GMC

シボレーよりもGMC派なら 一度はシエラ・デナリを追い求めたい!

2017 GMC SIERRA DENALI、2017 GMC シエラ デナリ

2017 GMC SIERRA DENALI、2017 GMC シエラ デナリ

2017 GMC SIERRA DENALI

THE AMERICAN 4×4 & TRUCK
タフでワイルドこそ、4駆&トラックの真骨頂

ラングラーが人気を圧倒するも、4駆&トラックの豊富なバリエーションがアメ車の醍醐味だ!
4×4&トラックの特集を決行すると、今や中心となるのがJK&JLラングラーで、とにかくその人気の高さは群を抜く。そんなジープを含むアメ車は、4×4&トラックのバリエーションが豊富で、タフ&ワイルドな風貌を持つモデルがゴロゴロしている。ラングラーはもちろん、様々な4×4&トラックの魅力を紹介していこう!

シボレーの兄弟ブランドであるGMC。シルバラードのGMC版がシエラだ。そのトップグレードがデナリである。ヘビーデューティな性能に加え、ピックアップトラックらしからぬ豪華装備が目白押し。GMC派なら一度は乗ってみたいシエラ・デナリを紹介しよう!

GMC独特のフェイスにデナリの高級感

アストロ全盛期に、敢えて兄弟車のGMCサファリに乗るユーザーも増えたことにより、GMCというブランドの認知も向上したワケだが、今なおシボレーよりもGMCを選択するユーザーは多いようだ。その一つが、ピックアップトラックのGMC・シエラだ。シボレー版のシルバラードとの違いはただ一つ、GMCならではの独特のフェイスを備えること。結果的に好みになるが、今回撮影を行なったファントムでもシエラを選択するオーナーは多数いるとか。

今回撮影したモデルは、そんなシエラの17年型のトップグレード「デナリ」。グレードはベース/SLE/SLT/ALL TERRAIN/デナリとなる。デナリの装備は、SLTの標準装備をベースにして8速AT、スプレー式ベッドライナー、8インチドライブディスプレイ、シートヒーター・シートクーラー、BOSEオーディオシステムなどが備わり、グリル格子形状もデナリ専用、LEDテールランプ、ボディ各所にメッキパーツも加わるなど、快適装備に加えて見た目からもデナリだけの違いが溢れている。

2017 GMC SIERRA DENALI、2017 GMC シエラ デナリ

デナリは走りをサポートする機能も多く追加されており、ヒルディセントコントロール、レーンキープアシストなども装備。エンジンはGMの新世代エコエンジンであるエコテック3の5.3ℓV8。気筒休止システムを備えるなど、低燃費を実現している。

ファントムでは様々なグレードやシルバラードも在庫しており、違いを比較できる。それでもなお、デナリの豪華さに一目惚れ?

2017 GMC シエラ デナリ

クルーキャブ・ショートベッド。全長/5829・全幅/2032・全高/1878mm。今回の車両にはLEER製トノカバーが装着されているが、トラックユーザーには嬉しい装備である、リアガラスが開閉するリアスライドパワーウィンドウ。バックカメラも標準装備だ。

エンジンは5.3ℓV8。GMの新世代エコエンジンである「エコテック3」

エンジンは5.3ℓV8。GMの新世代エコエンジンである「エコテック3」。一部シリンダーを止める気筒休止システムを採用する。最大出力355hp、トルクは52.9kg-mを発揮。グレードにより変速タイプが違い、デナリは8速AT。

2017 GMC SIERRA DENALI、2017 GMC シエラ デナリ

クロームアシストステップ

迫力あるGMCならではのフェイスだが、デナリではグリルの格子形状も違いがある。クロームアシストステップ、ドアハンドル・サイドモール等のメッキパーツ、LEDテール、20インチホイールなどもデナリだけの装備となっている。

SLT以上のグレードではレザーシートが標準で、デナリになればウッドパーツが各所に配置される。8インチドライブディスプレイ、ダイヤル式トランスファー、センターコンソールにヒルディセントコントロールやパークアシストなどのスイッチが設置。ドライバーインフォメーションには傾斜計も設定されているなど、四駆モデルとしての機能も高い。サンルーフは日本では人気の装備のためオプションで追加。

クルーキャブということで5人乗り。リアシートは座面が跳ね上げ式となり、車内に荷物を入れることも可能。デナリではシートヒーター・シートクーラーが装備される。

PHANTOM【ファントム】
所在地:埼玉県春日部市金崎656-1
TEL:048-745-4446
URL:http://www.phantom.co.jp


関連記事

  1. DSC_6328 圧倒的な走行性能を手に入れた図太い咆哮を放つ獰猛な雄羊 ダッジラ…
  2. TOYOTA TUNDRA TRD Pro、トヨタタンドラTRD PRO オフローダー戦線に再び戻ってきたタンドラTRD Pro
  3. シボレーシルバラード ハイカントリー、キャルウィング 威信を賭けて投入した新型シルバラードで、シェビートラックの復権を…
  4. GMC SIERRA、CHEVROLET TAHOE SUVからバン、パッセンジャーまで幅広いラインアップを誇る、札幌…
  5. 2019 ジープラングラー サハラ 、2020 ジープグラディエーター オーバーランド アンリミテッドをベースとしたピックアップトラック「グラディエータ…
  6. _HMP3492 ヴィンテージトラックだけの贅沢で幸せな満足感を堪能 フォードピッ…
  7. 1989 GMC JIMMY、1989 GMC JIMMY 泥だらけになっても絵になるジミーで新たなアメ車ライフを嗜む
  8. 3M7A1146-1 ボディを傷めることなくラットスタイルが可能なエイジング塗装。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×