コラム

せっかく色が決まったのに、肝心のクルマのボディが激ヤバです【デュランゴの挑戦 Vol.78】


DURANGO CHALLENGE【デュランゴの挑戦】
世界で一台のマッスルSUV への道Vol.78

ようやくガレージジョーカーにデュランゴを持ち込んで、記念すべきオールペン作業の開始! と、喜びもつかの間、ボディの状態を確認していくと、あちこちからサビで腐食した部分を発見。これはまず、ボディ修復が先決となるようですな。

サビでボロボロ、amZ2019参加は無理!

長らくオールペン計画が進まなかったけど、今度こそスタート。2019年9月29日開催のamZに間に合わせるにはギリギリのスケジュールのハズだったんだけど、ハッキリ言います、無理でした! 作業の第一段階としてまず、ボディの状態を隈なく見て、凹み、傷、サビの状態を確認し、その部分をまず補修。それからボディ全体の下地処理に取り掛かるのだが、プロの目から見てデュランゴは、幾つかあるボディの傷は想定内だけど、パテ割れやパテの断層が見て取れる部分が複数あることが想定外。「ハッキリ言って素人レベルだな。ここが原因で鉄板にサビが出て他に影響することもあるから、削って補修する必要がある」と、ガレージジョーカーの小川氏。強面で何事も豪快なイメージがある小川氏だけど、特に鈑金に対しては、職人の親父さんから叩き込まれたこともあり、小さな部分も妥協は許さない。

しかも問題はこれだけではなく、ボディ下側の随所にサビの腐食が見られ、純正のオーバーフェンダーを外すと、リア側のタイヤハウス先端が朽ち果てていた。「こんな状態にまでなった90年代後半のクルマは見たこと無いぜ」と言うほどで、オールペンとは関係のない下回りも確認すると、助手席側のフロアにサビで穴が空いていることも判明。これは酷い…。

オーバーフェンダーで見えない部分、オールペンには関係ないフロアだけど、小川氏は「絶対に直す」と、時間をかけて修復することに。amZも大切だけど、長い目で見て今のうちにしっかり直しましょう! なのでamZは代車です(笑)

作業前にボディの状態を確認すると見るからに怪しい部分を発見…オールペンじゃなくレストアが始まる!?

_MG_7859

右上はヘッドライト上部のパテ割れ。その下はドア下にあるサビで腐食した部分。サイドモールは外す予定だったので剥がしてみると、そこにもサビが。

色んな部分にサビがあるので、スタッフの島田さんが下回りを確認すると、助手席側のフロアにサビがあって、削っていくと車内にまで達する穴を発見。たしかに雨が降った翌日は車内が曇っていたような気も…。穴を修復し、いずれ絨毯を交換することも検討しなきゃね。

オーバーフェンダーを外すと、驚くべき光景が!

ドア下、フロア下、モール下に酷いサビがあることも驚いたけど、一番驚いたのはリアの純正オーバーフェンダーを外したら朽ち果てたボディが現れたこと。ハンマーで叩くと、鉄板がボロボロと崩れていくほどですよ。フロント側は問題ないけど、リアは両サイドが被害。2枚の鉄板が重なる仕組みになっているが、何とか後ろ側の鉄板は大きな被害がないのが救いか。

基本オレンジにオールペンするけど細かい部分はブラックを残す感じになる?ストライプも欲しいけど今回はナシ

オールペンするにあたり、色分けをするかどうか。全てをオレンジにすると何かベタな印象に見えるので、ミラーやドアノブだったりをブラックにしようかと思ってます。メッキバンパーは残そうと思ったけど変かな? ここもオレンジ? 当初はセンターストライプを入れる予定だったけど、時間的に今回はナシ。またいずれ。

ソリッドのオレンジベースだけどレッド寄り、パールもほんの少し混ぜて色の変化を与える

これが確定したボディカラー見本。ソリッドのオレンジをベースにレッド寄りの色合い。そこにほんの少しパールを入れることで、色の変化を与える感じ。ここにたどり着くまでに、かなりの色を作ったなぁ。本当にお疲れさまです。

次号予告
想像以上の酷い状態で、ボディ修復作業が本格的にスタート

というわけで現在、一番大きなサビがあるフェンダー部分を手始めに修復作業を実行中。サビの部分を削り取り、新たな鉄板を当てて溶接するなど、完全なレストア作業。もしかしたら今後さらに想定外なことも起きるかも? 僕もツナギを持参して、少しでも作業を進めるためにお手伝いしております。オレンジの姿を披露するのは一体いつ頃になるかな~。もしかして来年?

1999y DODGE DURANGO
デュランゴの軌跡

デュランゴの挑戦

1999yダッジデュランゴ

1999yダッジデュランゴ

埼玉県所沢市にある解体屋「T&Kインターナショナル」に持ち込まれたデュランゴを、当時所有していたアメマガ号アストロと強引に交換トレード。エンジンこそ調子が良かったデュランゴだが、外装にキズも多く、内装もパーツが外されていたりと、一般に売られている車両と比べると程度は中の下。引き取り手がいなければ、今頃はスクラップになってたかも…。そんな状態だったデュランゴを日本一のスタイルにすべく、復活&カスタムをしていくのである。

GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】
住所:千葉県銚子市野尻町51
HP:http://www.garage-joker.com/
TEL:0479-26-3949
FAX:0479-25-7743
営業:10 ~19 時
定休日:火曜日

GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

GARAGE JOKER【ガレージジョーカー】

90年代モデルを中心に、高品質な車両を扱うガレージジョーカー。品質重視なので、人気車ではないレアモデルが並ぶことも多い。メンテはもちろん、徹底した鈑金技術は特筆すべき点だ。。パーツは本国とのルートがあり、毎週発送されている。ショールーム内には専門店顔負けのUS 雑貨が豊富に並び、マニアからは絶大な人気を誇る。

■写真&文:相馬一丈


関連記事

  1. admin-ajax アメコミフィギュアが好きなのです!
  2. _N6I9263 匠の融合 LUXZ × ROHAN コラボレーション
  3. ガラスコーティング 最強のガラスコーティングでフロントガラスを防御!【デュランゴの挑…
  4. アメマガガール、立花未来、チャレンジャー 立花未来ちゃんの愛車チャレンジャーの健康状態は果たして良好!?
  5. アライメント調整 走りのスペシャルティショップのシャフトにて、アライメント調整を行…
  6. DSC_6952 匠の融合 LUXZ × ROHAN マスキング状態でもその凄まじ…
  7. 0S7A7700 メンテからカスタマイズまで頼めるプロフェッショナルファクトリー【…
  8. 2016-05-11_19-36-48 アメリカが誇るNo.1自動車メーカー ゼネラルモーターズ車の魅力…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×