【GMCサバーバン2500】オフロードでも心置きなく遊ぶ為にリジ…
  5. JEEP GRAND CHEROKEE SRT8【SENS CUSTOM BRAND BCD】 【SRT専用オーバーフェンダー】よりワイドに・よりワイルドにフェ…
  6. 2020 FORD EXPLORER ST、2020 FORD EXPLORER PLATINUM 遂にパフォーマンスグレードが登場!400hpを発揮するエクスプロ…
  7. SENS CUSTOM BRAND BCD 2018y Jeep Grand Cherokee、センスカスタムブランドBCD 2018 ジープグランドチェロキー グランドチェロキー後期用フロントバンパー、進化するBCDボディキ…
  8. DSC_7543 新たに迎え入れた愛車はジープレネゲード トレイルホーク MASA…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×