クーペ

映画50周年を記念して誕生した、いま手に入る伝説のマスタング“ブリット”

'19 FORD MUSTANG BULLITT

'19 FORD MUSTANG BULLITT

’19 FORD MUSTANG BULLITT
FORD GLOBAL SUB DEALER:WING AUTO

現行マスタングをベースに、フォード自身が劇中車をトリビュートして特別仕様を盛り込んだ限定モデル、マスタング・ブリット。フォードグローバルサブディーラーのウイングオートに現車が存在する。

再び復活したブリット、オーナー不在の特別な1台

マスタングに公式でブリットという名が付けられることは、これまでに度々あった。具体的には2001年および2008~2009年の2度。そして3回目が、映画公開から50周年で発表された、この最新ブリットである。

今回のブリット特別仕様は性能面に注目したい。GTをベースに、エンジンはチューニングを施してパワーアップ。ホイールはクラシカルなデザインのアメリカンレーシング19インチ、ブレーキには大径のブレンボブレーキを採用する。そしてサスペンションはマグネティックライド(オプション設定)など。つまり、劇中車より高いパフォーマンスを発揮するためのカスタムが、多数施された格好というわけだ。

デザインではステアリング、リアエンブレムなどにあしらわれたブリットエンブレムや、メッキのモールなどが特徴的。現行マスタングは10速ATが新設定されているものの、ブリットは堂々の6MT一択、キューボールのシフトノブで雰囲気を重視している。

パッと見は現行マスタングだが、細かな部分でどこかクラシカルな印象がありつつ、実はハイパフォーマンスという仕様。普段使いのアメ車としては、最高クラスの自慢できるポイントをそろえている。なお、アクティブ・バルブ・パフォーマンス・エキゾーストシステムなど、最新のマスタング装備は概ねそろう。

'19 FORD MUSTANG BULLITT

このブリットは、フォード車のメンテナンスを担うグローバルサブディーラーのひとつ、ウイングオートが在庫しており、価格は758万円となっている。

正規輸入が途絶えて久しいフォードだが、グローバルサブディーラーのおかげで、今でも安心してフォード車に乗れる。このブリットなら、希少性が高く、長く愛用できることは間違いない。

'19 FORD MUSTANG BULLITT

現行マスタングGTに搭載されるV8の5.0ℓエンジンをベースに、専用チューニングを施して出力475hp、トルク420lb-ftにパワーアップ。インテリアではステアリングにブリットのロゴがあしらわれ、MTシフトノブにはレトロチックな白球が備え付けられる。MTのみの設定と割り切っている点はユニークだ。

Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


関連記事

  1. DSC_5840 大胆メイクでヴィンテージマッスルカーの新境地を開拓! その名は「…
  2. LUXZ × ROHAN DODGE CHALLENGER SRT HELLCAT チャレンジャーSの物理的な立体感にローハンの視覚的な立体感が合体…
  3. 1969y FORD MUSTANG MACH Ⅰ、1969 フォードマスタング 歴代マスタングの中で最もポピュラーなのは、「マッハ1」デビューイ…
  4. 3M7A0439-1 ダッジのフルサイズクーペであるポラーラ。もはやその存在自体が希有…
  5. 352 お得なV8コンバーマスタング この開放感がたまらない!【ガレージ…
  6. 1998 CHEVROLET CORVETTE COUPE コルベットラバーズジャパンミーティング主催者が12年間愛用するC…
  7. 2009y FORD E350 XLT 4WD、2009 フォードE350 XLT 4WD 4WDシステムを搭載する、大変希少なフォードE350
  8. CHEVROLET CAMARO ZL1、シボレー カマロ ZL1 非の打ちどころがない、ハイパフォーマンスマッスルカーのカマロZL…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×