OTHER

USニッサン最強の刺客タイタン、ビッグ3に負けず劣らずのインパクト

2018 & 2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2018 & 2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2018 & 2017 NISSAN TITAN Crew Cab SV 4×4

THE AMERICAN 4×4 & TRUCK
タフでワイルドこそ、4駆&トラックの真骨頂

ラングラーが人気を圧倒するも、4駆&トラックの豊富なバリエーションがアメ車の醍醐味だ!
4×4&トラックの特集を決行すると、今や中心となるのがJK&JLラングラーで、とにかくその人気の高さは群を抜く。そんなジープを含むアメ車は、4×4&トラックのバリエーションが豊富で、タフ&ワイルドな風貌を持つモデルがゴロゴロしている。ラングラーはもちろん、様々な4×4&トラックの魅力を紹介していこう!

逆輸入車ブームの火付け役はタンドラだが、そんな人気モデルを選択しては個性が埋没してしまう。差別化を図りたいのであればUSニッサンという選択肢がある。そんなユーザーの想いに「タイタン」はきっと応えてくれる。

後発という逆境を跳ね除け、一躍人気モデルに躍り出る

日産がフルサイズピックアップトラック市場に参入すると宣言したのは2003年のデトロイトショーだった。しかし、参入したのがトヨタよりも後ということで何かと不利な面があったものの、第2世代の投入時にはライトなモデルだけでなくヘビーデューティなモデルのニーズが高まっているという状況を反映し、スタンダードタイプの「タイタン」とヘビーデューティタイプの「タイタンXD」という2モデル体制で攻勢を掛けたことで、一躍人気モデルへとのし上がった。

2018 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

タイタンを筆頭に北米市場でも人気を博す日系メーカー製ピックアップトラック。ここに紹介するタイタンは、USニッサンの取り扱いに関しては強いこだわりを持つモナミモータースのスタッフが渡米して吟味を重ねて仕入れてきた車両。スタンダードタイプのタイタンで、グレードは共にクルーキャブのSV。ホワイトが2018年モデル(498万円)で、グレーが2017年モデル(458万円)。第2世代は初代モデルとは打って変わって押し出しの強さがウリ。ライバルであるタンドラにも負けないインパクトを放つ。差別化を図りたい人にはまさに打って付けのモデルだ。

ちなみにタイタンに関しては、つい先日新型となる2020年モデルのアナウンスがあったばかり。タイタンの動向から目が離せない。

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

初代モデルは横に細長い印象の顔立ちであったが、第2世代は一転してボリューミーとなり凛々しさが増しており、ライバルに引けを取らない押し出しの強さがある。リアベッドはショート(5.5ft )、ミドル(6.5ft)、ロング(8ft)の3タイプがあり、クルーキャブにはショートが組み合わされている。

第2世代からスタンダードモデルの「タイタン」と、ヘビーデューティモデルの「タイタンXD」というバリエーションを展開し、エンジンは5.6ℓ V8のガソリンと、新たにカミンズ製5.0ℓV8のディーゼルの2タイプを用意した。しかし、ディーゼルエンジンはタイタンXD専用となっている。撮影車両はスタンダードモデルであるため、搭載されているのは5.6ℓ V8のガソリン仕様である。

スタンダードで組み合されるホイールは18×8.0J。タイヤはGENER AL GR ABBER HTSで265/70R18。

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

2017 ニッサン タイタン クルーキャブ SV 4×4

フロントフェイス同様インストゥルパネルはボリューミー。メーターパネルはアナログ式だが、中央部にモニターを配置して各種機能をアナウンス。センターの7インチタッチスクリーンディスプレイにはアップルカープレイを搭載している。

フロントシートは40/20/40のスプリットベンチタイプで乗車定員は6名を確保。リアは60/40の分割可倒式となっており、大容量の荷室を確保。素材はレザーではなくファブリックでクロスステッチが施されている。

Specification
エンジン / 5.6ℓ V8 DOHC 最高出力 / 390hp / 5800rpm 最大トルク / 394lb-ft /4000rpm トランスミッション / 7速AT サスペンション前/後 / ダブルウイッシュボーン/マルチリーフ ブレーキ / べンチレーテッドディスク ホイール前/後 / 18inch×8.0J タイヤサイズ前/後 / 265/70R18 全長×全幅×全高 / 5793mm×2019mm×1930mm ホイールベース / 3550mm 車両重量 / 2573kg 乗車定員 / 6名

ニッサン タイタン

MONAMI MOTORS【モナミモータース】
TEL:049-232-5888
HP:http://www.monamimotors.com


関連記事

  1. _8MP6305 アメ車に求めるインパクトフェロモン香るオトコの1台 フォードF3…
  2. 1986y CHEVROLET C10、1986y シボレーC10 ショートモデルながら十分な大きさの荷台を持つC-10。アウトドア…
  3. DODGE RAM、ダッジラム アウトローな雰囲気で独特の存在感を放つラムトラック。
  4. Toyota T100、トヨタT100 タンドラの前身としてフルサイズ市場へと挑戦したのがT100
  5. _B0V9795-1 比類なきモンスター・ピックアップトラック Chevrolet C…
  6. 2018 FORD F-150 LARIAT SUPER CREW 4×4 FX4 Off-Road Package アメリカ国内のパーソナルカーで 販売台数が一番多い人気車なのだ!…
  7. 1995y シボレー K2500、1995y CHEVROLET K2500 再び人気上昇中の90年代四駆、レアなシボレーK2500を見逃すな…
  8. 2019 フォード レンジャー、2019 FORD RANGER レンジャーラプターは北米市場に設定が無い

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

*

PAGE TOP
×