クーペ

映画50周年を記念して誕生した、いま手に入る伝説のマスタング“ブリット”

'19 FORD MUSTANG BULLITT

'19 FORD MUSTANG BULLITT

’19 FORD MUSTANG BULLITT
FORD GLOBAL SUB DEALER:WING AUTO

現行マスタングをベースに、フォード自身が劇中車をトリビュートして特別仕様を盛り込んだ限定モデル、マスタング・ブリット。フォードグローバルサブディーラーのウイングオートに現車が存在する。

再び復活したブリット、オーナー不在の特別な1台

マスタングに公式でブリットという名が付けられることは、これまでに度々あった。具体的には2001年および2008~2009年の2度。そして3回目が、映画公開から50周年で発表された、この最新ブリットである。

今回のブリット特別仕様は性能面に注目したい。GTをベースに、エンジンはチューニングを施してパワーアップ。ホイールはクラシカルなデザインのアメリカンレーシング19インチ、ブレーキには大径のブレンボブレーキを採用する。そしてサスペンションはマグネティックライド(オプション設定)など。つまり、劇中車より高いパフォーマンスを発揮するためのカスタムが、多数施された格好というわけだ。

デザインではステアリング、リアエンブレムなどにあしらわれたブリットエンブレムや、メッキのモールなどが特徴的。現行マスタングは10速ATが新設定されているものの、ブリットは堂々の6MT一択、キューボールのシフトノブで雰囲気を重視している。

パッと見は現行マスタングだが、細かな部分でどこかクラシカルな印象がありつつ、実はハイパフォーマンスという仕様。普段使いのアメ車としては、最高クラスの自慢できるポイントをそろえている。なお、アクティブ・バルブ・パフォーマンス・エキゾーストシステムなど、最新のマスタング装備は概ねそろう。

'19 FORD MUSTANG BULLITT

このブリットは、フォード車のメンテナンスを担うグローバルサブディーラーのひとつ、ウイングオートが在庫しており、価格は758万円となっている。

正規輸入が途絶えて久しいフォードだが、グローバルサブディーラーのおかげで、今でも安心してフォード車に乗れる。このブリットなら、希少性が高く、長く愛用できることは間違いない。

'19 FORD MUSTANG BULLITT

現行マスタングGTに搭載されるV8の5.0ℓエンジンをベースに、専用チューニングを施して出力475hp、トルク420lb-ftにパワーアップ。インテリアではステアリングにブリットのロゴがあしらわれ、MTシフトノブにはレトロチックな白球が備え付けられる。MTのみの設定と割り切っている点はユニークだ。

Thanks:WINGAUTO(シボレー名岐)
TEL:052-409-5434
HP:http://www.wingauto.co.jp


関連記事

  1. 2021 FORD F-150 F150のモデルチェンジは絶対に失敗は許されない!?
  2. 2018y FORD MUSTANG 6MT、フルハウス マスタングの第6世代では、直列4気筒のエコブーストが設定された。…
  3. 2011y DODGE CHALLENGER SRT8、2011y ダッジチャレンジャー SRT8 チャレンジャーSRT8をエアサスでもガンガン走れる仕様へ
  4. 198 銘酒・越乃寒梅を作り上げる極意は、伝統と新しい発想を生む“遊び心…
  5. 2013 シボレーカマロRS、 ノーマルに敢えてこだわってカマロの走りを堪能する
  6. コルベットC4、CORVETTE C4 コルベットヒストリー④【1984~1996 コルベットC4】
  7. 1969 Chevrolet Camaro、1969 シボレー カマロ スタイリングを含め完成度の高い初代カマロ最終69年型
  8. 1979 シボレー コルベット スティングレイ、1979 CHEVROLET CORVETTE STINGRAY コルベットC3をオリジナルボディで魅せる、優雅なコークボトルライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×