SUV

ローダウンで都会派にキメる。SENSのJLラングラーカスタムスタイル

JEEP JL WRANGLER SAHARA、ジープ JLラングラー サハラ

JEEP JL WRANGLER SAHARA、ジープ JLラングラー サハラ

JEEP JL WRANGLER SAHARA

THE AMERICAN 4×4 & TRUCK
タフでワイルドこそ、4駆&トラックの真骨頂

ラングラーが人気を圧倒するも、4駆&トラックの豊富なバリエーションがアメ車の醍醐味だ!
4×4&トラックの特集を決行すると、今や中心となるのがJK&JLラングラーで、とにかくその人気の高さは群を抜く。そんなジープを含むアメ車は、4×4&トラックのバリエーションが豊富で、タフ&ワイルドな風貌を持つモデルがゴロゴロしている。ラングラーはもちろん、様々な4×4&トラックの魅力を紹介していこう!

グランドチェロキーのカスタムブランド、BCDで知られる愛知県名古屋市のSENSが、JLをカスタムするとこうなるという好例。BCDグランドチェロキーがそうだったように、どこか都会派のテイストを漂わせる、オトナな仕上がりが完成した。

ロー&ワイドなJLカスタムの新基軸

都会で映えるスタイリッシュなグランドチェロキーカスタムブランド、BCDを提案するSENSが、同店らしいJLカスタムを提案してくれた。

今回のカスタムで盛り込んでいるパーツは、現時点では控えだが、それが逆に基軸として考えやすい。ホイールとタイヤ、ワイドボディ、スペアタイヤカバー、そして同店らしいローダウンという内容。JLカスタムで特にオンロード寄りを考えているならば、ここから自分流のアレンジを考えるとスムーズだろう。

JEEP JL WRANGLER SAHARA、ジープ JLラングラー サハラ

JEEP JL WRANGLER SAHARA、ジープ JLラングラー サハラ

カスタムのキモになっているのはズバリ、ローダウンだ。JLカスタムパーツの選択肢は、まだJKほどに多くなく、適切なパーツ選びには確かなノウハウが必要となる。SENSグランドチェロキーでそうだったように、JLに適したローダウンキットを組み合わせ仕上げている。下げた程度はフロントが50mm、リアが65mmという具合。純正では上がり気味のリア側を程よく抑えている。

この下げ具合が、ワイドボディキットと見事にマッチングしている点にも注目したい。マッスルカーよろしくロー&ワイドなシルエットとなり、JLカスタムの新スタイルとして定番化しそうな予感。さらなる提案にも注目していきたい。

さりげないけれど確かな存在感を持つ、JL専用ワイドボディキットを装着。4輪すべての純正オーバーフェンダーとボディの間に装着できるスペーサーのようなパーツで、片側50mmのワイド化となっている。ローダウンと組み合わせたい安定感が増す仕上がりだ。

WORKのLS PARAGON SUV ブラックアルマイト22インチ

ホイールは優れた品質で知られるWORKのLS PARAGON SUV ブラックアルマイト22インチをインストール。タイヤサイズは305/35ZR22。オンロード寄りのスタイリッシュ路線ならば、ドンピシャでハマるホイールセレクトがSENSらしい。

SENS
所在地:愛知県名古屋市中川区荒子2-14-1
TEL:052-363-1100
定休日:水曜日
営業時間:10:00 ~19:00
HP:http://sens.centurionworld.jp

Text & Photos|アメ車MAGAZINE


関連記事

  1. JEEP GRAND CHEROKEE TRACK HAWK、ジープグランドチェロキートラックホーク グランドチェロキートラックホークのEDGE CUSTOMSが始動…
  2. 1990 GMC SUBURBAN × WOODY 趣味のアウトドアに合う様、GMCサバーバンを染めていく
  3. 1995y CHEVROLET SUBURBAN、シボレーサバーバン amZ2018で最優秀賞を獲得 シャイアンフェイスが熱い!
  4. HUMMER H2、ハマーH2 鹿児島の覇王ホイールズから、令和元年におけるアメリカ最旬トレンド…
  5. _N6I8156 旬のカスタムJEEPが欲しいならTOP SPEEDで見つけられる…
  6. 1988 & 1991 CHEVROLET K5 BLAZER、1988 & 1991 シボレーK5ブレイザー 入手困難なK5ブレイザーをラピードならゲットできる!
  7. IMG_8198 センスが光るタホのパネル仕様【1999 Chevy Tahoe】…
  8. 21 キャンプでトコトン遊びつくす最強のファミリーカー!2005y ハ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×