キャデラック

誰ともかぶらない新たな相棒としてキャデラック・ATSをゲット

キャデラック ATS プレミアム

キャデラック ATS プレミアム

’14 Cadillac ATS Premium

アメ車乗りたちの素顔
AMERICAN CAR OWNERS REAL LIFE

街中でアメ車を目にしてクルマをカッコイイと思ったとしても、そのクルマをドライブするオーナーの顔までは分からなかったり、ましてやどんな人なのかはさらに分からない。性別は判明しても。そこで今回の特集では「アメ車乗りたちの素顔」と題して、アメ車オーナーたちは普段どんなライフスタイルを送っているのか、それにどんな職種の仕事をしているのかなどを深掘りして、アメ車オーナーたちの気になる「素顔」を詳解。

事故に遭ったのもイイ思い出?“持ってる男” に転がり込む好条件

フルカスタムした愛車マスタングが、廃車になるほどの大事故に遭うも、本人は至って元気!落ち込むどころか「アメ車最強!」と惚れ直し、誰ともかぶらない新たな相棒としてキャデラック・ATSをゲット。カスタムでは次々と幸運に恵まれパーツをゲット。この男、持ってます!

パーツの少なさがネックも、次々と手に入る強運

俗に言う「持っている」人と言うのは確かに居て、何か特別なものを引き付ける運を持ち合わせている。例え悪いことが起きたとしても最悪な事態にはならず、結果的に以前よりも良い状態になることもある。

紹介する谷口さんは、まさに持っている男。以前所有していたフルカスタムのマスタングが廃車になる程の大事故に遭うも、奇跡的に本人は無傷。落ち込むどころか「やっぱりアメ車は最強」と惚れ直し、両親に車両保険を掛けろと言われていて、たまたま入っていたおかげで金銭的にもフラットになった。

キャデラック ATS プレミアム

アメ車ライフを再スタートするにあたり、選んだクルマはキャデラックのATS。「広島では見ない、キャデラックなのに2ℓターボなので維持費も安い」ということが決め手。問題はカスタムパーツが少ないことだったが、そこは持っている男の谷口さん。国内ではめったに出回らないアメリカ鍛造ホイールの最高峰HREホイールの上位モデルの中古品が販売され、しかもATSに装着可能。カーボックス曰く「奇跡的」なタイミングで、当然ゲット。谷口さんが少々物足りないと思っていたマフラーは、とあるショップに手違いで輸入され、不良在庫としてあったマグナフローが、何とATSの3.6ℓ用。加工すれば装着可能として、これまたゲット。カスタムパーツが少ないATSのパーツが見事に揃っていく運の良さは、まさに持っている男の真骨頂。これから先も、ありえない奇跡が谷口さんに起きるかもしれない。

キャデラック ATS プレミアム

どちらというとATSは欧州車寄りなので、カスタムもユーロスタイルを取り入れ、メッキ部分はブラッククリア塗装を施す。大胆にデカールを入れるのはカーボックスの得意技で、これが実に効果的な印象を与えている。

マフラー音に寂しさを感じていたが、とあるショップに手違いで輸入され、不良在庫としてあったマグナフローの本国3.6ℓ用タイプがあることを知り、通常より安く購入。カーボックスで谷口さんの2.0ℓ用に加工取り付けし、納得の音をゲット。迫力のリア周りは谷口さんのお気に入りの部分だ。前後フェンダー加工もされている。

HRE・P101の19インチホイールはブラッシュドレッド

車高調はBC Racingのマグネティックライドコントロール

奇跡的に手に入れたHRE・P101の19インチホイールはブラッシュドレッドだったが、あろうことか縁石ヒットしてしまい、修復のついでに4本を思い切ってブラッシュドカッパーツートンカスタムオーダーカラーに変更。車高調はBC Racingのマグネティックライドコントロールをキャンセラー加工して取り付け、高級車らしさを残すギリギリまでローダウン。タイヤはニットー・NT555 G2。

キャデラック ATS プレミアム

owner : Taniguchi

妥協が嫌いな谷口さんは、時計も趣味の一つ。今日の撮影には一番自慢の時計を身に着け、「最高峰のホイールには最高峰の時計でしょ!!」とホイールとセットで記念写真。自慢の愛車に時計も揃えてきた。

Special Thanks:カーボックス
URL:http://www.bs-carbox.jp/

Photo:高原義卓
Text:相馬一丈


関連記事

  1. _F8A0721-2 まるで純正の様なスタイルのスペシャルカスタムモデル【1978y …
  2. DODGE CHARGER DAYTONA、ダッジ チャージャーデイトナ 結婚を機にC6から、チャージャーデイトナにシフト
  3. _DSC0638 CHRYSLER 300C CUSTOMIZE 今もっとも輝く主…
  4. DSC_1899 彼女の愛車はクール&スタイリッシュな漆黒のチャージャー…
  5. DSC_5742 全身カモフラエスカレード “エスカモレード”に迫る キャデラック…
  6. _HMP8585 カッコイイ女性になれるかも、それがエスカレードを選んだ理由
  7. 1971 Chevrolet Elcamino、1971 シボレー エルカミーノ 71年型はビッグブロックが搭載された最後のエルカミーノ
  8. CA4R0031 日本でもっとも300Cを愛するアメ車女子 進化への情熱は止まらな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×